mixiユーザー(id:22004800)

2020年05月25日20:06

8 view

2020書評145

「銀翼の死角 警視庁文書捜査官」 麻見和史、角川文庫。

本日3冊目。

電子書籍。

全作読んでいる訳ではないが、最近は新作出ると読んじゃうシリーズ物の1つ。

今回はいつものシリーズよりウエルカムな状態で捜査に加わっています。珍しい。

その分、本当にこの事件に彼らが駆り出されなければならなかったのか?ちょっと微妙な気がしました。

ただ、犯行メンバーのキャラ設定がいい意味でなかなか個性的だったのと、悪人らしさ満載だったのと、別のメンバーの犯行動機がかなりインパクト大だったのは評価できますね。
この理由でこの事件に手を貸す、まあ、リアリティーさを求めるのは止めておきませう。

次回作出たらまた読むな〜。

100点満点中70点。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する