ホーム > mixiユーザー(id:2230131) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2230131)

日記一覧

 たとえば、硬派でゴリゴリなブラック・ミュージックを志していたジェームズ・ブラウンに比べて、アース・ウィンド・アンド・ファイアー(以下、EW&F)はどことなくチャラチャラした軟派なイメージを抱いていた。あるいは“セプテンバー”のキャッチーなイ

続きを読む

 フェラ・クティは暑苦しい。彼のビジュアルや思想面含めて、すべてが暑苦しい。彼の吹くサックスの音もまず暑苦しい。“イコイ・ブラインドネス”にて繰り返されるテーマのメロディは、フレーズそれ自体が耳にべっとりとへばりつくようなキャッチーさで、実

続きを読む

Anima/Thom Yorke
2019年10月15日12:40

 前作『トゥモローズ・ボタン・ボクシーズ』が比較的ラフな手触りを残したままのインディ・エレクトロ・ミュージックといった趣だったのに対して、5年ぶりにリリースされた本作『アニマ』は、隅々まで入念に手が加えられ、複数のレイヤーが重ねられた凝りに

続きを読む

Blackstar/David Bowie
2019年09月25日12:30

 デヴィッド・ボウイの訃報が知らされたとき、世界中に衝撃を与えたのは、その遺作『ブラックスター』があまりに衝撃的な内容だったからに他ならない。 通常であれば遺作というのは、みずからの肉体的・精神的衰えを包み隠すかのような、空元気な作品が多い

続きを読む

Now & Then/The Carpenters
2019年09月24日12:32

 「今と、あのとき」と題されたカーペンターズの73年作は、まさに現代的なポップスと過去のオールディーズのカバーとが織り交ざった、初のセルフ・プロデュース作品。 当初はセサミストリートの挿入歌として発表された“シング”で幕を開ける本作。楽し気な

続きを読む

The Works/Queen
2019年09月13日19:32

 先日、ローリング・ストーンズの『ダーティ・ワーク』という作品をレビューしましたが、今回はクイーンの84年作『ザ・ワークス』をレビューします。(古いロックばかりですまん) 「綺麗な仕事」でもなく、「汚い仕事」でもなく、シンプルに「仕事」。前作

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。