mixiユーザー(id:23857698)

2020年09月20日08:10

36 view

切れが悪いのもメリットは有るんだ

切れが悪いのはボクのおしっこだけではなくデフもそうです

昨日は四国の為にその1、を始めました
今迄のセットでは勝てそうもないのでいよいよギャンブルに出ましょう

キモはデフ、クラッチ、ギヤーレシオ、旋回性

昨日はまずデフから始めます
四国のデフは毎回、ライトスケールのスルデフで固定ですが
今回のオプションはPLD1のスルデフ又はPLD2のスルデフからのチョイス
PLD1の狙いはデフ自体の重さ
PLD2の狙いはデフ鳴き減少

まずはPLD2、ポジション1はいつも使ってほとんどスルなのは知っているので
ポジション2でトライ
そしたら目からうろこだった
PLD2はやたら内蔵物が多くて切れが悪いのでほとんど使わず放置だった
が、切れが悪い分、高速のアプローチでリヤーが暴れない

思うに、この夏の神路面でPLD1のLSDばかり使っていた
休み明けでも最初だけスルデフですぐにLSDに変えても普通に走れた
最近の通常路面だとスルデフだと高速のアプローチでスロットルをオフった瞬間にリヤーが飛び出す(言うところのリヤー飛び)のでまともに走れない

が、この路面にはPLD2の切れの遅れがバランスが良くてペースが上げられる
PLD2を無視していましたがこんな利点もあるんだと反省しています

と言う事で、四国はPLD1のスルデフ、PLD2のポジション1の2択です
土曜日に走って決めよう〜
ただ、KRSの右バンクは加速しながらのアプローチ、SPKのストレートエンドからのターンは減速後のアプローチ、違うんだよね〜


明日は四国の為のその2、クラッチとギヤーレシオを探してきます
6 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する