mixiユーザー(id:22347840)

2020年02月16日15:51

22 view

昨日と今日の絵だけの日記2020/2/16(日)

フォト

フォト

フォト










>kawakaming 様
ご注文番号:202002121154XXXX

●●●▲▲オンラインをご利用いただきありがとうございます。
カスタマーセンターの▼▼でございます。

このたびはせっかく商品をご注文いただきましたのに、
欠品が発生してしまい大変申し訳ございません。

kawakaming様にはおわびを申し上げる他ないこと、
大変心苦しく存じます。

他商品の発送希望とのこと、承知いたしました。

発送が完了しましたら、
メールにてお知らせさせていただきますので、
今しばらくお待ちいただけますようお願い申し上げます。

kawakaming様にはご迷惑をおかけしましたこと、
あらためて深くお詫び申し上げます。

再発防止のため、商品管理に努めてまいりますので
今後とも、●●●▲▲オンラインを
ご愛顧いただけましたら幸いでございます。

------------------------------------
と、上役らしき方からまたお詫びのメールをもらってしまった。


「国境の向こう側」
>内容(「BOOK」データベースより)
人と交わらず孤独に暮らしていた老人が、ある日最高権力者である将軍に呼び出されて戸惑う様子を淡々と描いた「最後の言葉」。メキシコの田舎町を休暇で訪れた男が、偶然手に入れた大金を社会のために使おうと考えたことによって思いがけない事態を招く「宝くじ」―本邦初紹介となる未完の表題作をはじめとする、十六短篇を収録。移りゆく世界と人々の心情に向けられたイギリスの巨匠の冷静な視線を味わえる傑作短篇集。
>著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グリーン,グレアム
イギリスを代表する作家であるとともに、20世紀のもっとも偉大な作家のひとり。1904年10月2日、ロンドン北西のバーカムステッド生まれ。オックスフォード大学卒業後、1926年から『ザ・タイムズ』に勤務。1929年に『内なる私』で文学界に登場した後、『ザ・タイムズ』を退社して作家活動に入る。第二次大戦中は情報活動に従事していた。『ブライトン・ロック』(1938)と『権力と栄光』(1940)で作家としての地位を確立し、『事件の核心』(1948)、『情事の終り』(1951)で世界的な名声を得た。1991年4月3日死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)











2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する