ホーム > mixiユーザー(id:2230131) > mixiユーザーの日記一覧 > Curtis/Curtis Mayfield

mixiユーザー(id:2230131)

2011年11月13日21:20

14 view

Curtis/Curtis Mayfield

 地元に「大喜」というラーメン屋があります。
 とんこつしょうゆ味のスープと焦がしネギの香ばしさとの相性が抜群で、浜松ではなかなかお気に入りの店だったんだけど、その近所に「荻窪」というもっとお気に入りのラーメン店を発見してしまい、最近はめっきり利用しなくなってしまった。おまけに、久しぶりに立ち寄ったら味が相当落ちていた(ラーメン屋ではよくあること)ので、いよいよ見限って行かなくなってしまったという店であります。(ラーメンの好みは千差万別ですよね)

 だけど、店内で流れていたカーティス・メイフィールドをはじめとするニュー・ソウルの音楽の素晴らしさだけは、いまだに忘れ難く記憶に残っている。わざわざ特定の時代のソウル音楽だけをピックアップしてるのだから、店主はさぞかしブラック・ミュージックにこだわりのある人物だろうと、勝手に想像を膨らませながら食事を楽しんでいた。

 ちなみに「ニュー・ソウル」というのは、ブラック・パワー云々とか政治的な経緯とか色々あるんだけど、そういうのは抜きにして簡単に要約するのなら、「70年前後に隆盛した、高度に洗練された新しいソウル・ミュージックの総称」ということになると思います。そして、その定義にピッタリ当て嵌まる作品をひとつ挙げるのなら、前述したカーティスがインプレッションズを脱退した後に発表したソロ・デビュー作『カーティス』なんかが最適だと思われます。

 甘くとろけるようなファルセットを堪能できる“ザ・メイキング・オブ・ユー”をはじめとして、全編に取り入れられた華麗なストリングスに象徴される緻密なアレンジメント、そしてそのような品の良さとは対照的なラジカルな詩世界。まさしくニュー・ソウルの精神性を正しく体現している一枚。たとえば、先にも紹介したJBによる男臭いソウルなんかとは正反対の趣き。まさしく黒人音楽と呼ばれるものが、もっとも華奢でもっとも繊細な表現を可能にした最初の瞬間だと思う。

 ところが本作、中盤以降はアフロ・パーカッションを大々的に展開することで、実は相当に熱かったカーティスのファンク魂をも感じ取ることができる。超名曲“ムーヴ・オン・アップ”を筆頭に、徹頭徹尾ファンキーなダンス・ミュージックの応酬。それも、スライ&ザ・ファミリー・ストーンのような退廃的なファンクではなく、あくまでスタイリッシュにキメられた洒脱なファンク。ある種、カラッとしたラテンの陽気さすら讃えている。

 この二面性こそが『カーティス』における最大の魅力だと思います。それこそインプレッションズ時代の“ピープル・ゲット・レディ”くらいしか知らない僕のような人間をも虜にさせる、ニュー・ソウル入門盤としてもオススメの一枚。カーティスに浸りながら…久々に大喜のラーメンが食いたくなってきた!!
1 10

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年11月14日 09:18
    1stは聴いたことないですが、いいですよねカーティス。
    初期はテーマのヘヴィさとは裏腹につけ抜けた、爽快感のあるファンク・ナンバが多い気がしますね。
    パーカッションやオーケストラの挿入の仕方が非常に巧いのも他のニューソウル作家と一味違うトコじゃないかと思ってます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年11月14日 10:16
    荻窪18番ですかね。浜松アリーナ近くにある。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年11月14日 11:35
    マービン・ゲイの「愛の行方」「レッツ・〜」や70年代に入ってからのスティビーワンダーの一連の
    驚異的なアルバムやテンプテーションズの70年代作品などに代表される洗練されたソフトなソウルミュージックは
    ある意味ソウルミュージックの生き残る一つの必然だったように思います。
    どちらかというとマンネリ気味であった黒人音楽の世界に白人的なアプローチを
    取り入れることに反感もあったはずですがこれ無しに生き延びる手段はなかったのかもしれません。
    もちろんゴリゴリのファンク路線は別として。
    でもディスコミュージックだけはちょっといやでした、ダサいと思うんです。
    好きな人に対して反論はありませんけれど。
    カーティスはスーパー・フライからインプレッションズにたどり着きましたが
    このアルバムはまだ聴いたことがありません。
    ジャケット写真かっこいいと思います・・・ということは内容もOKなのでしょう。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年11月14日 12:21
    >vuoyさん
    自分は最近ハマリました!他のニュー・ソウル作家と比べてもソフトで洗練されてる印象があります。5年前聴いたらハマらなかっただろうなぁ…。
    ちなみに2ndは聴いたことありますか?僕は次、スーパーフライ聴こうか2nd聴こうかで迷ってます…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年11月14日 12:21
    >ローラさん
    そうです!!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年11月14日 12:31
    >北斗さん
    自分もその時代のソウル・ミュージックが一番好きです!
    白人に奪われたロックンロールが独自の進化を遂げるのを見て、黒人が黒人らしいアプローチで自分たちのソウル(魂)を取り戻し、進化させたという印象があります。ロック的なサウンドと折衷して…ということはあまり見られなかったですし。僕もこの時代がなかったらソウルは生き残れなかったと思います。
    ディスコは僕もそれほど好きではありません。でもディスコのリズムを品良く取り入れた、その後のダンス・ミュージックの一部は好きだったりします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年11月14日 12:52
    2ndというとライヴですかね?
    難しいとこですが、1stの延長線上にあるものならスーパーフライ、もっとパワフルで泥臭く、と思うならライヴですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年11月14日 12:55
    >vuoyさん
    ライヴアルバムじゃなくて、『ルーツ』というスタジオ・アルバムです。そのライブアルバムも評判良いらしいですね!参考にさせていただきます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年11月14日 23:54
    大喜は少しだけバイトしていた時期がありましたあせあせ(飛び散る汗)
    ちなみに十八番は長い間、兄が勤めてましたウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2011年11月15日 07:34
    >ななトン
    あっ、そうなの!?げっそりじゃあまかないと称してラーメン食べ放題じゃん。いつごろ?
    ラーメン一家だね〜。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する