mixiユーザー(id:2399973)

2014年04月11日16:40

104 view

「チスル」〜向かい合う悲しみ

韓国現代史最大のタブーと言われている「済州島4・3事件」。米軍統治下にあった韓国軍と警察は、暴徒鎮圧の名の下1948年から7年間にわたり無辜の島民約3万人を無差別に虐殺した!この悲しき史実に初めて正面から向かいあった問題作。監督オ・ミヨルそしてスタッフ・キャストすべて済州島出身。実際に島民が逃避していた洞窟とその周辺でロケ敢行。

なんだか硬い書き出しになってしまいましたが、とにかく重くてつらい映画だったのです。多少のユーモアもあるんだろうけど、それを受けとめる余裕なんていつのまにかなくなってるし。銃を向ける側も逃げまとう側も、なんでこんなことになってしまったんだろうという悲しさ・恐れ・いらだち・憐れみを抱き、全編モノクロームのスクリーンからそれらがあふれてくる作品です。

こちらの勉強不足を棚に上げて言うのもなんだけど、最大のタブーを初めて暴いた映画作品だとしたら、もうちょっとドキュメンタリー的要素があってもよかったのでは。史実を掘りさげていく場合、最初に教科書的作品があって、さらに別の視点から描いた作品がいくつか生まれてくるのが常道なんだけど、今回はいきなり別の視点からこの悲劇をのぞいた気がします。

この悲しい史実に関しては、かって済州島を訪れたときに知らされた記憶があるんです。ある寺院の境内に日本語で書かれたあらましを目にして驚いたような気が。まあ90年代前半のことなのでそこまでこの事実がオープンにされていたかどうか、ひょっとしたら記憶違いなのかもしれませんが。どちらにしても韓国現代史ってまだまだ明らかにされていない部分が多いですね。
11 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月11日 17:08
    『シルミド』思い出しましたわ。
    韓国って、自国の歴史の闇の部分をちょいちょい映画にしはりますね。

    『シルミド』は、可哀想で可哀想で、涙が止まりませんでした(ノ_・,)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月11日 18:57
    ↑ 『光州5.18』や、朴正煕大統領暗殺を題材にした『有故(ユゴ)』もありましたね。
    後者は中々重厚なサスペンスでよかったです。ハン・ソッキュも久しぶりに見れたし(^^;

    予告編を観ましたが、確かにストイックそうな映画ですね。
    見もせんで言うのもなんですが、説明過多だとくどくなるので、観客におもねることなく物語の本質にいきなり踏み込む事でシャープな効果を得る、という手法は昔からよくありますね。

    近々必ず観に行きたいと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月12日 01:29
    > mixiユーザー 歴史の闇をあばいて映画にすることなんて、日本よりも大変そうな気がしますけどね。
    まあ日本でもそういう映画はあるけど、書物やテレビ等ですでに知っている部分も多いから見る側のこちらがそれを闇だとは思わないのかも。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月12日 01:33
    > mixiユーザー まあこの映画をきっかけにこの史実がもっともっと世界的にオープンになり問題視するようになればと思います。そういう役割を果たした作品は過去にも欧州映画を中心にけっこうあったような気がしますし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月13日 23:07
    観ていなくて、たいへん恐縮ですが、歴史にはまだまだ知られていない事実が山ほどあるのですね〜。このような事実
    があるとも知らないで済ませていることが多々あるのを思い知らされます。
    語られていない歴史をいろんな視点から描く映画の役割は大きいのですね〜(。-_-。)
    ふむふむ勉強になります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月14日 01:23
    > mixiユーザー ありがとうございます。特に韓国現代史に関してはあまり報道もされずにいままできてしまった部分がありますからね。遠いアフリカやイスラム諸国、南米とは違って、多かれ少なかれ日本の国にも関係してくる事実なわけですし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月14日 14:05
    世界遺産の済州島で、そんな虐殺があったなんて全く知りませんでした。

    皆さんがお書きになっているように「5・18」や「シルミド」などで歴史を知る事が多いです。

    こういう作品を作るのはお金も集まりにくいでしょうね。

    光州事件の26年後を描いた「26年」という作品でも お金が集まらなくて、一般の方々から
    資金を募って作られたそうですよ。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2014年04月16日 01:47
    > mixiユーザー お返事遅れてすいません。
    邦画の世界でも日本の事件を描いた作品はいくつもあるのですが、公開された時点である程度その事件のあらましをすでに知っているから衝撃度は少ないんですね。
    それにくらべ韓国映画(あるいは欧米以外の国の映画)ではいきなりその作品でその史実を知ることが多いから衝撃的なんだと思いますね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2014年04月>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930