mixiユーザー(id:2399973)

2016年07月29日16:00

290 view

「シン・ゴジラ」〜完全なる社会派作品

東京湾に謎の巨大生物が…このとき日本国政府が見せた愚かな対応は、あきらかに「3・11」のときのそれを皮肉っていると、観ている誰にもすぐわかるはず。いままで我々はゴジラ作品によって、ゴジラのむこうにその時代おりおりの日本と日本人を見てきた、といえばカッコよすぎるけど、そういう意味においてはその集大成的な作品といえるのでは。

そして単に「3・11」だけにとどまらず、そこから派生した「核」の問題、アメリカを中心とした外圧、自衛隊の存在意義…ゴジラの存在がまるでそれら諸問題の比喩であるかのように、いまの日本を反映した完全なる社会派作品といってもよく、単なる怪獣パニックものと思って観た子供たちなどは、ゴジラ登場場面以外は退屈に感じてしかたないのではなんて思う。

そしてパニック・特撮ものによくありがちな、湿っぽい家族愛や男女愛をムダに織りこむようなことがほとんどなく、ゴジラ対日本政府という対立軸だけをぐいぐい見せていくのが潔く心地よい。そのぶんひとりのヒーローがふつうの人間の能力以上に活躍し、国家を窮地から救うことの多いハリウッド映画的視点でみれば、メリハリをもっと効かせよということになるかもしれない。

そう、最終的な物語の着地に至るまでのプロセスが、誰ひとり突出することなく、和を以て貴しとなすチームプレーにて終始するところがいかにも日本(人)的で美しい。とにかく全国民必見とまでは言わないけれど、たかが怪獣映画だと思っているひとにこそぜひ観ていただきたい作品。邦洋合わせ、ここ数作のゴジラもののなかでは一番の傑作だと思います。
33 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月29日 17:07
    連れ合いが楽しみにしています!( ´ ▽ ` )ノ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月29日 18:48
     ゴジラというと、ラヴェルのピアノ協奏曲第3楽章に例のテーマに似ている部分があることを思い出してしまいます→https://www.youtube.com/watch?v=fOpwKs9qZEo(28秒あたりからと、2分24秒あたりから)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月29日 21:02
    元々ゴジラ誕生も核批判から始まってますもんね。途中ゴジラにシェーをやらせる等、娯楽性が強くなりすぎてましたが本来の姿に戻った感じなんですかね。わーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月30日 01:13
    > mixiユーザー たぶんそんなことだと思ってました(笑)。楽しめることまちがいなしです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月30日 01:17
    > mixiユーザー これはまったく知りませんでした。まあインスピレーションを得たような旋律がどこかにあったと思っていましたが。ありがとうございました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月30日 01:20
    > mixiユーザー その通りだと思います。もともとは大人向けの作品だったのが、すぐに子供向けシリーズになってしまいましたね。まあそうなった原因はゴジラを歓迎した当時の子供、つまり我々の世代にあるのですが(笑)。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年07月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

最近の日記