mixiユーザー(id:22347840)

2020年11月27日13:15

44 view

絵のない日記2020/11/27(金)最近観た映画DVDから

フォト


フォト


フォト












 最近購入して観賞した映画DVDを紹介します。

ネバーエンディング・ストーリー【エクステンデッド版】
>内容紹介
ファン待望の幻のエクステンデッド版(ドイツ版)が遂に発売!
ミヒャエル・エンデの世界的ベストセラーをイマジネーション豊かに映像化したファンタジック・SFXアドベンチャー!
>製作: ベルヘルト・アイヒンガー/ディエテール・ガイスラー 監督・脚本: ウォルフガング・ペーターゼン 原作: ミヒャエル・エンデ 脚本: ヘルマン・ヴァイゲル 撮影: ヨスト・ヴァカーノ 音楽: クラウス・ドルディンガー/ジョルジオ・モロダー 出演: バレット・オリヴァー/ノア・ハザウェイ/タミー・ストロナッハ/モーゼス・ガン/パトリシア・ヘイズ
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)
><STORY>
いじめっ子に追いかけられて古本屋へ逃げこんだバスチアン。そこで「はてしない物語」という一冊の本を見つけた彼は屋根裏の物置に隠れ、夢中になって読み始めた。――おとぎの国ファンタージェン、そこは何者かに襲われて山も川も人も動物も、すべてが跡形なく消え去ろうとしていた。しかも象牙の塔に住む女王は原因不明の病に冒されていた。病を治せる者を探すべく愛馬を駆る少年アトレーユ。彼が捜し当てた救いの主とは……! ?
世界中で親しまれているM・エンデの童話「はてしない物語」が原作。大亀モーラ、幸運の白い竜ファルコン、岩男ロックバイター……原作でもおなじみのユニークなキャラクターに<生命>を吹き込んだSFX映像。
●本編101分のエクステンデッド版(ドイツ版)バージョンを収録
●初ブルーレイ化
日本語を初収録
日本語字幕対応
●エクステンデッド版ブルーレイのリリースは世界初(日本とドイツのみでリリース ※2013年現在)
>内容(「キネマ旬報社」データベースより)
ミヒャエル・エンデのベストセラーを映像化したファンタジックSFXアドベンチャー。少年・バスチアンが古本屋で1冊の本を見付けたことから不思議な物語が始まる。ドイツ版エクステンデッド版
>内容(「Oricon」データベースより)
本の中の世界“ファンタジア”に逃げ込んだ少年は、幸運の龍ファルコンらとともに世界を救う者を探す旅に出る…。ミヒャエル・エンデ原作の「はてしない物語」を映画化した、名作SFXファンタジー!本編101分のエクステンデッド版(ドイツ版)を収録した、Blu-ray作品。

 インターナショナル版(94分)より7分長いんだけど、未公開シーンが入っているわけでもなく、何処が【エクステンデッド版】なのだか判らないヴァージョンでした。尚、大ヒットしたリマールのテーマソングは入っていません。

      映画


ネバーエンディング・ストーリー第2章
>監督・脚本
ジョージ・ミラー
出演
ジョナサン・ブランディス
ケニー・モリソン
クラリッサ・バート
アレクサンドラ・ジョーンズ
ほか
>内容紹介
夢の大切さ、愛の貴さ、そして真の勇気。少年バスチアンの新たな冒険を描く、メルヘン・ファンタジー第2弾!
人間の夢で作られた不思議な世界ファンタージェン。だが、今やそこは"無"を操る悪の女王ザイーダの侵略の危機にさらされていた。本の中から発せられる幼ごころの君の悲鳴!その助けを求める声に導かれるようにファンタージェンへ戻った少年バスチアンは、戦士アトレーユと再会。ファンタージェンを救うべく彼は今、新たな冒険の旅へ出る!"思い出マシン"により、願いごとをするたびに思い出を失っていくバスチアン。その彼が悪との戦いの最後に願ったものは?
第1作でおなじみのキャラクターに加え、泥の精、三面人、ニンブリー、スマーグなど、ニュー・クリーチャーも続々登場!
映像特典…オリジナル劇場予告編
>Amazonレビュー
弱虫少年のバスティアン(ジョナサン・ブランディス)は、再び古書店から『ネバーエンディング・ストーリー』の本を持ちだし、その第2章を読み始めていくうちに、またもファンタージェンの世界で大冒険を繰り広げていく。
前作からスタッフとキャストを一新させての、ミヒャエル・エンデ原作の名作ファンタジー小説『はてしない物語』を映画化したシリーズ第2作。監督のジョージ・ミラーは、『マッドマックス』などを撮ったジョージ・ミラーとは同姓同名の別人である。今回はファンタージェンが“空しさ”の驚異に襲われるという内容。本シリーズならではの奇妙な動物(?)たちも再度登場する。また、現実世界のバスティアンの父親も本を読み、ファンタージェンの中の息子の危機を知るといったあたりが新趣向。(的田也寸志)

 「第2章」の名を騙ったとんでもない駄作。エンデの原作ともまるで関係ない、失敗作としか言いようがない映画。

      映画

フィールド・オブ・ドリームス
>内容紹介
あの感動との再会を
新たな感動との出会いを
ユニバーサル シネマ・コレクション DVD

信じれば奇蹟は起こる…野球場を作った男のもとに、彼らは本当にやってきた。学生時代にメジャーリーガーを目指していたというケヴィン・コスナー主演で贈る、野球映画史上最高の感動作!
【キャスト】
ケビン・コスナー/エイミー・マディガン/ジェームズ・アール・ジョーンズ
【スタッフ】
監督・脚本:フィル・アルデン・ロビンソン
制作年:1989年

 野球はあまり興味ないんだけど、これは名作です。たまに観直すとその度に感動できます。

      映画

 あと、「海の上のピアニスト」も観ましたが、これもファンタジーですね。次回紹介します。









7 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月27日 13:59
    懐かしいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月27日 15:15
    DVD持っています。初めて観たのは小学生のときでした。第二章にガッカリしたのは同じくです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月27日 15:52
    > mixiユーザー 
     もう30年以上昔になるんですね。DVDはありがたいです。再上映されないでしょうから。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年11月27日 15:54
    > mixiユーザー 
     今、視聴覚モードなんでCDとDVDだけが楽しみです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年12月02日 12:05
    ネバーエンディングストーリーは80年代、ロードショーで観ました。映画公開直後、ミヒャエル・エンデが、翻訳家の日本人のおばあさんと結婚したニュースも覚えています。主題歌の歌手が男性なのは、数年前、ユーチューブで知りました(女性の声だと思っていたので)。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する