mixiユーザー(id:2399973)

2016年07月11日15:00

307 view

ポール・スミス展@京都国立近代美術館

チケット売り場には長蛇の列。前売券を買っておいてよかった。こんなに人気があるんだったらもっとオシャレになっててもいいはずなのに日本男子たち。ところが混雑する場内をよく見ると7割ぐらいが女性なのでした。もちろんモード意識の高い来場者は男女を問わずあちらこちらに。彼らをながめているだけでもけっこう興味深かったんです。

メンズ・デザイナーの展覧会と聞くと、その作品というべきファッション・アイテムがずらっと並んでいると思うでしょう。ところが展示のほとんどが、写真・絵画・映像・おもちゃetc…彼のアイデアの源となったであろういわば“ポール・スミス氏趣味の部屋”。イマジネーションと遊びごころにあふれ、英国の伝統を加味した世界がそこに展開していたのでした。

でもこれはファッション・ビジネスにおいて大切なこと。ポール・スミス・ブランドのメインアイテムはおそらくまだまだメンズスーツ。そしてそのほとんどがネイビーかグレーの無地かせいぜいストライプ。そんなスーツどこにでもあり、なのになぜひとはポールを求めるのか。そう、ひとはその着心地だけを求めているのではなく、ポールが描く世界観におカネを出しているのです。

なんだかブランド戦略講座みたいになってきたな。そう、私事ながらかって“第2のポール・スミス”を見つけ出して日本市場に導入するようなことをしていたこちらとしては、懐かしき想いにしみじみするよりはむしろシンドかったことばかり思いだしつつ、彼の偉大さ(…というより、目の上の大きすぎるひとり勝ちタンコブ)をあらためてかみしめたのでありました。
23 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月11日 15:35
    あっ、これ、京都に来てるんですか! 諦めてたんです。
    情報ありがとうございましたわーい(嬉しい顔)

    息子たちが子供の頃、ポール・スミスのカラーバーコード柄のTシャツを
    親子お揃いで着ていました。(私はキッズサイズが着れます)

    保育園でガンガン着て洗ってもヘタレない、上質な生地と縫製。
    順繰りにお下がりし、完全に元は取りました。笑
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月11日 19:10
    そうそう繊維業界にいた貴兄ですもんね。それにしても、夏の京都と聞くだけで、パブロフの犬のように汗が出そう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月12日 01:17
    > mixiユーザー バーコードのやつ、よく知ってます。おそらくTシャツにしてはそこそこのお値段だったと思います。でも、長い目で見ればすごくお安く値打ちのある買い物、これこそが(イタリア製やアメリカ製には少ない)英国製品の良さですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月12日 01:25
    > mixiユーザー たしかにムシムシと暑かったです。あちこちで祇園祭の準備をしている光景を見かけました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月13日 18:34
    6月に行ったときは、がらがらでしたよ。午前中だったからかな?
    ボウイの追悼イベントも行くべきでした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年07月14日 01:52
    > mixiユーザー あ、そうでしたか。こちら日曜日の午後ですからね。会期も残り少ないし。各展示ですぐひとの固まりができて流れがうまくいかず、場内の係員は対応に苦労されてました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年07月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31