mixiユーザー(id:23589482)

2020年05月24日23:51

121 view

持続化給付金について

■助成金申請、ハローワークで断り続出 国の通知伝わらず
(朝日新聞デジタル - 05月24日 20:40)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6093931

てーか、これ、本当にどーかしてねーか?「給付金」じゃねえで「助成金」なんだぜ。謂わば「貸すカネ」だろ。

まるで、生活保護申請者に対する、通称「水際作戦」同様の、行政の窓口での違法対応さ。

ただよ、「困ってる人に、本当に必要なのは、貸すカネじゃねーで、あげるカネ」でなあ。

多くの窓口で対応に追われる、「職員の振りをした、実は派遣会社の社員」を別として、カウンターの奥でヒマそーにしてる正規職員は、「公務員」の筈。

一人でも多くの生活困窮者を早期に救い、再起して新たな納税者にしねーと、「自分達の給料の供給先が、早晩枯渇しちまう」のでな。

今宵は、少しは私事を語ってみたい。

マイミクの皆さんはご存知かと思うが、今の俺は、所謂「フルコミ訪販営業」なんだよ。所得は「完全歩合制」で、基本給も一切無し。

だから、今回、コロナ騒動での、経済産業省の打ち出した「持続化給付金」を利用出来たりすんでな。

要は、「新型コロナウィルス感染症の影響で、一月の売上が、前年同月比で、50%以上減少した場合、個人事業主は100万円、法人経営者は200万円の給付金を受けられる」そーだ。

申請方法は、前年の確定申告書の写しだの、本当にめんどくせーけど、現状では、「ほぼ無審査に等しく、手前みてーな稼業人は、時間がどのくれえ掛かるか不明だが、申請者は100万が貰える」ので。

ま、俺は、こいつに関しては、「今も思案中」だよ。毎度のよーに資料揃えて。窓口で、「あ、書類書けだと?馬鹿野郎。俺の要求が通るよーに、お前がテキトーに書類こさえろよ。それが、お前の仕事じゃねーか!」とか、紳士的に交渉すれば、それで済むんでなあ。

ただなあ、今回は正直逡巡してんだ・・・今回のコロナ騒動の後、もしもすげー稼げたとしたら、年末調整で、結構な税金引かれるから。

一昨年、年収800万越えた時は、「国民健康保険料が、月7万2千円以上にされた」のでなあ。

築半世紀のボロ借家の家賃が、毎月4万9千2百円(新潟市の、生活保護の家賃扶助の上限だ。これは、大家さんとの個人的な交渉の結果だよ)なので、尚更だから。

で、この「持続化給付金」ってのも、実態は、「本当に残酷で冷酷」なんだよ。

要は、「月の売上や家賃や人件費が、仮に数百万や数千万円でも、政府は、個人自営業者や法人経営者には、前者は100万、後者は200万しか給付しません。結果、焼け石に水で、倒産や廃業に追い込まれて、経営者が破産や倒産や廃業に追い込まれても、自己責任論で済ませます。あ、一応、無審査に等しいですが、申請から給付迄、どの位掛かるか判りません。でもその間に潰れたら、1円も給付しません。勝手に自分を責めて、自殺でも何でもして下さい」としか、映らんので。

正に「帯に短し、襷に長し」の無責任さんの極北だよなあ。

でな、この記事に関してだが、少し視点を変えてみねーか?

所謂フリーターって、法的解釈からすれば、「俺みてえな個人自営業主と同じ」だと思うんだよ。

曰く、「定期的な収入が約束されて無い」「多くが社会保険や厚生年金に加盟出来ない」「心身を病めば、翌年の収入がゼロに為る」とかだが。

唯一の違いは、「確定申告の必要が無い」のと、「稼いだら、幾らでも報酬を得られるのに、一定の上限が存在して、それが恐ろしく低い」コトじゃねーかな。

そして、この人達の大半が、「経団連とかの財界の献金で買収された、歴代与党政権の、派遣法の無制限の法改正で、かような悲惨な立場に追い遣れた」んだ。

国内に二等市民や奴隷をこさえる暴政が解禁されて、早「喪われた30年」だぜ。

弁護士とか、法律の専門家達とか、本当に何とかしろよと心底願う。

嘗ては、所謂「グレーゾーン金利の撤廃」で、国民の多くを「サラ金地獄から救った功績」があんだからよ。

こいつは、少し説明が長く為るが、当時のこの国は、利息制限法と出資法の間に、「罰則のねえ、金利が存在してた」んだ。

詰まり、「仮に100万借りたとしても、利息制限法の上限は最大18%、でも出資法で、逮捕される金利の上限は、当時の上限は29%」だったね。

なもんで、罰則規定のねークレサラは、その際上限の29%(それ以前は40%以上)で、貸し捲くったよ。

因みに、当時の銀行の、一番の融資先はサラ金だ。

さて、突然ですが、こっから300万借りて、毎年100万を必死に返済して、「完済するのは、果たして何年か?」ってクイズを・・・答えは「死ぬ迄」だよ。

だから、この国の自殺者は、「グレーゾーン金利が、法改正で撤廃される迄、自殺者はずーと3万人以上を更新してた」のでな。

今も、大手弁護士事務所が、TVCMとかで、「過払金返還訴訟」を呼び掛けてるのは、こいつに起因してるんだよ。

・・・ま、閑話休題。前回同様に、法律家の誰かが「フリーターは、個人事業主と同じだから、法改正してでも、持続化給付金で100万給付を!」とか、論陣を張って欲しいぜ。

何時来るか判らん、一人辺り10万円よりも、100万の給付は、「最も追い詰められた人々の多くを、路上に追い遣る危険性を最小限に出来る」のだからさ。

あ、我が家は、未だに、10万円の給付金の申請書も、ついでにアベノマスク(こっちは本当に要らねえ)も、届いてねーけどな。

30 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年05月27日 22:00
    こんばんは。
    今日持続化給付金で文春砲が出ていましたね。

    トラブル続出 コロナ「持続化給付金」を769億円で受注したのは“幽霊法人"だった
    https://bunshun.jp/articles/-/38064

    その前にもネットに有る情報だけでも、持続化給付金事業を請け負う『一般社団法人サービスデザイン推進協議会』に不審な点が多すぎる、と指摘されている方もいらっしゃいましたが。

    それにしても一世帯に2枚のアベノマスク(緊急事態宣言解除間際にやっと我が家に到着しました)の件と似ていて、時代劇の悪代官と悪徳商人みたいな世界がなかなか成敗されずにまかり通ってるんですね。。。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する