mixiユーザー(id:21933076)

2018年05月30日10:10

16149 view

地元山屋の僕が五頭山親子遭難に思う。

悲しい事件が起きた。
5月5日に五頭連峰に入山した親子が遭難し29日遺体で発見された。
五頭山は新潟の小学校の遠足などが行われる最もメジャーな山。
しかしその山様は深く夏は沢登り、冬は雪山で我々山屋も充分に遊べる。

さて。
魚止滝から入って山葵山〜松平山〜五頭山を目指したのだろう。
途中、帰れずにビバーク。
「街の明かりが見える。下山する。」と連絡があってから連絡が途絶えた。
それから捜索を続けたが一向に発見されず。
29日コクラ沢付近で見つかった。

コクラ沢?????
なんで???
というのが僕の第一印象。

まあ、先ずはちょっと地図を作ってみた。見て。
フォト


魚止滝から点々で山葵山から松平山から五頭山が登山道ね。
で僕は山葵山から上の点々が月岡。こっちに向かったか、山葵山からまっすぐ藪尾根を進めば秋取山へ向かって少年自然の家。このどちらかに下りたと思ったのね。
僕は冬にこの当たりルートファインディングの練習でよく藪こぎしているから、この辺りにハマったら素人では出てこれない。びっくりするほど麓にいる。と思ってた。

でも、現実はコクラ沢周辺で発見。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180529/k10011457011000.html
阿部さんのコメント30メートルの滝ってのは三十三間の滝。
ちなみに阿部さんは僕の山の師匠。

ってことは、松平山から五頭の間のP862から緩やかに左に入っている尾根があるよね。
そこに入り込んでまっすぐ沢に下りたんじゃないかな〜。
この時期のこの稜線はところどころ残雪が十分に残っているし。
残雪に乗ったら夏道見失うし。
まして出発が遅いから暗くなってるだろうし。
なにより素人だし。
で、朝。そのまま下へ下へ下りたんじゃないかな〜。
当然詰まるよね。
コクラ沢はプロの領域。
かつては五頭の沢。一人でも毎週のように入ったけど。
今はもうちょっと怖くて信用できるメンバーでないと入りたくない。
リードしてくれる人がいないと怖い。。。

だから。どんなに怖かったんだろうな〜と思う。
行く事も戻る事も出来ず。ここがどこかもわからず。雨の中、体を寄せ合うことしかできず。
どんなに怖かっただろうな〜と思う。
せつないな。


五頭の沢登り
https://blogs.yahoo.co.jp/yasu_sanngaku/66751065.html?__ysp=WUFTVSDkupTpoK0%3D

https://blogs.yahoo.co.jp/yasu_sanngaku/69098273.html?__ysp=WUFTVSDkupTpoK0%3D

西小倉沢
https://blogs.yahoo.co.jp/yasu_sanngaku/56076098.html?__ysp=6KW%2F5bCP5YCJ5rKiIO%2B8ue%2B8oe%2B8s%2B%2B8tQ%3D%3D



登山の基本は迷ったら上に上に。尾根に。だよ。
上に向かえば電波も入るかもしれないし。探しやすい。
そして見晴らしの良い場所。電波の入る場所を見つけたら動かないでね。
助けに行くから。
下に沢に下ったらこうなる。

それにしても、普通の遭難捜索は警察や消防は4,5日で終了。
その後は、地元山岳会などに有料で捜索を依頼する事が常。
でも今回はずっと警察が動いていたんだね。
新潟県人の中で、それを税金の無駄遣いなどと罵倒する人がいない事を願います。


ご冥福をお祈りします。







■不明の親子か、五頭連山で2人の遺体発見 新潟・阿賀野
(朝日新聞デジタル - 05月29日 14:55)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5131628
17 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月30日 14:27
    初めまして。
    初心者向けのハイキングで山に行くこともありmixiチェックさせていただきました。
    初心者向けといっても、途中珪岩?ガラス状の砂が崩れて広がったところがあり、おまけに道が狭いし、滑りそうでしゃがみながら下って行き、はらはらしました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月30日 23:07
    はじめまして。
    本件、疑問点がたくさんあり調べているうちに、たどり着きました。
    そもそも五頭山には行ったんでしょうか…?
    松平山に着いたのが14時だとすると、さらに先に進まずそこから引き返す時に、下る尾根を間違えたのかと思いました。
    なぜかお祖父さんが赤安山に入山届を出していたようで、情報が謎だらけで皆さん混乱していましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月31日 06:35
    > mixiユーザー 

    ガラス片のような岩場は滑りやすく、滑って手でもついたらすぐ切れてしまいますからね。
    ちょっとした事で大けがもあるので気をつけたいですね。
    僕は沢登りをしていて、ちょっと手を付いたら、岩の間に指が入って、真横に指が曲がりました。
    左手薬指第二関節骨折。
    ちょっとした事で半年、山に入れませんでした。
    気をつけたいものですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月31日 06:51
    > mixiユーザー 


    お祖父さんが赤安山にニセの届を出したのは
    「登山届がでていないと捜索隊に怒られる」と思って、先回りしてお祖父さんが登山届を書いたのですが、
    そもそもその届けが見当違いで、初動捜査が混乱したようです。
    その後、父子のホントの登山届が見つかって、松平山方面の捜索となりました。
    日記に書いたとおり、僕の想像は正しくP862からコクラ沢に下りたそうです。
    つまり、松平山から五頭への稜線上で迷っています。
    春先のこの辺りはまだ残雪があり、素人にはルーファイが難しいです。
    地図を見ていただければ分かりますが、P862は緩やかに尾根がまっすぐ続いているところ、夏道は左に90度曲がります。
    そこに残雪が残っていたら90度曲がるのを分からずに直進します。
    直進してあれ?あれ?と思ってビバークしたのでしょう。
    で、「街の明かりが見える」と朝の電話。そこでじっとしてるか上に登ればよかったのに、そのまま東小倉沢に下りてしまった。
    なんともやりきれない気持ちです。

    上記は阿部さんに確認してあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月31日 12:18
    > mixiユーザー なるほど!とても詳しくありがとうございます。謎が解けました。残雪があると曲がる道を見失ってしまいますね。それにしても、午後2時から五頭山に向かおうとしたのでしょうか?それとも来た道を戻るつもりが、まさかの道間違いで先に進んでしまったのでしょうか?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月31日 12:40
    > mixiユーザー 

    10時にコンビニで買い物をしていますので2時には松平山周辺にはいたと思います。
    そのまま五頭山を抜けて赤安山から少年自然の家へのぐるり一周を考えていたのかもしれません。
    まあ、ピストンだとしても、もう少し言ってみようというのも分からなくもありません。
    まあ、それは僕ら山屋の感覚で。小学生を連れた父子であれば、出発が遅いと言われても仕方ありませんね。

    せっかく携帯が繋がる場所にいたのに残念です。
    そこにじっとしていれば。
    もしくは探索に動いたとしても、分からなければそこに戻るという意識を持って目印をつけておけば。
    悔やまれます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月31日 13:19
    > mixiユーザー 松平山を14時くらいに出発してさらに先に進んだのですね。体力に自信をお持ちだったのかもしれませんね。私にはとうてい無理ですが。。。
    装備からしても目印になるようなものもお持ちではなかったでしょうね。
    下らなければ助かったかもしれないのに残念ですね。町の灯りが見えたので辿り着けると思ったでしょうか。
    謎が解けてすっきりしました。ありがとうございました。
    亡くなられた方にはご冥福をお祈りします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年05月31日 19:47
    > mixiユーザー 
    五頭はホントにメジャーなファミリー登山の山なんです。
    でも、それは村杉温泉からの三の峰コースと出湯温泉からの烏帽子岩コースで。
    この少年自然の家からの松平山経由はちょっとマニアック。
    残念です。
    小学生の子を連れていくにはちょっと大変だったかな〜。
    ただただ残念です。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する