mixiユーザー(id:2180442)

2019年03月30日02:28

65 view

9年目

2011年02月に機種変して、

様々なサービスを享受し、使い倒した感のあるガラケー。

パケ死(死語)も無く、ほぼ電話としての通話も無く、
情報端末としての、メールやWebサイトの閲覧に終始し、
財布や航空チケットの受け取り、QRコードサービスets
そんな中での、

2022年3月末をもって、auの3G携帯電話向けサービス「CDMA 1X WIN」を終了します。

まだ、あと3年あるなと思ってもバッテリーがそろそろ寿命を迎えそうだし、パネルキーも割れが酷く、欠損も増えてきた。
遊べるサイトも減り、メーカーサイトも無くなり、ガラパゴス携帯も絶滅危惧種に認定されてもおかしくない。

スマホを考える時期に来たのかと思うが、デカイんじゃーーー!

メーカーも携帯事業からの撤退が相次ぎ、2、3社しか出してない現状。
個性的な携帯も見なくなり、アプリで個性を出す感じなんですかね〜。

OSはリンゴかロボットかだと、・・・・たぶんロボット。
3 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年03月30日 23:42
    > mixiユーザー スマホで出来る事の8割はガラケーでも出来る。スマホのCMで、やっている事の大半は現実味が無いからな〜。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する