mixiユーザー(id:23621043)

2015年09月10日22:29

23652 view

全国民必読!湾岸戦争のトラウマ「金を出すだけでは国際社会から評価されない」の大嘘(2015.9.10東京新聞より)

日本は湾岸戦争で本当に国際社会から評価されなかったのか?
東日本大震災時のクウェートの対応を見れば、決してそんなことはないと分かりますね。

むしろ、「金を出すだけでは国際社会から評価されない」と声高に叫んで、自衛隊の海外派遣に道を作ろうとする作為的なものを感じます。

ちなみにクウェートは、日本の福島原発事故を受けて原発建設の計画を撤回した国です。
原発を放棄するということは、すなわち核を放棄するということ。
中東という地でのこの決断は、実に立派だと思いますわーい(嬉しい顔)

東京新聞 電子版はコチラから↓
http://digital.tokyo-np.jp/



―以下、記事書き起こし―

湾岸戦争 クウェート感謝広告 「日本外し」真相は

 安全保障関連法案で根本から変わろうとしている日本の防衛策。その議論の原点といえるのが1991年の湾岸戦争だ。イラクの侵攻から解放されたクウェートの感謝広告に日本の名前がなかった事実は、自衛隊海外派遣を求める主張の有力な材料となってきた。
 クウェート解放のために約130億ドル(約1兆5500億円)を支援しながら、日本は感謝広告の30の国に入らなかった。日本は本当に国際社会から批判的に見られたのか。
 安保法案の国会審議が大詰めを迎えた今、当事者たちに当たると、語り継がれてきた筋立てと異なる事実が見えてきた。


湾岸戦争「日本は感謝されず」 自衛隊派遣の口実に

 日本は曲がり角に立っていた。1991年1月に始まった湾岸戦争は米軍を中心とする多国籍軍の猛攻により2月に終わる。サダム・フセインのイラクが突如、クウェートに侵攻したのは前年8月。半年あまりでの終結だったが、日本は、平和憲法を持つ国として、世界の安全保障にどうかかわるのかと言う問いを突きつけられ、答えを出せないままだった。ワシントン・ポスト、ニューヨーク・タイムズなど米主要紙にクウェートの感謝広告が出されたのはそんな時だった。
フォト


【衝撃 あれだけ援助しているのに】

 衝撃はワシントンから広がる。「よく見ると日本の名前がない。『あれだけやったのになんだ』と…」。在米日本大使館の公使だった平林博(75)は新聞を手に大変なことになったと感じた。

 「ありがとうアメリカ そして国際社会」の太い文字が目立つ。ペルシャ湾岸の地図とともに、クウェート、米国、英国など11カ国の国旗。「クウェートの主権と独立を回復してくれた米軍と国連有志連合の迅速な対応に感謝します」で始まる長文の謝辞に続き、アルゼンチンから米国までアルファベット順に30の国名がある。だが、日本を示すものは何もない。

 日本政府は動揺した。首相の海部俊樹(84)は今も鮮明に驚きを覚えている。「怒って、すぐに抗議も申し込んだんだよ。失礼じゃないかと。法人税を2%、ガソリン税を40円上乗せして、せっかく集めたお金で、努力しているのになんだと…」

 89年にベルリンの壁が崩壊し、冷戦は事実上終わっていた。米ソ両超大国が世界の隅々に目を光らせた時代は去り、国連による平和維持が重みを増す時代になろうとしていた。90年8月、クウェートにイラク軍が侵攻すると、米国は単独行動を避け、多国籍軍による解決を模索する。

 湾岸産油国に原油を頼る日本にも貢献の圧力が高まった。バブル景気を背景に、国外の不動産を買いあさり、貿易摩擦を起こす日本に米議会は厳しい目を向けた。政府は大慌てで「国連平和協力法案」を国会に提出する。自衛隊の海外派遣に道を開く法律だったが、急ごしらえゆえ、与党、政府内でも意見が対立し廃案となった。

 政府は結局、米国を中心とする多国籍軍への金銭的な支援に踏み出し、最終的に130億ドルを負担する。国民一人当たり1万円以上。破格の額だった。

 感謝広告から漏れ、憤る日本政府は、東京、米国、中東でクウェートに詰め寄った。クウェート川は遺憾の意を示すが、外した理由を明確にしたとは言い難い。駐クウェート大使だった黒川剛(82)はクウェート外務省に出向き、高官と二人きりで向かい合ったのを覚えている。「巨額の援助もしているのに、日本がないのは承服できない」。先方は「よく分からない」と答えた。「相手はすっとぼけているわけですよ」と黒川は記憶をたぐった。

 米国では、日本大使館の外交官がクウェート大使館に抗議に訪れている。
 
 与党自民党など、自衛隊派遣を求める勢力は情緒的ともいえる論調を日増しに強める。「日本が感謝されなかったのは、金だけを出して、人を出さなかったからだ」と。

 当時の外務次官で今年4月に死去した栗山尚一は世を去る2ヶ月前、本紙の取材に「日本は人を出さなかったことを非難されたわけではない。出せない理由に説得力がなかった」と振り返った。「日本の平和主義とは何かが問われたが、答えが出せなかった。未だにさまよっている」と思いを語っている。


【主張 人命かけねば尊敬得られぬ】

 広告掲載後のひと月後の91年4月、イラクが敷設した機雷を除去するため、政府は自衛隊掃海艇のペルシャ湾派遣を決断した。国会の論戦で、早くも広告が政治的なカードとして登場する。派遣賛成の民社党、和田一仁(故人)は質問に立つと、日本が広告に入らなかったのは「人の面での貢献が不十分であったことに原因がある」と断じ、掃海艇を派遣しなければ「自らの手は汚さない国とさげすまれても仕方ない」のだと訴えている。

 以後の国会の議事録には、小渕恵三(故人)、小泉純一郎(73)、麻生太郎(74)、安倍晋三(60)ら歴代首相をはじめ、この問題を取り上げた多数の政治家の発言が残っている。

 野党の牛歩戦術に至るPKO協力法案を議論した91年秋の衆院特別委。中山太郎外相(91)は感謝広告を引き合いに出したうえで国が「人命をかけてまで平和のために貢献する」時に「国際社会は敬意を払い尊敬する」のだと主張した。

 2001年9月11日に米中枢同時テロが起きた後は感謝広告問題の出番が再び増える。03年の衆院憲法調査会。自民党の中川昭一(故人)は130億ドルの支援をしても「国際社会からは何らの評価を受けることはありませんでした」と断定し、自衛隊法を改正し、海外での正式な任務とするべきだと持論を展開した。

 近くでは13年11月の衆院特別委。答弁するのは首相の安倍晋三だ。「感謝を示す広告において日本の名前がなかったことは、私自身にとっても多くの日本国民にとっても衝撃であった」と述べ、「自分の国さえ平和であればよいとの一国平和主義の考え方ではわが国の平和を守ることはできない」と持論の積極的平和主義につなげてみせた。
フォト


【経緯 広告リスト 出どころは米国】

 砂まじりの熱い風がビルの間を吹き抜ける。高級車が平然と道を行き交う光景から、イラク軍がここを襲った25年前をたどるのは難しい。首都クウェート市のビルの一室で白い装束姿のアルシャリク(70)は感謝広告問題の核心に触れた。「あの広告のリストはそもそも私たちがつくったものではない。つくったのはアメリカだ」 
フォト

 当時、東京に駐在していたエリート外交官は現在、政府外郭団体の代表者。「日本をわざと外したんじゃない。それは確かだ。広告をもう一度出せるなら、間違いなく日本を入れる」と自信満々で説明し、「あれは『多国籍軍に感謝を示そうじゃないか』と米国にいたクウェート大使が言い出した広告だったんだ」と続けた。

 説明によると、発案者は当時の駐米大使サバハ(故人)。感謝広告を企画し、米国防総省に多国籍軍の参加国リストを求めた。もちろんそこに日本の名はない。「戻ってきたものがそのまま広告になったんだ」とアルシャリクは言う。

 広告の謝辞には「究極の犠牲をいとわなかった米国民に揺るぎない感謝をささげます。ありがとう」とある。米国を強く意識しているのは確かで、日の丸や日本の国名がなくても大きな違和感や矛盾はない。

 在米日本大使館の元公使平林は今、「あえて言えば、クウェート側に悪気はなかった。わざとやったんじゃない。ただ、なんでも人にやらせちゃう国だから。やれということだけで、後は任せたんじゃないかな」と推測する。

 広告が掲載された当時、外務省内に騒ぎを冷ややかに見る人々がいたことも明らかになった。匿名を条件に打ち明けるのは外務省の元高官だ。「当時はあんなつまらんことで騒ぐなんてと思ってましたよ。(在米)大使館の張り切った連中がさあ首を取ったと広告を使ったのは間違いない。米国の議員に叩かれていたから。それに乗って、やっぱりお金だけではだめなんだという議論に持っていきたかったんだよ」

 当時、中近東アジア局長だった渡辺允(79)も「自衛隊を海外に出す、いわゆる普通の国になるという人たちと憲法9条なんだという人たちの対立的な違いがあったわけです。その中で、自衛隊を出さなかったからこうなったんだということに使われた可能性はあると思う」と同様の見方を示した。

 感謝の念があってもなくても、クウェート側に日本への配慮は期待できなかったはずだという見方もある。「支援したあの金はだれが使ったのでしょう。ほとんど米軍の朝飯代になったわけですよ。だからクウェート人はあまり恩義を感じてない」。クウェート大使だった黒川は話す。

 日本の支出のうち、110億ドルは米軍中心の多国籍軍向けで、クウェートに直接的に送られたものではない。残り20億ドルもヨルダンなど周辺国への超低利借款だった。しかも資金は、新設された組織を通じた間接的な供与だ。

 援助が小出しだったことを指摘する声もある。イラクのクウェート侵攻から約4週間後、日本政府は10億ドルの支援を発表し、その後さらに10億ドル。90億ドルを積み増したのは湾岸戦争開戦から一週間後だった。朝日新聞の米国特派員だったジャーナリスト外岡秀俊(62)は「ものすごい額を出したが、少しずつだから日本が協力した印象が残らなかった」と指摘した。


【記憶 クウェートは忘れていない】

 白い民族服の若い男たちが一人また一人、列に加わってきた。気温40度を超えるのに人並みは途切れない。2011年3月、クウェート市の日本大使館に東日本大震災被災者のためにと富裕層も労働者層も義援金を手に集まる。当時の大使小溝泰義(67)は光景に「圧倒された」という。

 驚きは続いた。1ヵ月後、国際会議の席上、クウェートの石油相が切り出した。「原油500万バレルを日本の苦しみを軽減するために無償で提供することをサバハ首長が決定された」

 原油は400億円に相当した。首長といえども国の生命線の石油を簡単に他国に贈れない国。小溝は自身の着任式でサバハ首長にかけられた言葉を思い浮かべた。「日本は130億ドルもの援助をしてくれた。私たちは決して忘れていない」

 米国はどうだったか。巨額支援への強い感謝の念は何度も示されている。元米軍総司令官シュワルツコフ(故人)は自伝で日本の資金がなければ、作戦は「破綻していただろう」と書いた。外岡はジョージ・ブッシュ大統領の国家安全保障担当補佐官を務めたスコウクロフト(90)にインタビューし「日本の貢献に感謝している」と聞いている。

 外岡は、日本が国際社会から感謝をされていなかったという筋立てで語り継がれることに「感謝広告は米国で当時、ほとんど話題にならなかったし、いまだにその話をするのも日本人だけ。どうやって広告ができたか検証していれば、こんな話にはならなかったでしょう」と自戒を込めた。

 外務省の元大使などOBらでつくる霞関会(かすみがせきかい)の月報に一連の湾岸危機をめぐる論文が載ったのは08年3月。執筆者は湾岸戦争当時、クウェート亡命政府があったサウジアラビアの日本大使だった恩田宗(82)。日本の貢献について「国際的に評価されなかった論は、誰もが認めることとして定着してしまった。しかし、国際的に評価されなかったとの断定は正しくない。少なくとも正確ではない」と書いた。部隊や要員の国外派遣を主張する際の便利な「枕ことば」として使われてきたと指摘している。

 恩田は91年2月、クウェートの首長や外務次官から直接感謝の言葉を受けた。「クウェートは感謝している。お金を出して日本は感謝された。人を出すのが重要で金がだめだと言うのはあまりにも乱暴だ」。取材にそう語った。

 クウェート市にある「湾岸戦争記念館」・名称の直訳は「サダム・フセイン政権の犯罪を忘れない博物館」だ。戦争のジオラマや米国の功績を紹介する展示がある。米国に比べ控えめな日本コーナーには、ペルシャ湾で掃海作業をする自衛隊と見られる写真が7枚掲げられ、アラビア語と英語で「イラクのクウェート侵攻時、日本は130億ドルという最大規模の金銭支援とその他の貢献を提供した」という解説がある。

 記念館の存在も感謝の言葉も、日本ではこれまで大声で語られることはなかった。感謝広告問題がただ日本の失敗や屈辱として語られるばかりだ。
(文中敬称略)

 長田弘己、野村悦芳、中村禎一郎(カイロ支局)、垣見洋樹(ベルリン支局)


※湾岸戦争
 サダム・フセイン大統領のイラクが1990年8月、隣国クウェートに突如侵攻して併合を宣言したのに対し、米国主導の多国籍軍がクウェート解放のため戦った戦争。米国のイラクへの本格的軍事介入の始まりとなった。イラクが国連の度重なる撤退要求を無視して占領を続けたため、国連は武力行使容認を決議した。多国籍軍は91年1月17日に空爆を開始し、戦争に突入。圧倒的な軍事力を背景に地上戦を経て2月26日にはクウェートを解放した。ピンポイントの爆撃の映像が中継され、テレビゲーム感覚の戦争とも言われた。
フォト

―書き起こし以上―



安保法案、衆院再可決を検討
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=2&from=diary&id=3608423
27 33

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月10日 23:06
    【経緯 広告リスト 出どころは米国】
    いつの東京新聞でしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月10日 23:16
    > mixiユーザー 

    今日の朝刊の特集面(8面)です。たぶんwebには載ってないと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月10日 23:23
    長い!簡潔にまとめてほしい。笑
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月10日 23:30
    確かに残念ながら掲載されてませんでしたね。
    米国が長期的な計画で日本を傘下に入れたんでしょうかねえ。

    また日本の海外発信力の無さが情けない限り。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 19:16
    は「我々がアフガニスタンなどで活動できるのは、日本が信頼されているから。多くの国々が日本に期待しているのは軍事的支援ではない」と訴えた。
    http://sp.mainichi.jp/select/news/20150911k0000m040075000c.html

    自民党=統一教会=CIAの言う「国際社会」とは、偽ユダヤのブッシュ家とかロックフェラー家とかだけの事ですからね〜。


    安倍晋三が改憲を急ぐワケ
    http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2006/09/post_fc3d.html

    日本をあやつるアメリカ人
    http://rapt.sub.jp/?p=9018
    この人たちが日本の政府、特に「清和会」の人物たちを自由自在に操り、日本の弱体化、日本の富の横領、ヤクザとカルトによる麻薬の氾濫、中国・韓国・ロシアと日本の国交の分断など、日本人にとって極めて有害な政策を推し進めてきました。

    殺害命令を下したのは、世界に分散する闇の権力者たちの中でも
    ファシスト的な勢力であるブッシュの一派だ
    http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/491.html
    そして、その日本における手先が、マイケル・グリーン(Michael Green)という日本担当エージェントだった。彼の上には、ブッシュの他にカート・キャンベル、リチャード・アーミテージ、ジェイムズ・ベイカー、ジェラルド・カーティスなどがいる。
      また、グリーンの下には複数の売国奴政治家が存在しており、その中には小泉純一郎、中曽根康弘などが含まれている。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 20:02
    ニュース版から
    色々辿ってきました。
    これって、漫画家小林よしのり氏が危惧していた事ですね。
    新戦争論、卑怯者の島を画力で訴えてました。
    作品は、良著を出すんだけど、イマイチ説得力がないなあ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 21:06
    はじめまして。 これは「転載可能」でしょうか?! よろしければ私のアメーバの方にも転載したいと思います。いかが…わーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 21:39
    ご参考になれば・・・

    安倍政権・イスラエル・軍需産業
    http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1945947287&owner_id=2118534
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 22:14
    > mixiユーザー 

    アハハ、確かにあせあせ

    要はクウェートの駐米大使が多国籍軍の感謝広告を作ろうとして、米国が出してきた参加国のリストをそのまま使ったに過ぎないだけで、外務省高官の証言にもある通り、大騒ぎする問題じゃないものを「それ見たことか、お金だけ出しても国際社会からは評価されないんだ」と大騒ぎして、世論を誘導するために利用した、というのが真相でしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 22:23
    > mixiユーザー 

    「日本の資金援助がなければ多国籍軍は破綻していた」と米軍の高官が証言しているわけですからね。

    自国の負担軽減のために自衛隊を利用したい米国と、自衛隊の海外派遣に道を開きたい日本の改憲派の思惑が一致して、まんまと世論が乗せられてしまった。

    国民も猛省しなければいけないと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 22:37
    > mixiユーザー 

    資料、ありがとうございます。大変勉強になります。

    イラク戦争に反対して外務省を解雇された天木直人氏の著書「さらば外務省!」によれば、外務省内には「日米同盟に疑問を持ってはいけない」という文書が出回っていたそうなんですよね。

    そう考えると、米大使館の外交官の態度は 3)である可能性がかなり高いのではないか・・・と私も思います。

    それと元外交官の孫崎享氏によれば、クウェートは湾岸戦争終結後、解放記念切手なるものを発行しているのですが、そこにはきちんと日本の国旗も描かれているそうです。
    https://twitter.com/magosaki_ukeru/status/468145967728820227

    こういった事実も、多くの国民が知らないのではないでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 22:50
    > mixiユーザー 

    自民党と統一教会、CIAの関係、たとえば読売新聞の正力松太郎がCIAのスパイであることなどは、公然の秘密ですからね。

    やはり敗戦時、きちんと戦争当事者の戦争責任を断罪できなかったのが、全ての始まりではないかと私は思います。当時の支配者層は戦争責任を免除される代わりに、米国の占領統治に積極的に協力し、権力の座に居座り続けたわけで、それが現在の日本の対米従属にずっと繋がっている。

    こういった日本の構造をひっくり返すのは容易ではありませんが、何とかしなければいけないですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 22:55
    > mixiユーザー 

    コメントありがとうございます。

    小林よしのり氏の著書については、私は読んでおりませんので論評できませんが、昨年あたりから急に安倍政権を批判することが多くなった、という印象は受けます。

    小林氏にどういう心境の変化があったのかは、私にも分かりかねますが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 23:03
    > mixiユーザー 

    はじめまして。コメントありがとうございます。

    「全国民必読!」と銘打ったぐらいですから、転載して頂けるのは大変ありがたいですわーい(嬉しい顔)

    ただ、私も東京新聞の記事を書き起こしているだけなので、以下のリンク、東京新聞電子版購読の案内を貼り付けて下さると幸いですあせあせ

    東京新聞 電子版購読はコチラから↓
    http://digital.tokyo-np.jp/

    よろしくお願いしますm(_ _)m
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 23:06
    > mixiユーザー 
    >小林氏にどういう心境の変化があったのかは、私にも分かりかねますが。

    小林よしのりは、元々は「東大一直線」と言うギャグ漫画の人ですわ。
    元々は漫画のネタで「右も左も皆ごめん」と言うスタンスで描き始めてたそうですが、ちょっと右の方に受けすぎただけで、最近の安倍晋三はダメだと言うスタンスだそうですよ。
    そもそも本当の右翼さんは「反米右翼」なので米国に与する事なんて屈辱以外の何物でも無いはずです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 23:14
    > mixiユーザー 

    コメントありがとうございます。日記、拝見しました。

    イスラエルロビーの話で思い出したのですが、今年四月に安倍首相が米議会で演説し、勝手に安保法案の制定を約束したのは記憶に新しいところですが、この米議会の演説も、イスラエルロビーへの働きかけによって実現したものであると、元外交官の天木直人氏が指摘していました。

    米国議会演説の実現にユダヤロビーを頼った安倍首相の衝撃
    http://www.amakiblog.com/archives/2015/04/25/#003250

    今年1月にはイスラム国に人質2人が取られているのを把握していたにもかかわらず、イスラエルを訪問したことといい、安倍政権は自ら好んで危険な道を進んでいる。

    そう思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 23:30
    > mixiユーザー 
    天木氏ですか。彼もちょっと妙なところ(選挙期間中に投票のボイコットや白紙投票を呼びかけたり)がありますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月11日 23:31
    > mixiユーザー  そのようにさせていただきます。有難うございます。わーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月12日 01:43
    > mixiユーザー  出来ました。アメーバ・フェイスブックに連動してます。 http://ameblo.jp/tenjukokusoulman/entry-12072131421.html 見ていただけると良いのですがあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月12日 23:48
    > mixiユーザー 

    私は小林よしのり氏がネトウヨ大量生産の一因を担っていると思いますので、言論人として責任を取ってもらいたいです。

    ところで、本記事を要約したような形で、今日の東京新聞の社説がwebに掲載されていますので、ご紹介します。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2015091202000135.html
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月12日 23:49
    > mixiユーザー 

    >そもそも本当の右翼さんは「反米右翼」なので米国に与する事なんて屈辱以外の何物でも無いはずです。

    全く仰るとおりウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月12日 23:51
    > mixiユーザー 

    う〜ん・・・氏の主張する「対米従属からの脱却」という点は激しく同意なんですどね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月12日 23:52
    > mixiユーザー 

    拝見しました!

    どうもありがとうございますわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月13日 01:43
    ニュースから来ました。

    東京新聞らしいネタ記事だなあ、と思いましたよ。
    いきさつをいろいろ書いているけど、現実にクウェートが公式には感謝記事から日本を意図的に外したか、ミスで記載しなかったのかはともかく、日本を載せなかったのは事実。
    「富田メモ」で昭和天皇は靖国に行かない理由を記載してあったのを必死でいいわけして「天皇陛下の真意ではない」と主張していた右系評論家と似たような記事だと思いましたけどね。

    東京新聞は日刊ゲンダイと同じDQN執筆陣(本澤二郎、孫崎亨、天木直人、森田実など)
    を使っている新聞で、とてもまともな新聞とは言えないですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月13日 16:29
    > mixiユーザー 
    天木氏は表向き「反対米従属利権」を主張して同じ考えの人を集め、自分に発言力や支持が出て来たところでさりげなく「白紙票推奨」や「投票ボイコット」を呼びかけミスリードを考えている可能性もなくはないです(安保反対支持者を変な方向に持って行こうとしてるシールズみたいに)。何しろ、対米従属利権ズブズブの外務省官僚でしたから。
    (対米従属利権に関しては田中宇氏も詳しいです。)
    「脱原発運動」に対しても同じような手口で真面目な団体に交じってオカルトじみたお花畑団体が出てきてるそうです。外から見ると原発を支持しない人達がみんな電波な感じに見えるように印象操作できます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月13日 17:15
    > mixiユーザー 

    コメントありがとうございます。

    >現実にクウェートが公式には感謝記事から日本を意図的に外したか、ミスで記載しなかったのかはともかく、日本を載せなかったのは事実。

    事実から導き出す結論に、論理性が無いのが問題なのですよ。

    ここでの論点は、クウェートが日本を意図的に外したにしろ、ミスで記載しなかったにしろ、クウェートが感謝広告に日本を載せなかったという事実だけを以って、「金だけ出しても国際社会から評価されない」という結論に結びつけるのは無理がある、という話をしているのです。

    そもそも日本が拠出した130億ドルのほとんどは米軍に使われて、クウェートに渡ったのはたった6億円。クウェートに日本の貢献が表立って理解されづらかったのは無理からぬ話で、「金だけ出しても云々」と騒ぎ立てる前に、きちんと130億ドルの使い道をクウェート側に説明して、なぜ感謝広告に日本の名前が載らなかったのか、確認を取れば済む話だったのです。

    そもそも、日本が湾岸戦争において、国際社会から評価されているかどうかを判断する材料は、クウェートの広告が唯一無二なのですか?

    私にはその事の方が理解できませんが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月13日 17:20
    > mixiユーザー 

    >東京新聞は日刊ゲンダイと同じDQN執筆陣(本澤二郎、孫崎亨、天木直人、森田実など)
    を使っている新聞で、とてもまともな新聞とは言えないですよ。

    その4氏をDQNだと断じるのも、東京新聞をどう思うかもあなたの勝手ですけど、少なくともこの記事においてあなたが挙げた4氏の名前は一切出ていません。

    坊主憎けりゃ袈裟まで憎いのは分かりますが、ただの言いがかりですよウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月13日 17:21
    > mixiユーザー 

    ちなみにお尋ねしますが、執筆者が誰であれば、あなたは信頼できるのですか?

    まさか櫻井よしこや産経の阿比留瑠比とかじゃないですよねウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月13日 17:25
    > mixiユーザー 

    >安保反対支持者を変な方向に持って行こうとしてるシールズみたいに

    シールズが安保反対運動をどこに持っていこうとしているのですか?
    根拠あるものを示してくださらないと、私はコメントにお答えすることもできませんが。

    天木氏に関しても同様です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月13日 23:49
    > mixiユーザー 

    東京新聞は中日新聞系列ですけど、紙面が同じというわけでもないんですね。
    初めて知りましたあせあせ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月14日 13:00
    > mixiユーザー 
    お返事は必要ありません。私個人の勘です。外れていてほしいですが・・・
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月21日 19:00
    > mixiユーザー この記事、大注目していました!ずいぶん昔の話ですが、自衛隊派遣の口実として、盛んに鼓舞されていたのを思い出します。是非、転載・拡散させて下さいませ!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年09月21日 21:17
    > mixiユーザー 

    ありがとうございますわーい(嬉しい顔)ぜひよろしくお願いしますexclamation ×2
    20年以上もの年月をかけて作られてきた嘘を暴いて、日本国民の洗脳を解かなければいけませんね手(グー)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する