ホーム > mixiユーザー(id:2230131) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2230131)

日記一覧

空を飛ぶ夢
2007年02月28日23:42

ついでだから、夢の話を続けようと思う。よく夢の話を細部まで話してくれる人がいる。いかに自分がドラマチックな体験をしたのか、身ぶり手ぶりを交えて興奮気味で語るものの、悲しきかなその素晴らしき体験は他人には伝わらない。というか夢の話はつまらない

続きを読む

ダークな夢
2007年02月27日22:50

例1…トイレで隣になった二人の友人が、わざと聞こえるような声で僕の悪口を言う。トイレから出ると、親友、家族、恋人が僕を見て笑っている。泣いている僕を、いつまでも笑っている。例2…複数でレイプする友人達。それを監視する僕。うっすらと涙を浮かべ

続きを読む

相変わらずお忙しいご様子。ブラーのデーモン・アルバーンの新たなサイド・プロジェクトです。オーソドックスなバンド・スタイルとなっているが、バンドの構成員は元クラッシュのポール・シムノン、元ヴァーヴのサイモン・トング、 元フェラ・クティ・バンドのトニー

続きを読む

あのバナナジャケで有名なヴェルヴェッツの2ndです。とにかく17分にも及ぶ壮絶なインプロ曲"Sister Ray"が聴き所。冒頭はルーお得意の反復リフで始まるものの、段々とノイジーなギターと歪んだオルガンが火花を散らしながらぶつかり合い(正にwhite light!)

続きを読む

食欲
2007年02月14日15:49

すごい食欲です。久々に体重計に乗ったら3kgほどアップしてました。僕の場合、食欲の有無は胃の調子に大きく左右されるようだ。僕の胃にはバイオリズムのようなものがあるらしく、半年周期で滑らかな変動を繰り返していて、調子が良くなったり悪くなったりし

続きを読む

おごる
2007年02月13日18:56

地元の友達数人と牛角で飲みました。例の一気飲みのノリに辟易していたし、だからこそセーブしていたのですが、「影が薄くなったな」と言われた時は、少しへこみました。そのうち誘われなくなるな。(もう減ってる)それはさておき、先日の結婚式で2万円しか

続きを読む

エイフェックス・ツインことリチャード・D・ジェイムスが、14歳の頃から作りためていた楽曲をまとめた初期の作品集です。コーンウォールという辺境の地で生まれ育った彼は、16歳になるまで他人のレコードを聴いたことがなかったそうだ。つまり…14歳の時の曲は、

続きを読む

チャオとカラス
2007年02月10日02:30

チャオ(うちの猫)がベランダで2羽のカラスと対峙しています。「ニャゥゥゥゥ…」か細い声ですが敵を真正面に捉え、長い間臨戦態勢を崩そうとしません。しかし、カラスも負けてはいない。「カー!カー!」と、例の耳障りな声を発して応戦します。次第にカラス

続きを読む

暖かい毛布
2007年02月09日14:56

その日はいつものように、履歴書を書いて郵送したり、ネットやったり、求人誌に付箋紙を貼ったり、本屋で立ち読みしたり、音楽を聴いたりして過ごしていた。そしてその日がどんな一日であろうと例外なく、最後は暖かい毛布に包まって終わることとなる。この暖

続きを読む

むにゃぷー
2007年02月08日01:14

うちの相方がよく眠るんです。車の中、家の中、映画観てる時…至る所で寝てしまいます。一緒にいる時は平均10時間くらい寝ます。特に電話してる時はひどくて、常に切るタイミングは彼女が眠くなった時です。(早い時間でも遅い時間でも)昨日なんか、こっちの

続きを読む

神社
2007年02月06日14:05

ぽかぽかとした良い天気だったので、近所を散歩しました。ついでに、地元の神社にぶらりと立ち寄ってみました。ここは初詣くらいでしか利用しないんで、誰もいない閑散とした風景が逆に新鮮に感じます。僕は基本的に無神論者だから(だいたいみんなそうだよね

続きを読む

冬の海
2007年02月05日23:02

ドライブがてら、海まで車を走らせました。正午過ぎ、ひとけの無い浜辺をぼんやり歩いてみます。雲一つない澄み切った空から斜めに陽光が差し込み、海の表面を優しく撫でています。白くぼやけたその境界線には無数の光の粒が生まれ、その集合体は白い絨毯のよ

続きを読む

ダーツ
2007年02月04日06:32

久々に会う友人達と飲みに行きました。昭和食堂という、近頃ありがちの懐古趣味な店です。衝動的に「ソフト麺」を注文してしまいましたが、懐かしさ以外に感じるものはありませんでした。ワイン飲みながら食うもんじゃないよな。次は、ダーツをしてみました。

続きを読む

Led Zeppelin II/Led Zeppelin
2007年02月02日13:04

ツェッペリンの2枚目のアルバムは、ツアーの合間を縫った慌ただしい状況の中で制作された。それに関わらず、完璧な完成度を誇る1stと比べても遜色のない密度の濃い充実した内容に仕上がっている。ブルーズ色を排しジミー・ペイジのゴリゴリしたリフで押し切る

続きを読む