ホーム > mixiユーザー(id:22841595) > mixiユーザーの日記一覧 > 摘出してよい臓器の手術

mixiユーザー(id:22841595)

2020年01月12日00:25

70 view

摘出してよい臓器の手術

 今日は、日本血液銀行協会が、1967年にその年の4月から売血を全廃し預血のみにする方針を決定した日です。
 同協会がこの日までにそう決定してくれていたことは、私にとって幸運でした。というのは、それから1年も経たないうちに、私は扁桃を摘出する手術を受けたからです。もし、あの時の手術の結果、私に輸血が必要になり、その輸血に使われる血液が売血によるものであったとすれば、私は肝炎や梅毒になっていたかもしれません。
 実際、売血の安全性はかなり低く、以前こちらの日記(https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1965646162&owner_id=22841595)でも指摘したとおり、米国のライシャワー駐日大使などは、統合失調症の日本人青年にナイフで太ももを刺されて、そのときの輸血がもとで、肝炎になってしまいました(1964)。また、こちらの日記(https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1935584450&owner_id=22841595)で触れた「東大病院輸血梅毒事件」も売血の輸血が原因になったものです。
 もっとも、扁桃摘出の手術自体は、耳鼻咽喉科の手術のなかでも難易度が低く、日常的に行われる頻度が最も高い手術のひとつなのだそうです。若手医師が最初に習得する手術のひとつでもあり、耳鼻咽喉科の常勤医がいる施設ならば全国どこでも行うことができることからも、手術の安全性は高いといえます。なので、輸血が必要になることはめったにないのですが、皆無というわけではなく、実際私と同日に同じ手術を受けた別の患者さんには輸血が必要になったと聞いています。
 ただ、小学2年生だった当時の私は、手術というものが怖くて、怖くて、輸血どころの騒ぎではありませんでした。一人で担架みたいなベッドに乗せられて、メスを手にした不気味な医師たちがいる手術室に送り込まれ、手術室特有のライトを下から見上げることになったときにはもうパニックでした。思いっきり力いっぱい泣きわめこうとしたら、なぜか急に意識が遠のき(全身麻酔のガスを吸引させられたのです。いい匂いでした)、気がついた時には、すでに手術は終わっていました(この手術は、だいたい1時間もあれば終了するらしいです)。
 でも、喉に痛みがあり、数日間はまともに喋れず、何回か血痰を吐いた記憶があります(これがひどかったりすると、輸血が必要になるらしいです)。
 ところで、先ほどから、当たり前のように摘出、摘出と言っていますが、扁桃はそんなに簡単に摘出してしまっても大丈夫なのかという疑問が生じるかもしれません。でも、これは全く問題ないらしいです。
 扁桃は免疫組織と感染臓器としての二面性を持つ臓器なのだそうですが、扁桃が免疫組織としての役割を果たすのは、全身の免疫機能が獲得される1歳頃までのことで、全身の免疫機能が確立されている成人にとっては、扁桃は細菌やウイルスの棲家となりやすい感染臓器でしかないそうです(時には、扁桃肥大により睡眠時無呼吸症候群などの病気が引き起こされることもある)。なので、扁桃はむしろ摘出した方がいいくらいの臓器なので、摘出して正解でした(あんなに手術を怖がったくせに、摘出してしまえばこっちのものですわーい(嬉しい顔))。
4 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月12日 08:35
    15年ほど前になくなった私の父の死因は
    肝炎からの肝硬変でした。
    肝炎になった理由は、ハッキリとは分からないけれど
    若い頃に受けた盲腸の手術ではなかったかと主治医に言われました。
    昔は売血や手術用具の使い回しなど、当たり前だったのでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月12日 08:54
    > mixiユーザー 

     お父様、気の毒でしたね。
     私の母方の祖母も、予防注射の針の使いまわしが原因で、肝炎になり苦しみました(直接の死因にはならなかったようですが)
     先日のNHKスペシャルでも触れられていましたが、前回の東京オリンピック当時の日本はまだまだ貧しくて、売血によって生計を立てざるを得なかった人々もいっぱいいたようです。そのため、「黄色い血」などという言葉が生まれたほどですね。売血を頻繁に繰り返した血液は赤血球回復が追いつかず、赤血球数が減少して血液は血漿が大部分となり、血液が黄色っぽくなることから、こう名付けられたということです。
     売血が禁止されて、本当に良かったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月15日 06:53
    うーん。それで生活苦から逃れてた人もいるから難しいです。今も?

    またライシャワー氏は「売血」が輸血されたとハッキリとしているのでしょうか?無知で詳細わからずにいます。

    献血は私は手帳一杯になるまでしましたが。売血経験はありませんが。食事前に行った時、「何かたべてから来てください」と血圧かなんかの問題で弾かれました。

    売血にしろ献血にしろ事前に検査をしっかりすれば良いのかな?と。

    今はマイナンバーもあるから、一人あたりの時間帯あたりの適正数出せるのではとも思いますが。



  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年01月15日 17:22
    > mixiユーザー 

     ライシャワーさんの件では、売血であったことに疑義をはさんでいる文献には今のところお目にかかったことはないですね。
     売血は少なくとも、1967年当時は禁止すべきものであったと思います。たとえ生きるためであったとしても、輸血を受ける人(売血した人に攻撃を加えたわけでもない人)を肝炎、梅毒等に感染させていい権利は誰にも認められないからです。
     東大病院輸血梅毒事件について触れた日記でも述べたとおり、当時の売血にも梅毒等の検査はあったのですが、結果が判明するまでにまる一日以上はかかったそうで、検査を受けてから検査結果が判明して売血されるまでの時間が非常に長かったため、その間に感染していた売血者が非常に多かったそうです。
     もっとも、それなら検査結果がすぐわかるようになった今なら、売血やってもいいじゃないか、実際、血液不足は献血では解消されておらず、日本は輸血用血液を輸入に頼っているのだから、なおさらではないかと思われたかもしれなせん。
     確かに、事実上のものも含めれば、売血は現在、中国、米国をはじめ数多くの国で実施されています。安全性の点では以前とは比べ物にならないくらい改善されているのだろうと思います。
     ただ、お金が絡むと人は変わります。カネのためなら何でもやりかねないのが人間です。実際、中国では、殴る蹴るの暴行を加えて言いなりになった人に売血させてカネを分捕ったという事件もあったと聞きます。
     まぁ、その程度のことは売血料金を低く抑えれば防げるのかもしれませんが、売血を今の時代に認めるにしても、相当の慎重さが要求されると思います。マイナンバーが制度化された程度ではむりでしょう。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する