ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧 > アール・スリックandバーナード・ファウラー@ビルボードライブ大阪(perform“ステイション・トゥ・ステイション”in tribute to デヴィッド・ボウイ)

mixiユーザー(id:2399973)

2016年05月08日11:00

753 view

アール・スリックandバーナード・ファウラー@ビルボードライブ大阪(perform“ステイション・トゥ・ステイション”in tribute to デヴィッド・ボウイ)

なんとアルバム収録6曲すべてをプレイ。しかも曲順そのまま。もう大満足。生まれてはじめて小遣いを貯めて買ったLPレコード、おそらく生涯の一枚にも選ぶだろう作品が目の前でそっくりそのまま再現される、こんな僥倖に恵まれる人間ってどのくらいいるだろう。幕開けのタイトル曲SE、機関車の音が聴こえてくるだけでもう鳥肌が立ってきた。

アール・スリックの目の前に陣取る。セットリストがすぐそこに。あわてて目をそらす。せっかくここまで情報封鎖してきたのに。ライブのあいだもそのリストを見ないようけっこう苦労した。1983年のデヴィッド・ボウイ「シリアスムーンライト・ツアー」、こちらの座席はPAブースの真上、開演前にすべての演奏曲を知ってしまったことを思いだした。

アルバム6曲をすべて終えたあとに4曲。昨夜がワールドツアー(というほどでもないけど)オーラス、ネタバレしてもいいか。「ダイアモンドの犬」「ヴァレンタインズ・デイ」「愛の勝利」そしてアンコールで「ヒーローズ」。意外といえば意外。これらの曲を選んだプロセスが知りたくなってくる。まあさすがにミック・ロンソン時代の曲はやらんわね。

ミック・ロンソンといえばバッキング・ボーカルに彼の娘さんリサ。かと思えばドラムをたたいていた若いニーチャンはアール・スリックの息子さんとけっこうファミリー・バンドっぽくもあり。あと教えてもらうまでまったく気がつかなかったけど、サックス・パーカッション・ギターと活躍していたのが元スパンダー・バレエのスティーヴン・ノーマンだった。

ボウイの不在感とか、バーナード・ファウラーとボウイのボーカル・スタイルの比較とか、そういうボウイをからめた気持ちは不思議といっさい湧かなかった。お気に入り楽曲の数々を、一流のミュージシャンたちがしっかりとカバーしてくれているという感じ。たぶんいろいろと重箱の隅をつつくひともいるだろうけど、とにかく私は大満足です。
37 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月09日 19:36
    本当にいいライブでしたね。
    Word On A Wingの時は涙が自然と出ましたよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月10日 01:58
    > mixiユーザー 目の前でギターがギンギンだったので、しばらく耳鳴りが続いてました(笑)。その曲はまずやらないだろうと思っていたので感激しましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月10日 18:51
    わ〜、そんなによかったんですね。羨ましい( ;∀;)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月11日 00:53
    > mixiユーザー まさか全曲順番どおりにやるとは思わなかったもんで感激しました。まあせいぜい4曲ぐらいやろうとライブ前にはみんなで話してましたし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2016年05月12日 00:31
    > mixiユーザー はじめまして。わざわざこちらにご丁寧なコメントをいただき恐縮です。
    本当に素晴らしいライブでした。中学生のころの自分に伝えたいです(笑)。でもボウイがもういないことも伝わってしまうか…。

    東京公演の模様、拝読しました。客席にいたひとそしてサイン会のくだり、さすがは東京という感じですね。
    スカパー放映の録画DVD、近々入手する予定ですので、アール・スリックの目の前を注目してみます(笑)。よろしく。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2016年05月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031