mixiユーザー(id:2399973)

2016年07月27日16:00

221 view

山口高志への思いをあらためて

阪急ブレーブスの剛速球投手、山口高志を綴った本のことをつぶやいたら、私と同世代の男性マイミクから多くの反応があった。これはとてもよくわかる。彼が太く短く活躍した4年間は私にとって中2〜高2の日々。プロ野球の世界がとても輝いたものに映り、そこから純粋に貪欲に多くのものを吸収するその季節に圧倒的な存在感をしめしていたのが山口なのだ。

その4年間、阪急はすべて日本シリーズに出場している。まるで山口は阪急を優勝させるためにプロの世界に飛び込んできたようなものだ。そして山口が腰痛で欠場した78年のみ阪急は日本一を逃している。上田監督が猛抗議をして1時間以上試合が中断するあのシリーズ。そのときこちらは中間テストまっただなか、でもそんなことはもうどうでもよくなり…。

私にとって印象的なナマ山口は対太平洋ダブルヘッダー@西宮球場、第1試合劣勢に陥ったブレーブスは登板予定のなかった山口を急きょリリーフに。ところが彼は打ちこまれて負け投手。そして第2試合、おそらく当初の予定通りに彼は先発、ところがまたまた打ちこまれて再び負け投手。つまり“一日2敗”というおそらくプロ野球の歴史では他に類を見ないケースの目撃者に。

でもいまでは考えられないこういう使われかたをされること自体が彼のスゴさ。なのでいつも勝ちと負けが拮抗していたような印象あり。まあなんだかんだ言って、けっして大きいとはいえないその身体を目いっぱい使い、投げ切ったときに背中の14番が逆さに見える、このダイナミックな投球フォームがとてもカッコいい、当時の中学生は単純にそう思ったということです。
24 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月27日 21:34
    今のB’sにこそ、こういう強靭な選手が必要です。いっそ、チーム名を「ブレーブス」に戻せば強くなるでしょうか?今年は全く行く気がせず、まだ一度も観戦に行ってません・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月27日 22:05
     あの当時は、本当にパ・リーグに日が当たることが少なくて、ようやく日本シリーズになると、パ・リーグの選手の声が聞けたものでした。先発した足立や、山田がリリーフを山口に託して戻って来るたびに、「あとはタカシがいるから大丈夫」と安心しきったように語っていたのが印象的でした(試合中でしたから、実際に伝えたのは、取材した記者でしたが)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月28日 00:57
    > mixiユーザー まあこの時代の阪急は長いプロ野球の歴史においても、最強チームのひとつに数えられると思いますよ。真のプロフェッショナル集団、大人のチームという感じがしますし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月28日 01:10
    > mixiユーザー 本のなかにも出てきますが、山口入団のおかげで阪急ブレーブスの年間観客動員が新記録を達成したとありましたが、その数字がなんと40数万人(1試合平均約7000人)(笑)。いまの阪神なら10試合で達成する数字です。
    でもそんなかってのパリーグを我々の世代はよく記憶していて、いまのパリーグに隔世の感を抱くわけですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月29日 13:12
    上田監督の抗議で長時間の中断、あの時は、中学入試に向けて嫌々勉強してました。なんぼなんでも一時間の中断はいかんのちゃうか?と子供心におもいましたけどね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月30日 01:02
    > mixiユーザー そういえばあのころ日本シリーズっていつも中間テストと重なっていたような。当時はデーゲーム、こちら学校はテストで午前中だけ、しっかりテレビで見れてしまうのでかえって勉強しなくなり(笑)。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年07月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31