ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧 > 「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」〜ひとのふり見てわがふり直せ

mixiユーザー(id:2399973)

2016年05月27日16:15

130 view

「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」〜ひとのふり見てわがふり直せ

今回のマイケル・ムーアはアポなし突撃取材にあらず。ひとことで言えばヨーロッパ諸国ルポルタージュ。伊仏独その他、ヨーロッパ各国がもつ素晴らしい社会制度に光を当てることによって、アメリカ社会の未熟さを浮き彫りにするという趣向。我々がふだん“欧米”とひとくくりにしてしまうふたつのあいだにもけっこうギャップがあることをあらためて認識。

他国のいいところだけにスポットライトを当てて、自国にたいする教訓とするなんていうことは、日本人が昔から得意としてきたところ。なのでいまさら感のある話の運びだけれど、おそらく一般的なアメリカ人って我々ほど外国のことを気にしてないんだと思う(劇中にもそういう発言あり)。だからこそいまにしてこういう作品が成立したのでは。

そこかしこにユーモアを織りこみながら、テンポよく進んでいくさまはムーア節とでもいうべきあいかわらずの切れ味。問題の矛先はアメリカ社会に向いているけれど、はたしてわが日本はどうなのかと自問自答してしまうことたびたび。さらにもしマイケル・ムーアが日本を対象にしたら、どういう美点に食いつくのだろうか、なんてことも考えた。

後半には非欧州国も登場、もちろん重要な問題を提示するけれど、あえてそこはカットして全体の尺を短くしたほうがスッキリしたかも。話の本筋には関係ないけれど、どこの国のみなさんもしっかりした英語を話すことにあらためて敬服。こういうのってひとつの“無形文化財”なんですよね。思いがけない曲が流れるノルウェー刑務所の場面では笑ってそして泣いてしまった。


21 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月27日 21:27
     生前、時々、TVのN響アワーにも出ていた西洋史の木村尚三郎教授の見方は、この映画に近いものがあるかもしれません。
     教授によれば、イギリスは、地理的にヨーロッパの近くにあるというだけで、ヨーロッパではないそうです。で、第二次世界大戦は、表向き、連合国と枢軸国の対立という図式で説明されますが、実質的には、英米対大陸ヨーロッパの戦いだったということです。
     そう言われてみれば、戦後、ドゴールのフランスが、助けてもらったはずの英米に徹頭徹尾対立していたのも頷けますね(フランスは1966年にNATOの軍事機構から脱退し、復帰したのは2009年のことです。この間、英米との間に集団的自衛権の保証はなかったわけです)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月28日 01:33
    > mixiユーザー そういえばこの映画はイギリスにはノータッチでした。たまたまなのか、あるいは意図的なのか。仮に取り上げるとしたらどういう点だろうかと考えてみるのですが、まず思いつくのは社会保障の充実あたりでしょうか。アメリカとの比較ということになると。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年05月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031