ホーム > mixiユーザー(id:23589482) > mixiユーザーの日記一覧 > 貧者の傍に寄添う者

mixiユーザー(id:23589482)

2019年12月02日21:04

246 view

貧者の傍に寄添う者

■猫に1日12時間以上照明をあてると… 大ブームの裏にある「地獄」とは?
(AERA dot. - 12月02日 17:00)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=173&from=diary&id=5886587

マイミクの皆様は既にご存知だと思うが、我が家には猫が三匹暮してる。一番上のお姉さんは「こつぶ」で白黒。妹は双子で、「こたつ」と「こぶり」で錆色。

たまに猫のご飯とか買いに行くコトあんだけど、基本的にスーパーとかが多い。生体販売をしてるショップは、絶対に利用したくねーのでな。

やっぱ観ると、切なく為るもんなあ・・・あんな小せえガラスケースの中に閉じ込められて、値札付けて売られてんので。

因みに家の猫は、皆雑種さ。我が家(人間は俺と嫁だけ)は、どーせ血統書無しの雑種だろうし、飼う生き物に、クルマの車検証みてーなの別に必要ねえしな。ったく相手は生き物で、工業製品ではねーのだからよ。

最初は、保健所で殺処分待ちの猫を保護しよーとも思ったけど、嫁の「どーせアンタの性格からして、その中の一匹を、絶対に選べないでしょ?」って言葉に納得が大いに行ったね。

嫁もそーだが、過去に着き合った女性すら、俺は、敢えて「大勢の中から選んだり、誰かとの競争の結果獲得した経験は皆無」でなあ。「知り合って、ウマが何となく合いそうだから、一緒に暮した」の日々だったから。

で、この三匹の猫との出逢いは、その親猫との偶然の出逢いに遡る。

母猫の名前は「たいちゃん」・・・名付けたのは嫁。理由は逢ったのが「体育の日」だったから。

勿論野良で、人間には絶対に懐かない。でも、嫁がご飯を玄関先に置くと、食べるよーに為った。

彼女はそしてアタマも良かったよ。近所に、野良猫捕まえて不妊手術に繋げるNPO遣ってるおばさんが居るのだが、絶対に捕獲機の餌は口にしなかったそーな。

で、半年に一度、誰かの子供身篭るんだが、野良の世界の生存競争は本当に過酷で、平均寿命は一説には2年。特に子猫は、他の成猫やカラスの餌食に為り易いので。

こつぶに出逢ったのは3年前の5月3日。天敵からライバルに襲われたんだろーな。玄関前に臍の緒が着いた儘の状態で、嫁が保護した。慌てて買った猫用哺乳瓶ではミルクが飲めず、スポイトで。ついでに、母猫と同じくれーの体温のお湯で、「ペットボトルお母さん」をこさえ、夫婦で交代で交換。俺の場合は、稼業(住宅リフォームの、飛込み営業)柄、テリ(商圏)を、当時自宅の隣町にして貰ったよ。5分以内で駆け付けられるよーにだが。

まあ、俺も野良みてーなもんだしな(苦笑)、

こたつとこぶりに出逢ったのは、去年の初夏さ。

小さい身体でよちよちと、たいちゃんの跡、懸命に歩いてたよ。こっちは二匹共、俺が保護した。恐らく、「この儘では夏を越せない」と思ったので。

保護時の体重は僅か200グラム・・・予防注射とかで駆け込んだ獣医は、「申し訳無いですが、生きれるかどーかは半々です」って、按配具合。

でも、俺達は、「絶対に生きられる」と信じてたよ。保護時に全長5cmのこつぶが、その頃には体重3キロだったのだから。

・・・で、お蔭様で、どいつもこいつも、今は体重3キロくれえと。

ま、この記事に関してだけどよ、俺は「法的に、生体販売を全面禁止すべき」と強く思う。犬猫、こんなにガス室で大量に殺してるなんざ、先進国では「日本だけ」なんでな。

でな、最近感じるのは、「猫は貧者の友かも知れん」と・・・この記事だかコラムでも、猫の総数が、犬のそれを上回ったのは、実はブームとかでは全然無く、「社会全体が相対的貧困に陥りつつ有る証拠」と、手前の眼には映ったからさ。

実は、猫って、犬とは違い、貧乏人との相性がすごく良いんだよ。

まずは、犬の様に吼えないから、「賃貸住宅でも、容易に飼育可能」でなあ。

稼業柄、持ち家のひとのお住まいでは、「圧倒的に、室内犬の割合が多い」んだよ。吼え声対策で、防音してる家は、最近増えたねえ。

そして、犬は、猫とは違い「犬種に拠っては、毎日の定期的な散歩を必要とする」ので。

な、こいつが毎日可能なのは、「定期的な就労と、安定した休日や福利厚生が保障された職種の割合が、どーしても多く為る」からさ。

詰まり、正社員や公務員の飼えるのが、「大半は犬」と為る。揶揄する積りは皆無だが、「飼い主と一緒に生きるが全ての価値観の動物」なんでなあ。

猫にはそれは皆無でな。飼い主不在なら、一日の大半は寝て過ごしてる。

帰宅しても、「構って欲しいの」なら、勝手に寄って来て甘えるよ。

吼え声とかで近隣の迷惑にも為らんし、散歩の必要も無い。

夫婦揃って非正規就労の我が家でも、「猫なら飼える」だと思うもんでな。

でな、重ねて抜かすけど、「生体販売は、他の先進国同様に、法律で禁止すべき」だよ。てーか、「こんな馬鹿みてーなコト、商売にして、恥ずかしくねーのか!」と、憤りすら覚えるもんで。

相手は、血統書の有無に関らず、「貧者の側に、黙って寄り添ってくれる存在」ならば尚更なんでねえ。


40 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月02日 22:19
    「猫は貧者の友」は言い得て妙ですね。私も非正規で働いてますが猫飼ってます。生体販売禁止も大賛成です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月03日 21:29
    詩人さん、はじめまして。ま、俺には「詩の才能は無い」んだけどねえ。てか。芸術的感性は、過去のろくでもねえ暮らしで、すっかり鈍磨したと思う。

    そのハンドルネームを名乗れる貴方が、心底羨ましいのでなあ。 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月03日 21:36
    K生逆天さん、こんばんは。実は我が家の猫達は、誰も去勢して無いんだ。

    三匹共雌だし、野良ではねーのだから、外の猫との繋がりも皆無なんでな。

    猫も「個体差は大きい」と思うよ。

    大丈夫!貴方は飼える。猫程相対的貧困に強いパートーナーを、俺は他に知らないのだからさ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月03日 21:44
    ユウ太チカさん、こんばんはですよ。猫をブランド化や値段で売買される社会は、「人間のブランド化や、効率で数値化される社会の、延長線上に生じた」と、俺は捉えてます。

    今、派遣社員とかは、「会社の経理上は、人件費でねーで材料費扱い」ですからね。

    「猫は野菜より量産が簡単」って、狂った発想は、そっから生じたんでしょーな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月04日 00:57
    こんばんは。少し前にこの記事と正反対の人々を描いた『犬部!』
    https://mixi.jp/view_item.pl?_consumer_from=iphone.web_browser&id=1379757
    という本を読みました。
    青森県にある北里大学獣医学部の学生たちが雨の日も雪の日も試験の日も動物たちの保護や譲渡をするというノンフィクションです。
    命の重さがひしひしと伝わってきて、私はペットを飼うのは無理だと思ってしまったのですが、でも、記事に書いてある人たちに爪の垢を煎じて飲ませたい人たちがたくさん出てきます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年12月04日 08:35
    ГАМИ(がみ)さん、おはよーですよ。獣医さんですか・・・以前、別な本で、犬猫を使った、「生体実験と云う名の、虐待」を読んで、衝撃を受けたコトが有ります。

    骨折の治療の為に、骨折させるとかですけどねえ。

    ま、ペットってーか、誰かと暮すのと変りませんよ。あとは「ご縁」だと思いますが。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する