ホーム > mixiユーザー(id:23976709) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:23976709)

日記一覧

人の批判をしているヒマはないです。人のことを憎み始めたらヒマな証拠。(本日の、拾い画像)https://hinden.at.webry.info/202004/article_2.html

続きを読む

高いところから見下ろし、肥の川 (斐伊川・ひいかわ) の流れの変遷を確認した我々ですが、それはそうと、モクレンが綺麗です。https://photos.google.com/share/AF1QipOTe9P-up7q8bEdW0WxjRrGkYox-pKBKWDSceNfoZAYvMNZZLtIaRyLtaX0uzhCyw/photo/AF1QipP2RCDEN

続きを読む

遂に言葉を話した「ホムチワケ」。その地は「石硐の曾宮(いわくまのそのみや)」。その地点から、川下に向かって声を上げたという。「あのこんもりと青く茂れる山は、山に見えて山でない、さてはオオクニヌシの大神を祀る神官の祭場なのでは。」 ならば

続きを読む

伝承に拠れば「石硐の曾宮(いわくまのそのみや)」なる地で、初めて皇子「ホムチワケ」が言葉を話したと言います。では、その、「石硐の曾宮」とは、どこのことなのか。日本書紀などの文献を繙(ひもと)くと、「神名火山」とか「神奈備山」とか記さ

続きを読む

ともみち くん のような 成人して なお 言葉を話す見込みのない最重度の知的障害者 にとって、聖地、それも第一の聖地と申すべきスポットです。なにしろ、言葉を発するその端緒が、空をゆく一羽のハクチョウにあったのですから。※ イスラム教に例えれば、第

続きを読む

(今回の旅の本丸)13. 「曾枳能夜 (そぎのや・そきのや) 神社」 (歌舞音曲を奉納)にて。あ、なんの話かと言うと、コレです。 ↓ [ともみち くん を 出雲に連れてゆきます !! (はたち過ぎて初めて言葉を話した「ホムチワケ」の伝承をたどって)]https://hinden

続きを読む

成人しても言葉を話さなかった「ホムチワケ」が出雲の地にて言葉を話すようになった という伝承を追っての旅です。ともみち くん も このたび 成人。03/20 の お誕生日を、その伝説の出雲の地で迎えさせる、という趣向。しかし、ひとつ懸念が。昔の成人なので

続きを読む

これこれ。 今回の旅の本丸の一つ、「求院 (ぐい) 八幡宮」 (鵠 (くぐい) 神社) でのことです。観光地化されていない、誰も知らない、地元民ですら意味合いをご存知なのかどうか、という所。しかし当方にとっては極めて重要。これこれ。これだけ。これっだけ

続きを読む

「あ、あ、あれ !! あれ !! 白鳥じゃね !? 白鳥じゃね !?」旅 開始 早々、テンション爆上がりです。そーう、白鳥は今回、すこぶる重要な意味を持つのです。 「日本書紀」によれば、「皇子ホムチワケ」が本格的に言葉を話す前段階として、空をゆく鵠 (くぐい

続きを読む

出雲の伝承の地を たゆたう ともみち くん を おびただしく撮りました。 ↓ [Google Photo その 2] (Hinden-san のスマホ)[2020/03/19 - 03/22 Journey to Izumo's folklore avec Tomomichi (photo by Hinden)]https://photos.app.goo.gl/LfnRAZn5C7k97kzX9

続きを読む

今しがた、「なんちゃらアイドル」さんにはダイレクトメール送りました。また、各SNSに急告、出しました。 ↓ RT激しく咳が出ています、あたくし。すみません !! 誠に申し訳ないです。木曜にお医者さんトコに行ったら、コロナではなさそうとのこと。ですが

続きを読む

生還し、日常に戻っています。しかししかし それにしても。めくるめく毎日でした。血湧き肉躍る絵巻物でございました。4日間で、一生分に相当するほどの見聞でした。ひとつひとつ詳細は別途、丁寧に綴ってゆきたい所存ですが、とりあえず。備忘の目的もあり、

続きを読む

ふ、ふ、ふ、これは見てて、笑えてきますね。祝祭の雰囲気、満点。めっちゃ愉しそう。めっちゃ めでたいこと この上なし。それに とても よく似ています。帽子の先の コウモリ さん までも 忠実に描写。最高の お誕生日プレゼントを、ありがとうございます !!

続きを読む

面白かったですねー、状況も含めて。自分らしい、お誕生日イベントでした。例えば、こちら。ちょっと見やしゃんせ。見てみやしゃんせ。このドタバタっぷり。 ↓ 出順、確か あいうえお順 だったはず。しかしコロナウイルスなどなどの影響で 4組 急にいない

続きを読む

あさってには成人ですよ、ともみち くん。 ブログにて。 ↓ https://hinden.at.webry.info/202003/article_16.html

続きを読む

畳み掛けるように押し寄せる芸能の波、また波。 まずは 10本の動画から。各 26分半。というかビデオカメラの仕様上、自動で区切られてファイル作成されていました。それらを未加工・未編集で YouTube に up。[video 01]https://www.youtube.com/watch?v=jR0d

続きを読む

[セットリスト] (ソロ枠) (思い出しで。曲順も含め、曖昧。) 「ミルキー食べて歯科衛生士さんに怒られちゃったよーsong」(オリジナル)「ちょうど来る電車」(オリジナル)「チョコレートは明治」「小さな瞳」(チョコレート、ロッテ) (1番のみ)「チェルシーの唄

続きを読む

ウチの ともみち くん の方が正直 手が掛からないんですが 紆余曲折あって TASKE (タスケ) さんとのユニットで出る運びに。[2020/03/15 追記]あなるちゃんが演奏中の「たすひで」を撮ってくださってました。ので、その 1枚、追加で掲載。(画像はブログにて ↓

続きを読む

あのあの、2年連続で ひんでん さん の お誕生日イベントの司会したり、「あやかうんとだうん」なるドタバタ年越しイベントにご一緒したり、「劇的パニック パフォーマンス合戦」に3回すべて優勝だったり、の、あの、「いぐち あやか」嬢 と、「チェリスQ」氏

続きを読む

取り急ぎ、「ゲキバ」さんが撮ってくれて「あやかわいい (井口 綾香) (司会も兼任)」氏が加工してくださったお写真 2枚をば。まずは。(※ 時間帯をズラして二度 全体の記念撮影したのですが それでも写り漏れてしまっているカタが居られます…)きちんとした

続きを読む

こ、これなんか、どうかしらあ。うさぎさんが、自分より大きなニンジンに「わーい」と言って抱きついているの。(ボールペン)いやー、自分、自身のセンスに全く自信がなくて。サンシャインシティを さまよい歩き、よさげなブツを探し求めたんですが、さっぱり

続きを読む

1. 2020/03/08 Sun[「たすひで」でお力添え。「ぐしゃ人間あう」さんの突貫企画「緊急コロナウィルス対策委員会〜有識者の集い〜」。]https://hinden.at.webry.info/202003/article_6.html 2. 2020/03/09 Mon[日暮里工房ムジカ「TASKE&ムジカ #オープンマイ

続きを読む

ほぼほぼ出演、大丈夫。のはず。https://www.facebook.com/taske.yakamenishi/posts/263309979030875019:00 Open19:30 Start22:00 End ?出演 :TASKE葛原 りょう永澤 康太Hinden-san (ひんでん 高橋 秀樹) (仮)etc.当日の昼間の システムエンジニアのお仕事 の

続きを読む

18:30 Open18:50 Start出番、トップです。たすひで (TASKE + Hinden-san (ひんでん 高橋 秀樹))あうしゅびっつ亀宇宙★海月園長 (組織暴力幼稚園)ウエケン (中出し少年)魔ゼルな規犬 + あなるちゃん熊崎照巳DxMxSわんたろう (ゾンビロリータ)病子 (ゾンビロリ

続きを読む

東京国立博物館の特別展「出雲と大和」がコロナウイルス対策で急遽の閉幕。 ⇒ いいもーん、ならばホントの出雲に ともみち くん 連れてゆくから、と思いきや、「出雲と大和」に多くの重要展示品を搬出中だから て理由で休館。大笑い。しかし その 「出雲と

続きを読む

なんと、同行してくれるのです、私的に。これは たのもしい。ともみち くん との 二人旅 でなく、愉快な三人組スチャラカ珍道中となりました。滋賀の北東部 (湖北地域)・米原で合流。そこからは電車でなく氏のクルマで、出雲に向かいます。あちこち巡るのもク

続きを読む

どういう絶妙なめぐりあわせの良さなのか、困らないようにできています。例えば現在、買い占めをしてたわけでもないのに、マスクもトイレットペーパーも潤沢に我が家にあります。昔から、そう。いっつも、そうなんです。トイレットペーパーは、そろそろなくな

続きを読む

「なるべく がりんがりん したヤツ、お願いします。」「あいよー、皮が がりんがりん なの ね。」「好きなんですよお、がりんがりん。あ、そこの、ぺられん と皮だけの破片も、入れちゃってください。」「ああコレは、一番最後に。グラム量り終わった後に入れ

続きを読む

かと言って、ゆきあたりばったり で ゆきたいんですよねえ。何泊するかも、決めておきたくありません。続けるスタミナが切れてきた日に、帰路。それに かの伝承の地が、すぐ見つかってくれるかどうか。あ、なんの話かと言うと、コレです。 ↓ [ともみち く

続きを読む

突如 かの皇子が口を開いたという「石硐の曾宮 (いわくまのそのみや)」なる地を目指し、ともみち くん 二十歳のお誕生日を挟み込むような日程で 二人旅します。(あと 伝承では なんの前触れもなく言葉を話したわけではないそうで。鵠 (くぐい) (つまり

続きを読む