ホーム > mixiユーザー(id:2399973) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2399973)

日記一覧

やっぱりマズい。「クスリだと思って飲め」という言いまわしがあるけど、正直クスリよりマズかった。薬剤師のかたに薦められた、大豆固形分を8%以上ふくむ無調整豆乳。こうなったら各社製品を徹底的に比較しようと思い、とりあえず価格の安い順番に紙パック2

続きを読む

吉田修一の短編小説を「64 ロクヨン」「菊とギロチン」の瀬々敬久監督が映画化。長野県の山奥深く、限界集落とその周辺の村社会で諍いを繰り返す人間たちの哀しき群像劇。俳優陣は多彩ながら、綾野剛・佐藤浩市・杉咲花の3人がほぼ中心軸。ある夏の日、人通り

続きを読む

いくつかの雑誌の紹介記事冒頭には「服飾デザイナー、ステラ・マッカートニーの母であり、ミュージシャン・料理研究家としても知られるリンダ・マッカートニーの写真展が…」と、ステラの父・リンダの夫に関する記述なし。この一家は女性上位ということか。ま

続きを読む

村上春樹作品のほとんどを翻訳してきたデンマーク女性メッテ・ホルムを追ったドキュメンタリー。多くの国で愛読されている村上作品、ただそのほとんどはいったん英訳あるいは仏訳された文章をそれぞれの国の言語に訳したものだという。ところが今回の主人公メ

続きを読む

「カメラを止めるな!」の上田慎一郎監督、劇場長編第2弾。緊張すると気絶してしまうという病癖の持ち主はヘボ役者の和人。ある日彼は弟の宏紀から、なんでも屋を兼ねた俳優事務所「スペシャルアクターズ」に誘われしぶしぶ入所。いきなりやってきたミッショ

続きを読む

ネット経由でセット買いしたほうが手間もかからないしお安くすむのはわかっている。たぶん近いうちにそうするだろう。Amazonも楽天市場も調べ済み。愛知県半田市にある「土筆屋」という小さなパンメーカーの商品。最初は嫁ハンが見つけてきた。ひとり暮らしの

続きを読む

3曲目にピチカート・ファイヴ1988年のアルバム『ベリッシマ』から「神の御業」。よりによってこの難しい曲に挑戦するとは。この名盤はやたらと難度の高い曲が多く、当時のボーカリスト田島貴男ですらけっこう歌いあぐねていたなあと、30年前に思いを巡らせて

続きを読む

すっかり秋らしくなってきたきょうこのごろ、今夜の関西方面はさらにぐっと冷える様子。昨日までずっと半袖で過ごしていたこちら、さすがにもうその季節は終わりなのかなと。おかげさまでキリ番のほうは思っていたよりちょっとゆっくり目に昨日180000に到達。

続きを読む

立つ鳥あとを濁さず
2019年10月14日15:15

150試合目の終戦。この三週間あまりは本当に楽しかった。そして夢うつつの日々を現実に引き戻したのがジャイアンツとはよくできた話。きのうの試合の6回オモテ・ウラの攻撃の差に表れたように、勝負にたいする執着心の違いが結果につながったような。で、夢か

続きを読む

私はいま堺の大浜公園相撲場に来ております。第23回世界相撲選手権大会、大阪では4年ぶりの開催(私自身は十数年ぶりの観戦)。世界中からサッカーW杯に同じく32カ国が参加、いま私のまわりではおそらく「がんばれ!」に近い意味だと思いますが、さっぱりわから

続きを読む

カトリーヌ・ドヌーブとジュリエット・ビノシュの共演なんて、過去のフランス映画においてもおそらくなかったはず。日本人監督の手によってそれが実現、大女優の家族というセレブ的設定とはいえ、それが日常のやりとりを描いた愛憎劇とは。フランスの映画好き

続きを読む

目を覚ますとそこはビートルズが存在しない世界、彼らの楽曲を知るのは自分ひとりだった…観る側の意欲をこれほどそそる設定はほかにない。そしてビートルズ好きであればあるほど、さあ面白いものを作ってみろ、とハードルをめいっぱい上げてしまう。さてダニ

続きを読む

今夜発表されるノーベル文学賞は、2年分まとめてふたりの名前が挙がるらしい。昨年はセクハラ問題があって文学賞発表は先送りになったと。もちろん単純な確率論ではないし、下世話な素人の推測にすぎないけど、受賞者がふたり出るのだったら、いくらなんでも

続きを読む

「単なる皮下脂肪です」
2019年10月09日17:30

ぽっこりしたお腹にムリヤリ力を入れると多少はへこんでくれる。そのとき上腹部のど真ん中にポコリとこぶのようなものがいつのまにか。直径500円玉よりやや大きめ。そこは7年前の心臓手術のとき、カラダの中心を上下にまっすぐメスを入れられたちょうど下端部

続きを読む

摂津・河内・和泉の三国を見渡せる丘があるから三国ヶ丘。その由来、丘なるもののありかはわからないけれどロケーション的にはよくわかる。天王寺経由で父親宅まで行く際の乗り換え駅、すぐ近くには最近世界遺産に登録され話題の仁徳天皇陵。さらにそのこんも

続きを読む

半世紀、道まだ半ば
2019年10月07日16:20

きのうの第98回凱旋門賞@パリ・ロンシャン競馬場、12頭立てのレースに日本馬は3頭参戦して最先着馬が7着、残り2頭はブービーとブービーメイカー…。他のスポーツでは日本勢が世界を相手に健闘どころか予想を上回る活躍を見せているきょうこのごろ、競馬に関

続きを読む

8%引きのクーポン券があるので「しゃぶ葉」の食べ放題に行かないかと友人からお誘い。この時期に8%引きとは微妙な設定やなと思いつつ、直近の店舗イオンモール堺北花田店4Fへ。土曜日の夕刻、空席待ちの行列は必至かと思っていたら、意外やすんなりと入店。

続きを読む

1976年、"奇跡の奪還”と言われたエールフランス乗っ取り事件を描く。テルアビブ発パリ行きのフライトがパレスチナ人2名とドイツ急進派左翼2名によってハイジャック、今回新たな研究により明らかになった事実をくわえてこれが4度目の映像化。監督はかってバス

続きを読む

ホアキン・フェニックス主演、大都会の片隅で生きる狂気の大道芸人アーサーの物語。「バットマン」の悪役ジョーカー誕生の前日譚となっているが、どこまでつながっているのだろうか。人気コメディアン役にロバート・デ・ニーロ、彼の過去作からの影響が言及さ

続きを読む

阪神ファンにはエキサイティングな気分を残しつつ、セ・パ両リーグのレギュラーシーズン全日程が終了、すべての順位が確定しました。開幕直前にマイミクのみなさんからいただいた順位予想11回目、またもやなかなか当たらんもんやなあという印象を残した結果と

続きを読む

夕暮れの京都ぶらぶら
2019年10月02日15:00

先日の続き。遅めのランチはせわしなく京都国立近代美術館内の「cafe de 505」にて。“豆富明太子のカルボナーラ”、こんなメニューあまりないと思いオーダー、パスタは選べたので思い切ってパッパルデッレに。お味のほうはちょっとあっさりしすぎ、明太子の

続きを読む

矢野監督のあいさつが終わったあと、球児と福留は鳥谷に向かって何かを催促するような手つきをした。すると鳥谷は要らん要らんという感じでそれを拒んだ。たぶん球児と福留はチーム全員の手で鳥谷を胴上げしようと思ったのだろう。ただ彼は昨日の試合で現役を

続きを読む

それぞれの秋にウルウル
2019年09月30日16:00

きのうの午後は阪神の試合を横目で見ながら、秋競馬G1レースの第1弾「スプリンターズステークス」、そしてBS日テレで稀勢の里の引退相撲を見て一気にウルウル。その涙がかわくまもなく今度はメッセンジャーの引退セレモニーにまたウルっと。まあ競馬のほうは

続きを読む

これは行かねばと思いつついつのまにか忘れてしまい、先日新聞にレビューを見つけあわてて駆けつけた次第。なので先に会期を書いておくと、来月の14日(月・祝)までなのでお早い目に。ファッションと現代社会や文化、あるいは日常の暮らしとの関わりかた。タ

続きを読む

世界のジャズをリードする名門レーベル「ブルーノート・レコード」、その創立80周年を記念して製作されたドキュメンタリー。現在のブルーノートを代表するミュージシャンがスタジオに集まり、セッションを重ねる様子を随所にはさみながら、ハービー・ハンコッ

続きを読む

ベストセラー小説を映画化した2016年のドイツ作品「帰ってきたヒトラー」のイタリア版リメイク。第二次大戦の敗北から70年後、21世紀のローマに突然よみがえった独裁者。当初そっくり芸人と思われた彼は…。オリジナルの公開からさほど月日が経っていないのに

続きを読む

アビー・ロードは突然に
2019年09月26日15:45

まったく予期していなかったぶん感動は大きかった。そのとき私は取引先2代目社長そして日本語OKイケメン英国人コーディネーターとタクシーのなか、その周辺はふだんあまり仕事では縁がなく、なぜその方面に向かっていたのかいまでもさっぱり思いだせない。角

続きを読む

この7月に88歳で他界したボサノヴァの神様、ジョアン・ジルベルトをめぐるドキュメンタリー。彼を追うのはフランス人監督ジョルジュ・ガショ。スイス=ドイツ=フランス作品、独・ポルトガル・仏・英の各言語が飛びかう。もちろん制作および海外公開は他界前の

続きを読む

伊坂幸太郎による小説を「愛がなんだ」の今泉力哉監督にて映画化。主演は三浦春馬・多部未華子…と思っていたら、やがてそれは彼らばかりではないと気づかされていく恋愛群像劇。この物語を貫くテーマは“出会いの奇跡“、いかにもイマの邦画っぽくてクサいけ

続きを読む

令和の時代は誰のもの
2019年09月23日16:00

御嶽海、決定戦で貴景勝をくだして2度目の賜杯。関脇同士の優勝決定戦というのは、この制度70年あまりの歴史で初めてのことだとか。そして誰しも願うのは、ゆくゆくはこの取組が大関同士さらに横綱同士での、優勝を賭けた一戦になってほしいということ。まあ

続きを読む