mixiユーザー(id:22347840)

2020年09月08日22:41

17 view

絵日記2020/9/8(火)メルロ=ポンティ

フォト

フォト

フォト










図版:今日のストロークは「めるろぽんてい」(メルロ=ポンティ)。

写真1:モーリス・メルロ=ポンティ著「知覚の現象学1」表紙
以下ネットより
>説明
本書はフランス・レジスタンス運動のなかから生まれた知的記念碑の最大のものの一つであり、パリ解放後1945年に公刊、戦後思想の根底に深い影響力を与え、さらに現在及び未来にたいする力強い放射力は測りがたいものがある。メルロ=ポンティにとって、生きられ、経験された世界にふさわしい記述は、西欧の二大思想潮流である経験主義でも主知主義でも与えることができなかったものである。経験主義は、著者によれば、哲学における原子として、心理学における行動主義として現われた。主知主義は著者においては、哲学上の観念論、心理学における内省主義であった。

現象学は、世界の神秘と理性の神秘とを開示することを任務とする(グスドルフ)。世界や歴史の意味をその生れ出づる状態において捉えようとする意志において、その注意と驚異において、意識化のきびしい要求において、現象学はまさにバルザック、ヴァレリー、セザンヌの作品と同一のジャンルに属するものであり、同じような不断の辛苦なのであった。実存の両義性にもとづく生きられた緊張の世界は、著者の極度に繊細で、柔軟な記述によって、はじめて我々に身近かなものとなったのである。全2冊。

 つまり私が学びたいのは20世紀中葉〜20世紀後半〜現在の「現象学」でありポスト・コンテンポラリーの「哲学」なんです。残された時間はあまりないだろうし…。

写真2:今日のSDウルトラマンベリアル。腕にも彩色を始めた。完成も近い(のかなあ?)(笑)。









3 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月09日 02:07
     学生時代にロラン・バルトはかなり読んだんだけどメルロ=ポンティは本だけ買って読んでなかった。積ん読でした(笑)。 お恥ずかしい限りです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する