ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧 > サミットの余波話は続く

mixiユーザー(id:2399973)

2016年05月26日15:30

145 view

サミットの余波話は続く

あれは京都からの帰りだったから先週の土曜日のこと。京阪特急内で飲みほした空きペットボトルを終点の淀屋橋駅で捨てようとしたら、いつもの場所にゴミ箱が見当たらない。そこで自動販売機備え付けの空きカン入れに捨てようと探したら、いつもはパックリと開いているあの丸い口が、何ものかでフタをされ、さらに上からテープが何層にも重ねられていた。

そして各人が飲み終えたあとの空き缶が、自動販売機の“ふもと”にそって地べたにずらっと並んでいた。この光景はけっして美しいものではないし、かえって物騒な気がした(空き缶のひとつが自動発火するシーンを思い浮かべてしまった)。しばらく見ていたら、どこかで買って飲み終えた空き缶を、ここが捨て場とばかり“ふもと”に並べていったひとをきっちり目撃した。

やれやれと思いつつ、ペットボトルを手にしたまま地下鉄のホームへ向かうと、こんどはこのフォトのようにすべてのゴミ箱に頑丈なフタがしてあった。よく見るとスチール製のフタそしてそこに書いてある文言は最初から用意された出来合いのもの、四方をしっかりとネジで留める様式だった。結局カラのペットボトルを小脇に抱えたまま地下鉄に乗るはめになってしまった。

ところが降車した昭和町ホームのゴミ箱はいつも通りパックリと口を開けている。たぶん先週土曜の段階ではこの駅は警戒エリアに含まれなかったのだろうけど、なんやけっこう脇が甘いやん“テロのターゲットとなりえる”ハルカスからは近いんやけどな、とも思った。結局ペットボトルは私とともに京都七条から昭和町までの長旅をしてしまったという話でした。
25 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月26日 20:08
     最近はそれでなくても、街の美観維持のためとかで、ゴミ箱は少なくなる傾向があるのに、今回のようにテロ対策とかの大義名分の下に、軒並み使えなくなるのは困りものですよね。
     東京でも、デパートや図書館等、人の出入りが自由な場所のゴミ箱は撤去されてます。
     外出中に、うっかりゴミを出そうものなら、間違いなく、日記に出てくるペットボトルと同じ運命を辿ることでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月27日 00:58
    > mixiユーザー なんといっても地下鉄サリン事件以降ですね。街中からゴミ箱が一掃されたのは。まあいろんなところで“性悪説”をとる国になってしまったということですね。
    ずっと昔は“性善説”を前提としていた国だったと思うのですがどうでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月27日 01:09
     今も、お上に対しては、性善説的な考え方をしている日本人は少なくないと思いますよ。でなければ、「水戸黄門」とか、「遠山の金さん」とか、「暴れん坊将軍」とかが、あんなに好まれることはなかったでしょう。
     いつか、必ず正しいお上が現れて日本を正しく導いてくれるに違いないと盲目的に信じ込んでいる。何とも、お人好しな国民です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月28日 01:39
    > mixiユーザー なるほど。それは学校における歴史教育と関係があるのかもしれませんね。日本の歴史を追っていくと、節目節目でかならず卓越した統治者が出現して、日本を新しい時代に導いていったように習いますから。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年05月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
忍者モード登場!