mixiユーザー(id:2399973)

2016年07月16日16:00

255 view

「AMY エイミー」〜ロンドンの昭和歌謡

一週間後のきょうがちょうど5周忌。そう、彼女が急逝したのはわずか5年前のこと。なのにその存在はいつのまにか伝説化していて、早くもドキュメンタリー作品登場のはこびとなった次第。27歳の若さで亡くなったエイミー・ワインハウス、その短くもドラマチックな生涯をリアルにたどった128分。魂のこもったその歌声には圧倒されっぱなしでした。

ホームビデオやスマホによって撮られた、手ブレが多く画質もあまりよくないプライベート映像やフォトが数多く映し出されるのが、いかにもいまの時代のドキュメンタリー。彼女がブレイクする以前の、いわゆるシロウト映像(あたりまえのことながら、そのとき撮影者はドキュメンタリー映画を撮ろうなんて思っていない)をかき集めた制作者の努力がしのばれるのが前半部分。

名声を手にしたあたりから、観ているこちらがまぶしくて仕方ないほど、マスコミに追われ大量のフラッシュを浴びる彼女が何度も登場。パパラッチという言葉が定着したあとに出現したスターなのだとあらためて認識。そのパパラッチのおかげで記録映像&画像が残され、このドキュメンタリー後半いくつかの部分を成立させているのはなんとも皮肉なことだと思う。

その短い生涯が終末にむかうラストシーンは、たとえようもない悲しさに満ちていてつらいけど、グラミー賞受賞の喜びの瞬間、そしてトニー・ベネットとスタジオでマイクに向かい熱唱する場面は誰もみなジーンとすることまちがいなし。ぜひ劇場の大音量かつ高音質のなかに身をゆだねて、彼女の歌声の素晴らしさにひたっていただきたいと思います。
28 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月16日 16:20
     そう云えば、「ローマの休日」は、パパラッチという存在がまだいなかったからこそできたメルヘンだったかもしれないですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月16日 16:32
    ぜひ行きたいと思いますexclamation
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月16日 17:14
    グラミー賞のシーンは、彼女の素の表情に迫っていて実に素晴らしかった。トニー・ベネットの滋味にあふれた珠玉の言葉が、彼女の心にどれだけ響いたのでしょうね・・・。辛く苦しい内容ではありますが、成功後のスキャンダラスな私生活ゆえ、あれほど多くの素材が撮られていたことで、演出された映像など足元にも及ばないものになりましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月17日 00:23
    > mixiユーザー そうですね。パパラッチという言葉はイタリア語なんですけどね(笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月17日 00:25
    > mixiユーザー ぜひご覧ください!なるべくいい音で聴ける映画館で、できたらいつもより少し前の席で。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月17日 00:35
    > mixiユーザー 情報ツールやメディアが多岐にわたるいまの時代は、素材があふれすぎていてその取捨選択に大変だと思う一方、権利関係みたいなものも複雑にからんでいたりして、ドキュメンタリー制作というのは本当に難しい作業だと思います。
    ライブ映像などは本当はもっとちゃんとしたものがあるにもかかわらず、それは権利を持つものが、ゆくゆく商品化するつもりなので今回の使用は拒否したのではなんて勘ぐってしまいました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年07月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31