mixiユーザー(id:21988270)

2021年07月22日02:44

127 view

東儀秀樹「ハナミズキ」篳篥のロマン

秦氏のふるさと弓月国とシルクロード

篳篥(ひちりき)の音色は奥が深く異国情緒さえ感じる。
自分も歳をとったせいか、久しぶりに篳篥の音に酔いしれました。


日本の底辺まで染み渡り文化の土台の大きな影響力を与えたいわゆる日本の文明文化の発祥の地と論議されて、いわゆる「失われた十氏族」の出発点「西」から日の出る日本へと何世紀ににも及ぶシルクロードに沿い流浪を経て東へ東へと移動し、その末に、中国で万里の長城建設の過酷な労働に耐えきれずなどして、日本と交渉、日本が何万(長い目でみると何十万という人も)と受け入れた豪族一族の代表格の秦氏の末裔であることを東儀さんは否定されてはいないそうです。秦氏からの系図ははっきりとしているそうですね。

古代イスラエル人の末裔であると歴史的にほぼ通説となりかけている秦氏及びその周辺の渡来人は薬薬、養蚕業、灌漑事業、精錬、薬草(医療)、慈善事業、教育、等を得意とする豊かで教養ある豪族たちだったらしいですね。。。中国のルーツにも関係があるでしょう。

ネストリウス派の古代キリスト教は、社会の底辺でのボランティアをよしとする人々で、政治にでて何かをしようということではなくあくまで文化の土台を担う。薬、繭、織物、機織りーはたおりーなど慈善に取り組む。神社と仏教がなかよくしている構造にも関係があるのですね。法華寺の光明皇后のらい病患者に対しての施しはよく知られている景教の影響を受けいるといわれています。

""法華経を信仰した光明皇后が難病者の為に入浴の恵を与えた浴室で、屋外で湯を沸かして、 蒸気を室内に取り入れる様になっており、ある時、皇后が、患者1000人の垢(あか)を流すべく誓いを立て、一生懸命汗を流していたら、1000人目は膿(うみ)を垂らした老人で、それを吸って呉れと云い、そこで皇后が嫌がりもせず、正に膿を吸おうとしたら、老人は阿?仏(あしゅくぶつ)になって光明を放ちました。""

歴史ロマンを重ねると不思議な繋がりを感じるここ数年の不思議な私の検索「夢」旅行。これ以上は解明不可の古代歴史。そして、たぶん大勢の皆さんがすでにご存じのことなのかという気がします。


シルクロードのルート一帯各地に散らばったそれぞれの部族のいくつかは、認定されたあと、イスラエルに戻った人々があったという話をみつけてみます。読んだ記憶があります。古代にはつながりがあった人々で、お顔立ちはアジア系ではなく、東へ移動するにしたがって地元の人々と同化していったとされる。

ーその1おわりー

追)
その後秦氏の検索をしていてこれにぶつかりましたが、かなり前に読んだ記憶があります。https://www.historyjp.com/article/402/
経歴は異色ですが、オカルト系の方ではないか安心できる方のようです。普通の人が読めばびっくりされる。
https://www.historyjp.com/profile/

以下、いつも、書く殴りですみません。
もともと私は検証する対象として(宗教としてではなく)一神教・キリスト教その他、多神教/神道、ユダヤ教、とたどってきました。神道が神髄のところで多神教とは思えなかったのでした。そのあと、聖徳太子のことを知ろうとして、たちまちニチユ同祖論に出くわい増したが、違和感ありませんでした。中島尚彦(リックナカジマ)さんのことは何もぞんじあげないですが、秦氏のページは事実に近いと思います。また手元には、Japan's Christian Roots聖書の国日本(Ken Joseph)がありますので、全然違和感は自分の中ではないのですが、人前に出すのは長い間ためらいがありました。今もそうです。これで、あほかと思われると思います。その場合には、返答をあと10年待ってください。。(笑)


三笠宮崇仁親王殿下が三種の神器についてどこかで書いておられましたのを読んだことがあったので検索していたら、色々みつけました。全部秘密のことなのでしょう。冗談としておいてください。
https://www.excite.co.jp/news/article/Tocana_201611_post_11396/

渡来人がいろいろもちこんできても、開花させられたすばらしい土壌があるのを知っていた、だから秦氏が大量に押し寄せた。最近変な気がするんですよ。非アジア系が倭人と混血し美人美男子、それ系の人々の端正なお顔立ち。私はどう見ても倭人=native Japaneseでしょうね。親の顔をおもいだせばすごく納得。でも父の父はすごくダンディー、おシャレで、カッコよく、女にもてて。。。もしかして?(笑)。これは完璧な妄想でおしまい。その2なし。
5 13

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月22日 07:11
    ケニーG に似たサウンド!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月22日 08:08
    秦氏が渡来人で、様々な分野で活躍したことは知ってましたが、そんなに西が起源だったとは!で、この人が秦氏の末裔とは!そういわれてみればシルクロード感があるようなないような。。。中国大陸〜朝鮮半島の歴史好きにはたまらないエピソードです。最近はちょっと離れていたので、また本を読もうかな。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月22日 08:38
    篳篥はじめ日本固有と思われる楽器のほとんどが、中国、朝鮮経由の異国起源のものなのですね。しかし日本の風土に定着し、−独自のガラパゴス的発展を遂げる中で、その楽器を使って演奏される楽曲よりも、その楽器の放つ「音」そのもののに力があるように思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月26日 22:07
    中国大陸の歴史を知れば知るほど、かなり先を行く大陸文化が朝鮮半島→日本へと渡ってきたのは一目瞭然です。私は高度な中国文明に感動しますし、朝鮮半島の生き残り戦術と繊細な文化も好きです。日本古来の楽器や音楽も、どう考えても大陸が起源のように思います。しかし、大陸の文化は上昇(天との親和性)を好んでいるように感じる一方、日本の文化(音楽も含めて)は大地との親和性が良いと思います。大陸の文化に飛翔性を感じるのは西からの影響かもしれません。例えばバレエは、どんなに美しく高く飛ぶかは大切なパフォーマンスですが、日本では地面から離れず微動だにしないまま滑るように動くのが特徴ではないでしょうか。随分、本題と離れてしまいました…。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月26日 22:13
    「滑るように動く」は、能などのことです。日舞はジャンプしますが、着地音が大切だったりするので、バレエとは全然違う。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月27日 03:09
    > mixiユーザー 高く高くが、バレーの基本ですね。小学高学年で数年バレーを習ったことが、どっれっだっけ楽しいことだったか身をもって体験しました。地面を這うお能のどこが美しいのかまったくわからなく。とにかく天へ上へ高くを目指しているジェスチャーそのものはそれだけで幸せになりますよ、楽しみを感じる動作です。地を這うすり足は私にはダサくて仕方なくて日舞を習いたいとか全く思わなかった。。。のですが、年をとり天へ近くなる程年月を経た後では地を這うすり足のしっかりした動きに興味がシフトしていくのも感じます。

    オリンピックで水泳の選手やスケボーの選手、体操などの選手の表情と、柔道の選手の、喜びを表す表情に違いがありますね。柔道の選手は地面を見て動くスポーツ、メダルをとっても幸せの表情ではないです。

    あ、そういえば、日本人の尊敬を表す動作が視線を逸らす、っというので誤解の源になったりしてきましたが、こういうことにも関連があるのかもしれませんね。面白い議論をいれてくださって感謝。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月27日 05:20
    万歳のジェスチャーは喜びそのものですね。バンザーイ、カンパーイ、よかったー、輪―の母音のあの音。ハレルヤーみんな開放的な音、大陸的???全くのあてずっぽうですが。 大陸敵というのはおおらか、楽天的、行き止まりの文化では閉鎖する。閉じる。つぶやきにて。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月27日 05:49
    日本文化は動きを制限して感情も押し殺しているように見えるのですが、最近は他者の発言や感情が世の中にあふれかえっているせいか、そういう日本的な静かさに惹かれることが増えました。押し殺してそれを自然や宇宙にシフトするという荒業なのかも。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月27日 06:58
    秦河勝の検索していたら、こちらのお顔がでて

    あ!世阿弥って叫ぶほどでした。想像

    (辰己万次郎さん)

    備忘録にて。

    アレックスカーさんが、中国では伝統文化が跡形も無くのこらなかったことを話しておられます。

    残念なことです。

    日本は残っているし残そうとしていることはすばらしい。

    https://youtu.be/hQspoLTwy-I
    だけれど、あまりありがたくくないと思う人も多いとか。

    世阿弥さんは秦氏らしいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月30日 23:52
    はじめまして。足跡返しでお邪魔しました。

    篳篥(ひちりき)の「Amazing Grace」はじんわり心に染みました。
    バックのギターも東儀さんの演奏かしら。若い頃はバンドやってましたものね。
     
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月31日 08:31
    > mixiユーザー 初めまして。何か調べていて読ませていただいた日記が印象的だったからおじゃましたのかと思います。記憶は間違っているかもしれませんが、お邪魔くださってありがとうございます。東儀さんの若い頃のことはわかりません。一躍人気になられたのはこちらに伝わってきました。プリンスですが、実は私も隠れた内緒でファンです。purple rain たまりません。惜しい時に亡くなってしまいました。涙
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月31日 08:44
    > mixiユーザー 
    お返事ありがとうございます。
    なんと、プリンスのファンでいらっしゃいましたか!

    ちょうど昨日、7/30に、彼が2010年に録音しお蔵入りになっていた幻のアルバム『Welcome 2 America』がリリースされました。五輪の件でバタバタしてまだ半分しか聴けていませんが、素晴らしい作品です。ぜひチェックなさってね!

    https://www.amazon.co.jp/dp/B09244VMZH
     
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年07月31日 11:06
    > mixiユーザー コメント、ありがとうございます。このPandemicの時に、彼がまだ生きていたらなんて言ったかなと思いました。プリンスは、もしかしてローリーアンダソンとの出会いがあったのかなあと今日、他の曲を聞きながら思ったりしました。[いつも行き当たりばったりのことを言うので、気にしないでくださいね。ダッシュ(走り出す様)
    み〜

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する