mixiユーザー(id:2399973)

2014年04月30日13:50

81 view

篠山紀信展「写真力」@グランフロント大阪

会場に一歩足を踏み入れたとたん三島由紀夫に睨まれる。ゾッとしてすぐ隣へ目を移せば大原麗子がこちらを見つめている。彼女を少しだけ長く愛したあとはきんさん・ぎんさんそして美空ひばり…。ここは昭和の時代にタイムトリップかと思いきやAKB48や壇蜜もちゃんと用意されている。黒柳徹子のセミヌードなどというサプライズもある(1969年撮影なのでご安心を)。

どのくらい引き延ばしてあるのだろう、ひとつひとつの作品の大きさがハンパでなく、まずはそのスケールに圧倒される。そしてそのカラフルな色彩。市井の人たちをのぞいては被写体のほとんどが日本国民誰もが知る偶像(アイコン)ばかり。大相撲関係者全員をおさめた“シノラマ”には相撲マニアの血が騒ぐ。1995年の撮影、新弟子時代の旭天鵬を遠くに発見し自慢したくなる。

市井の人たちというのは東日本大震災で被災した東北のひとたち。モノクロのポートレート9点に14名。老若男女のみなさん、特に悲しい表情をしてカメラの前にたたずんでいるわけでもなく、すべての写真にガレキの山が写っているわけでもないのに、こちらはその向こうにあるストーリーに思いをめぐらせてしまい自然と涙があふれてくる。

ジャンルを問わず旬の人の一瞬の表情を切り取るという意味では、どうしても一昨年あたりから何度も味わっている鋤田正義さんの作品群と比較してしまいます。写真作品にあまりくわしくないこちらとしてはその違いを言葉で表現するだけの力がなくて…。幾度となく鋤田作品にふれたみなさん、ぜひこの写真展もご覧になってその違いを説明していただければと思っています。
21 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月30日 19:44
    気にはなってたんですけど入場料が高いなとあせあせミックロックなら同じ値段でも行きますけど(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年05月01日 00:14
    紀信って作風が鮮明なのはなぜでしょうね・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年05月01日 01:41
    > mixiユーザー たぶん鋤田さんのが非常にお安い値段設定やったんやろね。今回のは会場の場所代とか考えるとまああんなもんでしょう。とりあえず私は金券ショップで900円のチケットを買いましたけどね(笑)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年05月01日 01:42
    > mixiユーザー そうそう、鮮明という言葉がピッタリときます。人の表情なんかはリアルで生々しくて。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2014年04月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   

最近の日記