mixiユーザー(id:22347840)

2021年03月25日03:38

55 view

絵のない日記2021/3/24(水)ファーストコンタクト・テーマ

フォト


フォト


フォト











 一昨日、昨日、そして今夜、いわゆる<異星人とのファースト・コンタクト>テーマのSF映画を続けて観賞したので、報告します。
 3作品の共通点は主人公が「女性科学者」ということ。アプローチが違うと、こんなに味わいの異なる映画が出来てしまう、という好例であります。
*パッケージ画像、および内容紹介は全て(公平を期する為)Amazonのサイトからの引用です。

>プロメテウス<日本語吹替完声版>3枚組 コレクターズ・ブルーレイBOX [Blu-ray]

内容紹介
吹替の帝王 第18弾!
リドリー・スコットが挑んだ『エイリアン』の原点に、「ザ・シネマ」佐古真弓 新録版吹替を収録して新登場!

<特典>
※全てブルーレイディスクのみの収録特典
【2Dブルーレイ(通常版)】
●リドリー・スコット(監督/製作)による音声解説
●ジョン・スペイツ(脚本)とデイモン・リンデロフ(脚本/製作総指揮)による音声解説
●未公開シーン集 ピエトロ・スカリア(編集)とリチャード・スタマーズ(視覚効果監修)による音声解説付き
●ピーター・ウェイランドの記録
●プロメテウス-モバイル・アプリケーション
●BD-LIVE特典
※全てブルーレイディスクのみの収録特典
【特典ブルーレイ】
●ドキュメンタリー:『プロメテウス』 怒れる神々
 ―エンハンスメント・モード
 ―エンハンスメント・ポッド
●ウェイランド社アーカイブ
 ―プリ・プロダクション
 ・プロメテウスの美術
 ・プレビズ
 ―製作
 ・スクリーンテスト(1種はコメンタリー付き)
 ・ジャガーノート:コマ撮り(コメンタリー付き)
 ・ユニット撮影
 ―劇場公開
 ・マーケティング・ギャラリー
 ・予告編&TVスポット集
 ・プロモーション映像集
 ・撮影の舞台裏
 ―プロメテウス ― モバイル・アプリケーション

<ポイント>
●ソフト版に加え、新録された「ザ・シネマ」版吹替音声を初収録!
(1)ザ・シネマ 佐古真弓版 【初収録】
(2)ソフト版 剛力彩芽版
●吹替の帝王名物! ザ・シネマ版 吹替台本(復刻・縮刷)封入!
●ザ・シネマ版でノオミ・ラパスの声を担当する佐古真弓の貴重なインタビュー集を封入!
●吹替の帝王ブルーレイに通常版ブルーレイ、特典ブルーレイを加えた3枚組! 特典映像も楽しめる!

<ストーリー>
科学者エリザベスが、地球上の時代も場所も異なる複数の古代遺跡から共通のサインを発見した。それを知的生命体からの<招待状>と分析した彼女は、巨大企業ウェイランド社が出資した宇宙船プロメテウス号で地球を旅立つ。2年以上の航海を経て未知の惑星にたどり着いたエリザベスは、冷徹な女性監督官ヴィッカーズ、精巧なアンドロイドのデヴィッドらとともに砂漠の大地にそびえ立つ遺跡のような建造物の調査を開始する。やがて遺跡の奥に足を踏み入れたエリザベスは、地球上の科学の常識では計り知れない驚愕の真実を目の当たりにするのだった……。

<キャスト&スタッフ>
エリザベス・ショウ博士…ノオミ・ラパス(佐古真弓/剛力彩芽)
デヴィッド…マイケル・ファスベンダー(宮本 充)
ピーター・ウェイランド…ガイ・ピアース(佐々木薫/納谷六朗)
メレディス・ヴィッカーズ…シャーリーズ・セロン(本田貴子/深見梨加)

監督:リドリー・スコット
脚本:ジョン・スペイツ/デイモン・リンデロフ
製作:リドリー・スコット/デイビッド・ガイラー/ウォルター・ヒル

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:石原千麻

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
リドリー・スコット監督が『エイリアン』の原点を描いたSFアクション。地球上の時代も場所も異なる複数の古代遺跡から共通のサインを発見した科学者・エリザベスは、人類の起源の謎に迫るため宇宙船・プロメテウスで地球を旅立つ。

内容(「Oricon」データベースより)
『エイリアン』の原点―。全ての謎が明らかに!リドリー・スコットが挑んだ新たなSF金字塔!決して触れてはならなかった <人類の起源> の謎。その真実に迫る時、人類滅亡の危機のカウントダウンが始まり、すべての謎が解き明かされる…。


 「エイリアン・シリーズ」の謎が全て解ける、というのは嘘です。注意が必要。DVDは持っているのだが、■力彩芽の吹替があまりに下手っぴいで観るに耐えないので、Blu-rayに買い換える時に、プロの俳優によるものにしました。ちょっとお高かったけど、満足(私は「絵コンテ集」とか「台本」付きに弱い)(笑)。日本語吹替で観れました。めでたしめでたし♪


>メッセージ [Blu-ray] (原題:Arrival)

内容紹介
時空を超えるラストに至る巧みな展開と、「時間」「言語」をめぐる深遠なテーマ・・・あの感動をご自宅で何度でも!

<ストーリー>
突如地上に降り立った巨大な宇宙船。
謎の知的生命体と意思の疎通をはかるために軍に雇われた言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)は、物理学者イアン(ジェレミー・レナー)とともに、“彼ら"が人類に何を伝えようとしているのかを探っていく。
そして、その言語の謎が解けたとき、彼らが地球にやってきた驚くべき真相と、人類に向けた美しくもせつないラストメッセージが明らかになる――

<キャスト>
ルイーズ・バンクス:エイミー・アダムス(中村千絵)
イアン・ドネリー:ジェレミー・レナー(加瀬康之)
ウェバー大佐:フォレスト・ウィテカー(立木文彦)

<映像特典> (計 約81分)
●新しいSF:「メッセージ」が伝えるもの
●特徴的な音響:サウンド・デザイン
★無限のループ:音楽
★自由な発想:編集のプロセス
★原作者テッド・チャンによる解説:時と記憶と言語の原理

<ポイント>
●鬼才による傑作SFの誕生!
・2017年最大の話題作『ブレードランナー2049』 『ボーダーライン』のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督作。
『未知との遭遇』(1977)『コンタクト』(1997)に続く「ファーストコンタクト」SFジャンルに新たな傑作が誕生。

●世界が絶賛&国内でも口コミで反響が広がり大ヒットを記録。
・アカデミー賞8部門ノミネート(音響編集賞受賞/作品賞・監督賞・脚色賞・撮影賞・美術賞ほかノミネート)
・映像化不可能といわれた原作小説「あなたの人生の物語」(テッド・チャン著)を見事に映画化!
・日本でもクリエイター、評論家がこぞって絶賛!

●劇場騒然。謎が解けていく巧みな展開と予想外のラスト!
・宇宙船、生命体ヘプタポッド、そして彼らの「文字」。誰も見たことがないユニークで斬新なビジュアル!
・「言語」「時間」「人類愛」「家族愛」・・・普遍的で深遠なテーマが観る者すべての心を打つ!
・ルイーズの人生をめぐる意外な事実が明らかになるラストの仕掛けに騒然!

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督によるSFドラマ。巨大な宇宙船が突如地上に降り立った。謎の知的生命体と意思の疎通を図るため軍に雇われた言語学者・ルイーズは、彼らが人類に何を伝えようとしているのかを探っていく。

内容(「Oricon」データベースより)
ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が贈る異色のSF作品。突如地上に降り立った巨大な宇宙船。謎の知的生命体と意思の疎通をはかるため雇われた言語学者のルイーズは、物理学者イアンとともに“彼ら”が人類に何を伝えようとしているのかを探っていく。そしてその言語の謎が解けたとき、彼らが地球にやってきた驚くべき真相と、人類に向けたラストメッセージが明らかになる…。


 例の「柿の種」「米菓ばかうけ」そっくりなUFOで評判になった映画。これは初見(原作小説買ったけど読んでなかった。ハヤカワ文庫SF)。感動的なラストです。ネタバレしちゃうと、この異星人はカート・ヴォネガットの「スローターハウス5(旧題:屠殺場五号)」のトラファガルマー星人(でしたっけ?)と(その主人公と)同様に、地球人類が「直線的時間軸でしか生きられない」のと異なり「無数の時間点で生きている」という所。ルイーズ博士も影響を受け…。これ位にしておきましょう(笑)。


>コンタクト [Blu-ray]

内容紹介
それは、宇宙の声からはじまった。

電波天文学者エリナー”エリー”・アロウェイ博士は、幼い頃からある答えを求めて続けてきた。
「なぜ、我々はここにいるのか。我々はいったい何者なのか」。
やがて、そんな彼女の願いが本当に天に届いたかのように、そのメッセージは宇宙から送られてきた。

科学者として、女性として、人間として、エリーはたった一人でそのメッセージに答える決心をする。
大宇宙を舞台に、人間の存在について考える、人間のための物語。
原作はカール・セーガンのベストセラー小説。

【映像特典(約43分)】
特殊効果:オープニング
特殊効果:マシンの爆発
特殊効果:ハリヤー戦闘機の着陸
特殊効果:高速度合成
コンピュータ映像:マシンの始動
コンピュータ映像:ハデンの飛行機
コンピュータ映像:NASA司令室
予告編集:予告編#1、予告編#2

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
地球外知的生命体と人類の接触を描いたカール・セーガンのベストセラー小説をロバート・ゼメキス監督が映画化したSFドラマ。ある日、電波天文学者・エリーら研究チームは、未知の電波をキャッチし…。

内容(「Oricon」データベースより)
地球外生命体の存在を信じていた女性天文学者が未知なる世界への旅に出る、ジョディー・フォスター主演で贈るSF大作。

出演者について
ジョディ・フォスター:ドクター・エリナー”エリナ”・アロウォイ
マシュー・マコノヒー:パーマー・ジョス
ジョン・ハート:S・R・ハデン
ジェイムズ・ウッズ:マイケル・キッツ
デイビッド・モース:デッド・アロウェイ


 これも感動的ですね。物語初めは、地味なSFだなぁと観ているうちにあれよあれよとスペクタクルになり、あっと驚くラストを迎えます。ジョディ・フォスター・ファンM.Mazoさんお薦め映画です(笑)。

 今回3作品観比べて甲乙付け難いんだけど、無理やり順位をつけると、「メッセージ」「コンタクト」「プロメテウス」の順になります(あくまで私的に!)
 明日は「第3種接近遭遇?」を描いた歴史的名作、スピルバーグの「未知との遭遇」Blu-ray-BOXが届くので楽しみであります。しかしスピルバーグも「E.T.」作ったり「宇宙戦争」作ったり、首尾一貫してないよね(爆)。










8 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する