mixiユーザー(id:2399973)

2014年04月13日15:15

69 view

春が来てお骨納め@一心寺

一昨年に亡くなった伯父のお骨納めがあるから来いと両親から急に連絡が入る。朝10時半に一心寺本堂前集合だと。わざわざ大和高田や天理からやってくる親族もいるのに一番近くに住むこちらとしてはサボるわけにいかない。阪神=巨人戦も桜花賞も見たいけどね。けっして遅刻ではなかったものの、現地到着は一番最後になってしまった。

一心寺境内はとんでもない人混み。そして本堂の中は納骨を待つひとたちで足の踏み場もないほど。ひえ〜っ、これだとウチの納骨はいつになるのやら。ところがどういうコネが効いたのか、すぐに名前を呼ばれる。なにやらアミューズメント・パークにおける優先チケット利用のよう。納骨そのものはまったくの流れ作業、わずか数分で終わる。

親戚11名そろってのお食事はMIOプラザ館(というより天王寺ステーションデパート)4Fの中華料理「百楽」個室。このいかにもベタなセレクトはあべの文化圏で育ったかたにはよく理解していただけるはず。そう、かってあべので家族そろってごちそうなんていうとたいがい「百楽」だった。いくら高さ日本一のビルや巨大モールができようが親戚の集いはいつまでも「百楽」なり。

典型的な中華のコースでお腹いっぱい、思いのほか早く予定はすべて終了。しめしめ帰ってからゆっくり野球も競馬も楽しめるぞ。地下鉄駅のほうに向かうと偶然知り合いのカップルに出会う。いまから“一緒に住むマンション”を探しに行くと。ひえ〜っ、もうそんな段階にきていたのかこのふたり。それはそれは。こんなところにも春は訪れていたのでした。
16 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月13日 15:44
    えぇお参りでした手(チョキ)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月13日 15:50
    百楽は、今、老人ホームにいる実父のお気に入り。 店の名を聞いただけで、ねっとりとした八宝菜の感触を思い出します。
    貴兄の言う通りで、何度も同店で、親戚の集まりが開かれました。なぜか他の店は選ばれたことがありません。
    あのビルは、私と貴兄と、ほぼ同じ年齢。 1970年の「関東テキヤ一家・天王寺の決斗」(菅原文太主演)で、かつての天王寺の光景があちこち出てくるだろう、と期待してみたけど、同ビルが背景でちらっと出てきただけでした
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月13日 16:12
    私の母の納骨も一心寺 & 瓜破霊園の予定。桜花賞はサクラチル桜あせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月13日 20:31
    百楽も変わらないですねぇ。骨付きの唐揚げを食べた時の感動がよみがえってきます(^◇^)我が家も一心寺さんです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月14日 01:07
    > mixiユーザー ありがとうございます。親戚づきあいは大切ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月14日 01:11
    > mixiユーザー 周囲に商業施設がやたらできて取り残されないためか、あの4Fレストランフロアが全面リニューアルしてて、以前とはまったく違う雰囲気に。
    それでも百楽はさすが老舗だけあって、お昼時は年配のお客を中心にほぼ満席、お店の外にも待つ人の列ができてました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月14日 01:12
    > mixiユーザー 一心寺は海外でも知られているみたいですね。宗派にあまりうるさくなくウエルカムな雰囲気が受けるんでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月14日 01:14
    > mixiユーザー それが先月リニューアルしまして、ぜんぜん別の雰囲気に。あのフロア全体がまったく別モンになってしまいました。
    さすがに納骨のあとに骨付きから揚げというわけにはいきませんでしたが(笑)。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2014年04月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930