ホーム > mixiユーザー(id:2230131) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2230131)

日記一覧

Where is my Mind?
2011年12月30日13:04

 ピクシーズとニルヴァーナ。共に米オルタナティヴ・ロックを代表する伝説のバンドだけど、その実、知名度には雲泥の差があるような気がする。 ここで僕の立場を明確にするなら、ニルヴァーナよりもピクシーズの方が好きだし、音楽的にもピクシーズの方が数

続きを読む

 前作『メタル・ボックス』ではサウンドの要だったジャー・ウォブルが脱退し、突然の方向転換を余儀なくされたパブリック・イメージ・リミテッド(以下、PIL)。 本来なら新しいベーシストを加入させてその穴を埋めようとするのが普通だが、彼らはなんと

続きを読む

Sound of Silver/LCD Soundsystem
2011年12月24日09:09

 より一段とフロア寄りのサウンドにシフトしたとされる、LCDサウンドシステムことジェームス・マーフィーの2作目『サウンド・オブ・シルヴァー』。 感触としては、前作のディスク2の内容に近い。すなわち、ヒット曲“ダフト・パンク・イズ・プレイング

続きを読む

Jazz (We've Got)
2011年12月21日21:12

 冬に聴きたいヒップホップの最右翼。 鉛色に沈んだ空によく似合う、物憂げなシンセサイザーの調べ。陽気なMCたちがフロウをお見舞いするとき、そこには寂しげなホーンのカーテンがしな垂れかかっている。 目を閉じると、そこにはNYはブルックリンの寒

続きを読む

Biophilia/Bjork
2011年12月17日08:58

 「自然と音楽と科学の融合」。 ビョーク4年ぶりのオリジナル・アルバム『バイオフィリア』は、彼女が長年取り組んできた、いかにもビョークらしい壮大なコンセプトが設定されている。 自然界の秩序を音楽理論の秩序で再構築すること―――たとえば1曲目

続きを読む

Turquoise Hexagon Sun
2011年12月13日21:59

 深夜0時。一日の仕事をやり終え、家路へと向かう車の中。心身ともにグッタリと疲れ果て、もはやハンドルを切ることさえ億劫に感じられるとき。 そんな週末の夜、多くの場合、僕はボーズ・オブ・カナダのレコードを掛けることにしている。<ワープ>系のレ

続きを読む

Mylo Xyloto/Coldplay
2011年12月11日11:00

 以前からコールドプレイのことを、「U2化が進行している」みたいなことを言って揶揄してきた僕だけど、本作『マイロ・ザイロト』に至っては、U2どころかビヨンセとかアデルの領域まで突き抜けてしまったことに気付いてしまった。 要するに、ごくメイン

続きを読む

Teardrop
2011年12月06日21:30

 マッシヴ・アタックの音楽を聴いていると、ともすれば鬱にもなりかねないような、心底気だるいムードに襲われるときがある。 そんな彼ら特有のダークネスをうまく中和する役割を担っていたのが、シャラ・ネルソンに始まり、トレイシー・ソーン、ニコレット

続きを読む

Clint Eastwood
2011年12月04日09:01

 遡ること、10年前。突如リリースされたゴリラズのデビュー作『ゴリラズ』に対して、プレスの反応はひどく中途半端だったのを覚えている。もっとも、グレアム・コクソンという長年の親友を失ったデーモン・アルバーンが、いきなりアメコミの漫画家と組んでふ

続きを読む

JAM
2011年12月02日01:07

 「いつもあなたのこと考えてる」だとか「君のことが頭から離れられない」だとか、クソつまらないフレーズさえ挟んでおけば、それでラブ・ソングが完成すると思ってるテレビの業界人は少なくない。そもそもが、四六時中、恋人のことしか考えられない人間がい

続きを読む

En Melody
2011年12月01日00:06

 才能を持て余すひとりの若き天才音楽家。そんな夫を献身的に支える、天然でどこかピントのズレた妻。本人たちは前衛芸術のつもりが、傍から見たらただのバカップル。 以上の点において(悪意はありません)、セルジュ・ゲンスブールとジェーン・バーキン夫

続きを読む