ホーム > mixiユーザー(id:23589482) > mixiユーザーの日記一覧 > 生産性でもコストでも無く

mixiユーザー(id:23589482)

2019年01月10日18:33

211 view

生産性でもコストでも無く

■新出生前診断、施設の要件緩和する案 常勤医の態勢など
(朝日新聞デジタル - 01月10日 13:48)
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5451287

てーか、俺、この記事に寄せられたつぶやき見て(読む価値ねえし)心底ぞっとしてな。

障害抱えた子供産んだら、生産性もコストも半端ねえので、その前に堕します」って、社会は、「もし貴方が後遺障害抱えたら、生産性ゼロで見捨てられる社会」をも意味するので。

人生なんざ、大半の人には腐る程長えーので、誰だって事故や持病と無縁じゃねーのでな。

なもんで、障害者の居ない社会は実現不可能さ。だったら、「障害背負った人にも、平等に参画可能な社会こさえた方が、ずっと現実的」だよ。

てか、何の為に「社会保障制度が存在して、我等の税金で運営されてる」のかなんでな。

実は、社会的弱者に軸足を置いた社会は、「難しい誰かに優しいぶん、どなたもが生き易い」んで。

今、高福祉の北欧とかに、障害負ったお子さん連れて、移民する日本のお母さん、結構増えてるそーな。「日本じゃ、怖くて育てられないから」と。

で、この出生前診断を突き詰めちまうと、最終的には、「間違った優生思想からの、デザイナーズ・ベイビィ」とかに、辿り着き易いのでな。

「間引く」と、「もっと優れた子供」は、表裏一体さ。

恐らく、飛び付くのは富裕層。彼等は、「格差から階層社会への移行を望んでる」ので。そして対極には、膨大な数の、「投資家にだけ忠実で、何時でも遣い捨て可能で、自らの権利にすら気付かない、貧困層」を必要としてるので。

そー云えば、去年、映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観たんだが、感銘受けたのは大きく2点さ。

そいつは「優れた才能は、その出自を問わない」で、もーひとつは、「少しめんどくせー人だって、家族は構築出来る」だったから。
34 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月10日 21:24
    お疲れ様です。
    ボヘミアンラプソディーってそんな映画なんですね!見に行きます!面白そう!

    ナチスの優生学の再来みたいで怖い。それはもう神の領域だと思います。道徳的にダメだろ。吉田沙保里と室伏の子供なら見てみたいけと 笑

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月11日 08:04
    ★TAKAHITHUNDERS★さん、おはよ。彼の映画は、俺の知る限り「最大級の許容範囲での、壮大なホームドラマ」でも有るからね。

    音楽性も勿論素晴しいけど、フレディ・マーキュリーの「絶望と再起の物語」って側面も大きい。だから何度も観に行く人が居ると思うよ。

    俺は優生思想は根本的に間違ってると捉えてる。仮に、ヒトラーのDNAから、クローンをこさえても、世界恐慌や姪っ子の自殺とか無けりゃあ、ただの売れない風景画家だ。

    寧ろ、人は環境や経験とかの後天性の影響を受け易いからさ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月11日 17:27
    オヤジさま、こんばんはです。

    富裕層の人達ってどうして頭が悪くなってしまうのかいつも不思議です。
    例えば自分が遺伝子の配合具合って理由だけで両親から殺されたら嫌だろうなって予想する能力が欠落してる。まあ富裕層に限らず、たまにオヤジさまのとこに現れる勘違い系の超アホとかもそうですが。
    あ、でも↑こういう超アホも、後天的にそうなっちゃったってことなんですよね…だから不運な人でもあるのですね…

    私、性別の生み分けとかも、嫌な感じします。性別の如何によって子供を愛すか愛さないか決めるって事でしょう、頭おかしい…

    もし生み分けに失敗したら、「お前は私の失敗作、思い通りにならない奴、反抗的な奴」って思いながら育てるんですかね?!
    それをもし自分が親からやられたらどんなに嫌か、って相手の立場になって考えられない頭の貧しさ。

    頭の貧しさって本当にキツいものありますよね…
    頭が貧しくなってしまった人が頭が豊かになれるチャンスが沢山ある社会が良いです(*^_^*)

    だからこういう気付きの日記書いてくれるのがすごい平和を感じて嬉しいです。ありがとうございます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月11日 17:45
    あっぴーさん、こんばんはですよ。所謂ネトウヨみてーなのは、後天性よりも「実体験の少なさが大きい」と思いますよ。

    アタマの貧しさ以前に、「他者に対する想像性の欠落」でしょーか。

    前述の「ボヘミアン・ラプソディ」を観て思ったのは、主人公フレディ・マーキュリーの絶望の深さでさ。

    何せ、「世界の多くの女性を魅了する、その音楽的才能に恵まれながら、その中のたった一人とすら、関係を持てない」ので。

    ですから、俺にはこの映画は、「違った形での、そしてもっと大きな範囲での、家族の再構築の物語」に映りましたから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年01月12日 21:15
    赤☆マルさん、こんばんは。神奈川の大量殺傷事件に関しては、容疑者の脳味噌には、「政府に先駆けて」って妄想が有ったらしく、凶行前に、自民党の幹事長だか大臣に嘆願書出してるくれーなんで。俺なら、そんな手紙貰ったら即通報するけどね。「犯行声明だし、場所も書いて有る」ので。

    ま、自民党議員が、片っ端から「性的少数者は生産性が無い」や「暴飲暴食で身体壊したやつに、税金で人工透析受けさせるな」や「生活保護にフルスペックの人権を求められても」とか、暴言の痰壺状態だから。

    彼等のひとでなし発言の尻馬に乗って、今躓いてる人を、無意味な精神論で叩いても、その世論に乗じた社会保障の削減が進むだけ。

    そして、その人が「生産性が無いと判断されれば、棄民される」よ。誰だって、病むし老いるんだ。

    我等は連中のよーに「当選2回で、死ぬ迄議員年金とか貰えねえ」のだからさ。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する