mixiユーザー(id:2319045)

2011年10月29日23:14

7 view

東京23区はチャンスですよ

■市長失言引き金、東京・小金井のゴミ収集危機
(読売新聞 - 10月29日 14:42)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1794057&media_id=20

結論から言いますと東京23区なら受け入れる可能性があると考えられるので交渉してみてはいかかでしょうか。

東京23区のゴミ事情と言いますとバブル経済の頃はゴミの量は多く清掃工場の処理能力を超えるくらい出ていたのでかなりのゴミが焼却されずに埋め立てられていたと聞いたことがあります。
そこで東京23区は清掃工場を新設したりでゴミの焼却能力を上げましたが今度はバブル崩壊後の不景気でゴミの量が減ってしまい清掃工場も稼働が少なくなって困る事態になったそうです。
また清掃工場で作られる電気により得られる収入も少なくなりやはり清掃工場を悩ませています。

東京23区の清掃工場の焼却能力と実際のゴミ量については以下を参照

http://www.k4.dion.ne.jp/~ecobag/23kugomi/pdf/syoukyakunouryoku-42.pdf#search='東京23区 清掃工場の能力'

そこでゴミ量を増やすために2008年から東京23区ではプラスチックを燃えるゴミとして焼却するようになったそうです。プラスチックの焼却により埋立地の寿命を長くすることができ、焼却量が増えれば発電量も増えて増収になり良いことづくめです。

プラスチックを焼却するようになって発電による収入が11億円増えたという話は以下を参照

http://www.union.tokyo23-seisou.lg.jp/thermal/data/220930honpen.pdf#search='東京23区プラスチック焼却で増収'

東京23区なら清掃工場の処理能力に余裕があり、焼却による発電による収入増にもなるのでむしろ東京23区のほうが小金井市のゴミを欲しがる気がしますので交渉してみてはどうでしょう。


3 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年10月30日 04:17
    ニュースから。
    いくら他の自治体のゴミを受け入れられる状況にあるとは言っても、無料で受け入れたいものですか?

    小金井市の場合、要約すると、自分の所に処理場作るの嫌だ。だからと言って、ゴミ処理の委託料金払うのは、もっと嫌!なんですが…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年10月30日 09:30
    甘のぐろちゃん。ありがとうございます。
    私がこのニュースを見た時の解釈は小金井市長は他の市にゴミ処理を頼むのは「ムダ」と言ったが、他の市から「それなら小金井市のゴミは受け入れない」と言われて現実を自覚し謝罪行脚しているとというものでした。
    現実に目覚めて金を払ってゴミの処理をお願いする気持ちがあるのなら受け入れないと言っている他の市よりも東京23区と交渉すべきではないかと私は思いました。

    また甘のぐろさんのように小金井市は金を払うこと自体が嫌だという意見もあります。

    ネットによると以下のような意見もあります。
    もしかして小金井市長の真意が以下のようなものなら今回は報道による真意のねじまげと思います。

    「小金井市の可燃ごみ処理は、市内の焼却場が老朽化により廃止されたため、自前のごみ焼却場を持たず、2007年4月以降は周辺自治体と1年ごとに契約を結び、焼却してもらう綱渡り状態が続いています。

    ちなみに、昨年度は多摩川衛生組合(稲城、狛江、府中、国立市)、昭島市、八王子市、日野市に処理をお願いしています。

    ところが、この新市長は、選挙時に、この周辺自治体への委託費を、「ムダ使い」「ごみ処理4年間で20億円」などと選挙戦で主張し、2007年度以降の可燃ごみ処理費増を批判したとして、周辺自治体(昭島市も含む)は態度を硬化。

    小金井市が排出する今年度分のごみ処理の委託先が、いまだに決まらない状況に陥っています。


    しかし、この「無駄使い」発言、「真意は違う」という意見があるようです。

    佐藤市長は、街頭演説の際には必ず、「お世話になっている自治体に対しては大変申し訳ない」として話をしていたそうです。

    その上で、

    「(周辺自治体への委託費を“ムダ使い”としたのではなく)ちゃんと前もって未来のごみ処理について計画してこなかった稲葉市政への批判であり、これはムダ使いではないか」

    といった主旨の事を語り、

    「一般市民はそう受け取っているのではないか」

    という小金井市民の方からのご意見でした。


    また、別の方は、

    「なにもせずに広域支援に頼るほかないところまで追い込まれたのが前稲葉市政の最大の失政。
    結果、広域支援は運搬費を始め、処理費用が毎年5億円も高くついた。
    そのことを20億円のムダと言ったのだが、文脈を故意に捻じ曲げ、広域支援での処理そのものを“ムダ”と言ったと称して、佐藤市長を攻撃している」

    と言っております。」

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年10月30日 11:17
    「これを機に合併」という選択もあると思います。
    地方に比べて、三大都市圏は自治体の規模が小規模です。

    例えば、小金井市役所から見ると、府中・国分寺・小平・西東京の各市役所は約4劼靴離れておらず、”単独市制を続けることが効率的なのか?”と思いました。
    (地元ではないので、市民感情の違い等の詳しい事情はわかりませんが…)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年10月30日 18:59
    鉄っちゃん。ありがとうございます。
    平成の大合併は終わりましたが、東京の市は規模が小さいのでごみ処理などは合併状態でやる方法の検討も良いかもしれないと思いました。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する