mixiユーザー(id:2319045)

2020年09月22日16:48

39 view

2対6対2の法則

アリを観察していると、よく働くのが2割、普通が6割、さぼっているのが2割。
では、よく働くアリだけで1つのグループにしたらこれも2対6対2の比率に分かれてしまう。
さぼっているアリだけを1つのグループにしてもやはり、2対6対2の比率になってしまう。
これは、普遍の法則で当然人間にも当てはまるとされています。
ここで私が面白いと思ったのは以下のことです。
・最近の研究では、さぼっているとされている2割は「よく働く2割のサポート」をすると聞いてなるほどと感心しました。
・全員が働いていたら、全員が疲労して仕事できなくなった時に巣が壊れたり、敵が攻めてきた時に、巣を守るアリがいないので、2割は普段はさほど働かない。
・よく働く2割が疲労したら、その分の仕事はさぼっているとされたアリが代わりに行う。
以下を参照してください。

https://www.japan-parkranger.com/%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/%E8%87%AA%E7%84%B6%E3%81%AE%E4%B8%8D%E6%80%9D%E8%AD%B0%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC/no-4-%E6%9C%AC%E5%BD%93%E3%81%AB%E5%83%8D%E3%81%8D%E3%82%A2%E3%83%AA%E3%81%AE%EF%BC%92%E5%89%B2%E3%81%AF%E3%82%B5%E3%83%9C%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B/

しかし、私はそこで”オヤ”と思いました。
・この法則は人間にも当てはまるという話だけど、そうなると人間には当てはまらないのではないか。
・人間の場合、会社での仕事を例に挙げると、パソコンを使った集計、統計、分析をする作業を行う部署において・・・
・よく働く2割の人は「エクセルで集計などお手のもの、その数字を分析して傾向を割り出すのもお任せください」というレベル
・あまり働かない2割は「自分が数値を集計するときに使うのは計算機と紙と定規とボールペンだけ、分析なんてとても無理」というレベル
・営業において・・
・よく働く2割の人は「自分の足で普段から営業して、100社以上営業する顧客がいます」というレベル
・あまり働かない2割は「営業は苦手で顧客など片手で数えられるくらいしかいない」というレベル

このようにレベルに差がある場合、よく働く2割が突然のケガなどで半年間職場を離れるなどした場合、あまり働かない2割がその代わりはできない気がするので、2対6対2の最新の研究結果は人間には当てはまらないような気がします。
1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月22日 23:43
    とみーさんの意見に賛同します。アリと人間全く性質が違いますから、普遍の法則は間違っています。
    ただおそらく、この法則を唱えている人は会社社会ではなく、もう少しレベルの低い小学校のクラス単位のレベルのことを指していっていると思います。小学生ならさほど能力に差がありませんから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月25日 06:15
    伊集院さん。ありがとうございます。そうですね。小学校なり、中学校での勉強ではない単純作業的な作業を考えると人間にも当てはまるかなと思いました。単純作業を念頭に置いたものとして考えれば納得できる話です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する