mixiユーザー(id:23857698)

2020年10月29日08:15

26 view

引き続きエンジン慣らし

4号機のエンジン慣らし2日目
1回目より少しペースを上げて30分間走る
タイヤは慣らし用のGRP、普通に走りやすい、PMTよりも溶ける気がする
路面はいい天気が続いているせいかハイグリップが続いている

タイヤをPMTに変えて更にペースアップ
21秒前半になってくると悪い癖の「リヤー飛び」が顔を出してきた
ので、ここからセットをいじってみよう

フロントダンパーを寝せてみる
変わらないし、だるすぎて気に入らない

ダンパーを戻してフロントをSSからSスリックに交換
「リヤー飛び」はやや改善するが回頭性が好きでない

フロントスプリングをオレンジからパープルに交換
ようやくバランスが取れて走りやすくなった
結局、いつものセットに戻った
ダンパーオイルは柔いのが入っているので次回は硬いのを試してみよう

「リヤー飛び」の要因の一つはオーバーシュート
アルミ2枚のクラッチだと時々、無駄に前に出すぎてオーバーシュートになる
「前に出ればいいってもんでもない」

慣らしもほぼ2L終わったのでアタックしてみよう
クラッチをアルミ1枚に交換、前への出方が安定するので好き
タイヤを少し山が有るPMTに交換
ほぼいつも通りのタイムが出た

4号機はレース用の2号機に近い感触
下はたっぷりあるし谷も無い、ただ上の伸びはやや伸びないが私には充分
2号機とに違いは「音が細い」がこれもあと2Lも回せば変わるので期待しよう
今の時点で20秒に入れるのでレース用にキープしよう

走行後、「神棒」(ブレーキパッドピンの試作品)の初回点検
摩耗、変形などは無く、ブレーキ性能も変化ないので問題は無し
しばらく様子を見よう
7 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する