mixiユーザー(id:22347840)

2015年11月20日20:19

53 view

絵日記11月20日(金)「キマイラ 明王変」

 今日は買い物に出るつもりでいたのだがYドバシドットコムから「ゆうメール」で届くはずの新刊書がなかなか来ないので出かけられない(貧乏性)(笑)。

 陽もとっぷり暮れた夕方5時にやっと届く。夢枕獏の新刊「キマイラ11(本当は第19巻)明王変」(朝日新聞出版ソノラマノベルズ)である。
 以前「10鬼骨変」の時も日記に書いたが、意外と!早く続巻が出た。こりゃ珍しい、と思ったら『一冊の本』に毎月連載しとるらしい。夢枕氏としては編集者にせっつかれ無理矢理書かされているんだろう。読者にはありがたいことである。。

 早速(昔の)書店の紙袋でカバーを掛け読み始める。他のことは全て放ったらかしである(笑)。

 「序章」でいきなり笑わされた。以下引用
 (前略)
 なにもかもが、この一年の間のことなのだ。
 それが、遠い昔のことのようだ。
 二十年、三十年も昔のできごとであったような気もする。
 (後略)

 大鳳吼くん、君の気のせいじゃないよ(爆)。

 真壁雲斎は酒の茶碗を囲炉裏に落とす程驚愕するは、ボックの一味に拉致された深雪と菊地は親しげに話をするは(菊地は『いい奴』になったらしい)、なんだかちょっと『変』なのだが題名自体『明王篇』でないので仕方無い(笑)。

 気になったのは帯に「Chimera/MEIOU hen」の表記。きちんと「みょうおうへん」として欲しい。若い編集者は“お不動様”とか知らんのかいな?

 とりあえず“本が読めない症状”は解消したようだ。



3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する