mixiユーザー(id:22347840)

日記一覧

「怪獣フィギュア2体使ってベムラーを造る6」(題名代えました)(笑) 胴体・尻尾部分の腹側のカッパー(銅色、ラッカー系を使用。少し艦底色を混ぜてある。SDエイリアンの頭を塗る時に作った色)はミニミニサイズのベムラーを使用して試すことにする。 列べてみる

続きを読む

「ベムラーを造る5」1.ベムラーの基本色は銅色であるが、頭部や背部は黒色のようである。しかし真っ黒では芸が無いのでジャーマングリーンを選んだ。黒に近い暗い緑色である。あんまり暗い色なので黒色のウォッシング(ウェザリング((汚し塗装の第一段階、墨流し

続きを読む

 今夜のヤモさんは尻尾だけしか見せてくれない(笑)。

続きを読む

(C)円谷プロ1.ネットの画像検索でベムラーの写真等をチェックする。解った!頭のトゲトゲが無いからベムラーらしくないんである。2.0.3mmプラ板の端切れを適当に切り、ベムラーの頭部にナイフで切れ込みを入れプラ板のトゲトゲを差し込み見ると!ぐっとベムラ

続きを読む

「ベムラーを造る3」 さて昨晩「肩の位置を変更する」を選んだのだが、一回目失敗した(泣)。左右で肩の高さが違うんである。しかも微妙に2mm(笑)。肩の取付けピンの直径より小さい。この場合は一回穴を塞ぐしかない。ほぼ3mm径のランナーを(前回開けた穴も)埋め

続きを読む

「ベムラーを造る2」1.サーフェイサーを塗る。2.ひたすら腹部・尻尾等の鱗彫り(スジ彫り)をする。3.何回目か?のサーフェイサーを塗る。やっぱり肩の位置が気になり、やり直すか考える…。 おお!何と言うことか。ドローイングを忘れておった。しかも二日間!!!

続きを読む

「ベムラー」を造る1.ミニサイズのベムラー(「サンシャインウルトラマン」)の手足を削り取り、サーフェイサーを塗って置く。ウルトラ将棋駒サイズのゴモラのから顔面・角・登頂部を削り取った後、8mmプラパイプを3mmに切断しゴモラの登頂部に瞬間接着剤(以後「瞬接」

続きを読む

 今日の日記は一時間半掛けて書き上げ、アップする寸前、操作ミスで全消去してしまいました。バックアップを取る前だったので書き直す気合いも無く、明日再挑戦します。写真を見てご想像ください(泣)。

続きを読む

 今日は怪獣篇。先ずは「ジラース」。ウルトラマンで怪獣の着ぐるみ製作が追い付かなくなった円谷プロで、古くて使われなくなった「ゴジラ」に襟巻きを付けてジラースが生れたのは有名な話。東宝怪獣モノの100円ガチャポンシリーズのゴジラ(あんまり可愛くない)

続きを読む

 昨日の絵日記はろくでもなかったので、挽回を図る。ガチャポンのSDウルトラマンシリーズで出なかった(発売されなかった)ウルトラマンなり怪獣を作ってしまおう、という作戦である。 先ずはウルトラマンエースとウルトラマンタロウ。200円ガチャポンのシリ

続きを読む

 昨日は朝からプラカラー(タミヤカラーエナメル塗料フラットブラック)の小瓶を倒し机の上真っ黒。悔しいのでヘラで集めてスポイトで瓶に戻して(やるせないし時間掛かるし、メゲる)拭き取る量は最少にした。エナメルシンナーは乾きが遅くいつまでもベタつき匂

続きを読む

 今日目覚めたら午後3時だった!ショックを受けて時計をよく見たら午前9時だったのでホッとした(何が?)。 寝過ぎである。昨夜は午前1時に眠ったのだから八時間睡眠か。普通かな?(笑)  で、ウルトラ将棋である。何故か知らんけど。昨日の日記で"ag"さ

続きを読む

 今日は透明水彩だけでなくアクリル絵の具のグロス(つや有り)を使った為、照明で光ってしまい撮影は失敗(泣)。 ミニチュアSD(スーパーディフォルメ)フィギュアは、ウルトラセブンのカプセル怪獣「ウィンダム」君。固定ポーズだったのだが、私の手にかかると可

続きを読む

  つまるところ「絵を描こう、と、描くまい、と」等価でしかない。 「描かない絵描きは只のブタだ」と以前書いたが、所詮「絵描き」と「ブタ」は同じことの喩え、「働かない」で「飯を喰らう」ことでは全く同じなのだ。

続きを読む

 つまり、何が言いたいのか?「描く」と云う行為から「何々を表現したい」という作為を消滅させること。「表現」という芸術的行為から目的(制作意図やら制作欲求)を無くし「表現」を"生"から乖離させること。 「表現」することから『表現からは何も産み出せない』とい

続きを読む

 おおげさな題名を付けてしまったけど、たいした意味はない。つまり「最初から大きな"狙い"を気取ると後で困るので、絵は気楽に描き始めるのが良いですよ」といった心構えについて言いたかっただけです(爆)。 紙はマルマンのヴィフアール水彩紙(荒目)、絵の具

続きを読む

 約1ヶ月ぶりにドローイングしてみた(透明固形水彩絵の具)。利き腕の右手がまるで自分の手ではないような不自由さを覚えた。ウルトラ将棋の駒など彩色したりして弄っていたから腕は鈍っていないと思っていたら…。 1ヶ月は長過ぎた。反省しきり(泣)。 もう

続きを読む

 ジャ、ジャ、ジャーン!遂に買ってしまった!全高35cmの「ビグザム(MS IN ACTION !!)」。ノンスケールだが概算すると約1/200スケールになる。とにかくデカイ!普段は置場もないので部屋の角にあるが、出すと凄い。クィン・マンサなんか小さく見えちゃう。  今

続きを読む

 東宝怪獣の"馘"にしたはずのホワイトコングだが、写真のようにカプセルにぴったりで、なんだか棄てがたいんだよね。可愛さでいくとブラックコングの方が勝っているのだけど、何と言うか愛嬌があるので悩んでいる。「キングコング」の座はどちらがモノにするの

続きを読む

 10円ガチャポンは立派な(?)対空戦車とミサイル戦車になったので1/200スケールのザクMS-06J(HCM-Pro)と記念撮影。なかなかカッコよい(自画自讃)(笑)。 裏側は手抜きですね(爆)。

続きを読む

 今日は一日こんなもの弄っていた。昔懐かしい10円ガチャポンの「対空戦車」と「装甲車」、とプラモデルのジャンクパーツを使った「戦闘車両輸送機」(SFです)。スケールは約1/200。この「きん肉マン消しゴム」みたいなミニチュアが塗装ひとつで、あっと驚くリアルな

続きを読む

 怪獣・異星人側のカプセル怪獣です。敵のウルトラマンは何と言う名か忘れた(笑)。「ツインテール」は「成る」時どうするのでしょう?(爆) 次が今回計画している「東宝・大映怪獣」乱入のメンバーです。「モスラ」の羽の裏の紋様が分からず困っております(笑)。背の低

続きを読む

 次は怪獣・異星人勢揃い。繰り返しますが各々の名前は分かりますね。 その次は「カプセル怪獣」です。前列セブンの部下「ウィンダム」「ミクラス」「アギラ」後列はウルトラマンの同僚たち。「セブン上司」がセブンと同じなので判りにくいですね(笑)。 敵陣に入ると

続きを読む

 これ将棋盤に較べて駒の箱がやけに大きい。ウルトラ将棋です。 まずは王将・玉将。元のSD(スーパー・ディフォルメ)ウルトラマンとプラモのおまけのバルタン星人と改造後の駒。迫力が違う!(笑) 次にウルトラマン側の駒整列。名前分かりますか?続く

続きを読む

 連休一日目、こんなもの作っていた。20年ぐらい前の100円ガチャポンで「ウルトラマン」や「東宝怪獣」のデフォルメ怪獣を売っていたんである。ウルトラマンがシリーズ2まであって8×2=16種、東宝怪獣もシリーズ2あって8×2=16種(こちらはあまりやらなかったけど

続きを読む