mixiユーザー(id:22004800)

2020年07月05日10:28

7 view

2020書評196

「悪夢のエレベーター」 木下半太、幻冬舎文庫。

本日1冊目。

再読。

木下半太さんと言ったらやはりこの作品になるのかな。

かなり強引だしあり得ない作品だと言いたいのだがそうとは言い切れない、絶妙な設定&ストーリー展開だったと、今回も感じました。やはり舞台化されるだけあって、頭で考える前にスピーディーな展開で、主導権を最後まで持ったまま終わった感じがしました。

やはりキャラ設定の巧みさと、人が死んでいるのにそんなにヘビーな感じがしない文体・文章が、そう感じさせたのかなと思っています。

ラストにどんでん返しを用意していた、この少人数の登場人物で用意していたのは流石、この辺りが評価高い理由なんだと思います。

100点満点中69点。
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する