mixiユーザー(id:22347840)

2020年09月06日00:31

23 view

絵日記2020/9/5(土)「知の考古学」?

フォト

フォト

フォト










図版:今日のストローク「ちのこうこがく」(ミシェル・フーコー著「知の考古学」、ちょっと前の日記参照)

写真1:SDウルトラマンベリアルであるが、両腕は同じ長さになったけど。右腕上腕を拡大してご覧いただきたい。切断し厚さ約2mmのFBコレクションの断片を挟み込み瞬接で接着。掌の角度(上を向いてしまった)を変える為、断片中央でもう一度切断して直した。その三本の接着跡がはっきりと浮き出している。サフェ500番が完全に乾かないうちに、マットブラック(つや消し黒)を塗ってしまった為、接着した跡が出てきたのだ。失敗である(泣)。

写真2:で、再びサフェ塗りとなった。今度は左腕の接着跡も気になり、両腕ともやる。サフェを乾かす間、足の裏(パテ打ちしていた)を耐水サンドペーパー(以下「ペーパー」と略)400番と500番で磨き、接地面を修正した。サフェ塗りは5~6回繰り返したので、一晩乾燥させた後ペーパーがけしてラインを消してからプラカラーを塗ります。慌てるとロクなことありませんです(笑)。











3 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月06日 11:24
    (恐る恐る)あのー
    >ちょっと前の日記参照)
    参照先がわかんないたらーっ(汗)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月06日 14:09
    > mixiユーザー 
     私自身も分からなくなりました(泣)。「フーコー」は御自分でGoogleってくださいませ。因みに私が持っているのは2012年に出た文庫版です。学生の頃に読みたいと思っても、ハードカバー¥5千の本なんて買えませんでした。河出書房新社や筑摩書房がやっと文庫で出してくれる様な世の中になってきたのですね。この歳で哲学書読むとは思ってなかったです。理解出来るのか不安(汗)。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月06日 18:53
    大丈夫ですよ、ワタシはドイツ観念論型でしたから、フランス思潮はさっぱりでしたが、定年後何とか読んでいます。
    十代で三井三池で右翼と渡り合った過去を持つ上司も、判り易いと言っていました。浪花節的感性が枯れてからの方が日本人には読めるのかも
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年09月06日 22:27
    > mixiユーザー 
     なるほど、そうですか!(安堵)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する