mixiユーザー(id:2350963)

2016年05月27日01:43

114 view

研修生が


ベテランと一緒に窓口に立って接客をしてた。
緊張してるのが直ぐに分かる。
性別関係無くいきなり接客で相手を前にしてしっかり声が出せるかと行ったらどれ位の人が出来るのかな。

自分も初めて楽器屋さんでバイトした時は全然声が出てなかった。
前にも書いたかもしれないけど、「いらっしゃいませ!」がちゃんと発声出来なかった。
でも回数を重ね時間が経てばしっかりと声が出るようになった。
か細い声からきちんと発声される声。

ドラムも演奏が始まる前に曲のテンポを出す時にカウントを言う。
狭い場所ならたいしてデカイ声は必要ないけど、ホールとかアリーナとかで肉声カウントが必要な時はバカでかい声量が必要になる。

コンピュータで全員がイヤモニの環境であればドラマーがカウントを出す事は殆どない。てか少なくなった。
総てが生身の人間がやっている現場であれば大概がドラマーがテンポ出しのカウントを出す。
指揮者が居れば指揮棒や指揮者の出すテンポを見ておっ始める。

声が小さいとカウントも隅々迄聞こえないのでスタートを逃す人も出てくる。ましてや会場のお客さんが最高に盛り上がっている時に
小さな声では誰にも伝わらないし始まらない。
そんな時に恥ずかしがっていては駄目なんです。
デカイ声でカウントを言う。

そんな私は、身長も身体も小さいですがいざという時の声はデカイです。

何の話?
28 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する