mixiユーザー(id:23509930)

2018年01月20日17:55

871 view

ここ最近の撮影車両から

11〜12日の大雪から、はや1週間が過ぎました。
その後、高温と雨で雪解けは急ピッチで進み、20日17時の新潟市の積雪は2cmに。
最深積雪が80cm(12日)もあったのが、まるで嘘のようです。

西区の旧新潟市域(坂井輪・内野など)を中心にしばらく混乱が続いた市内のバスダイヤも、19日の同区区バス中野小屋ルート=新潟交通大堀線【W43】の運行再開でほぼ平常運行に戻ったようです。

一方の私。
年明け以降、引き続き多忙なこともあって趣味活動が停滞気味です。
空き時間を見つけることができたとしても、低気圧通過やら寒波やらで…。
来週も、強い寒波で大雪が長期間続く可能性ありとの気象予報も出ていますし。
せいぜい新潟市中心部に出られる程度、という状況が続くかもしれません。

さて本題。
この間に撮影できた新潟交通グループの一般乗合車両から何台か。
といっても、例によって今更なネタばかりですが。

まずはG1500-I(いすゞキュービックLV・KC-LV380Q)。
昨年11月の新車稼働開始を受け、新潟西部営業所から新潟南部営業所に転属しました。
気がつけば、新潟交通本体では風前の灯となった前後扉車のうちの1台に。
*1月11日撮影、新潟駅南口10:52発→大江山連絡所前11:25着【S63】にて
フォト


こちらは、新潟200か862(三菱KC-MP217M、元・阪急バス)。
新潟交通観光バス京ヶ瀬営業所に所属の車両です。
僚車の861に続き、このほど方向幕からLED式行先表示器に交換されました。
*1月19日撮影、秋葉区役所前10:30発→万代シテイ11:44着【S94】にて
フォト


最後に、内野営業所所属の新潟200か1039(三菱ふそうエアロスター・QKG-MP38FM)。
同型式・同年式で新潟南部営業所所属の1032を以前ご覧に入れましたが、1039も同じくJA共済連新潟(全国共済農業協同組合連合会新潟県本部)のフルラッピング広告が施されています。
1032は非公式側しか撮影できなかったので、こちらは公式側を。
*1月19日撮影、新潟駅前15:58発→新大西門16:48着【W21】にて
フォト


10 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年01月21日 19:45
    862の画像、乗務員は予想通り
    でした、前からのアングルありがとうございます
    1039もフルラッピングになり
    文字どおり、1037〜の内野エアロスターは
    1044のみ手付かずな状態ですね

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する