ホーム > mixiユーザー(id:22148124) > mixiユーザーの日記一覧 > とりとめなく考える

mixiユーザー(id:22148124)

2019年09月22日06:51

18 view

とりとめなく考える

人間の社会は、経済の社会とも言える。
経済とは、簡単に言えば、需要と供給と量だと思います。
だから経済は、あらゆる物に値段を付ける。
神の観点から言えば、命に値段は付けられないのだろうが、人間社会では、あらゆる命に値段が付けられる。
命が、無くなったものにも値段が付けられる。
多くの需要が有り数量が少ないと値段が跳ね上がる。
人間社会で、救われている事は、絶滅危惧種が、経済の枠から外している事かも知れない。

人気画家などの絵は、高値で取引される、しかも亡くなっていると更に破格の値段が付けられる。
しかも一部の人達で値段が跳ね上がっているものも有る。

人間の命も昔、奴隷制度の元値段が付けられていた。
命とは、何か?
身近な命程大切にされる現状。
命で、価値の有る命とは、意識、自我が芽生えているか?が重要なのかも知れない。
だが、人間の命も戦争などでは、非常に軽くなる。
殺し合う行為、そこには命の尊さなど微塵も無い。
悲惨なのは、戦争に巻き込まれる一般の人達。
そこには神は存在しない。
神とは、人間の妄想でしかないのかも知れない。
宗教とは、人間が如何に生きるべきかを示す発明かも。
勿論異論も有るだろうが。
ただ神が存在して居たとしても、神とは本当に無力な存在だと思う。
たとえば、池袋の交通事故に神は関与出来ないのか?
千葉県の屋根から落ちて命を失った人に関与出来なかったのか?
あらゆる災害に神は関与出来ないのか?
結論は、存在していないものは関われないと言う事か。
神とは、人間の願望で有り妄想で、勘違いと思い込みの存在かも知れない。

人類は、恐竜と同じ様にいずれ淘汰されるのかも知れない。
このまま温暖化が進めば、未曾有の災害が起こり、人間が住めなくなるのかも知れない。
温暖化、これを防ぐには、空気より軽い太陽光線を数%防げるガスで地球を覆う事しかないのかも知れない。
または、空気より重くて太陽光線を数%軽減出来るガスで海の温度が上がらない様にするとか。
しかし残念ながら俺に出来る事は、祈る事だけ。

6 4

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月22日 07:20
    おはよう〜^^今朝は爽やかな朝です〜\(^o^)/
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月22日 10:01
    zefaさん
     おはようございます。哲学者だね〜!僕は遠い先の事など考えられずに、近くの未来を明るくする為に日々努力します。無神論者だし、困った時の神様・仏様だからね〜!プリプリ〜!ホェ〜!(^.^)/~~~!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月22日 18:57
    気象だけを見ても、年々異常さが増しているようですものね。
    そのうち海面上昇で消滅してしまう島も出て来るでしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年09月23日 16:01
    一人一人にできることをするしかないでしょう。私ができることはゴミを増やさない、きちんと分別するくらいかしら〜ボケーっとした顔
    北海道に台風から変わった低気圧が上陸しました・・・雨が強くて風が強くなるようです。札幌も朝から雨です雨

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する