ホーム > mixiユーザー(id:2180265) > mixiユーザーの日記一覧 > 【映画】ビフォア・ミッドナイト

mixiユーザー(id:2180265)

2014年01月19日21:58

69 view

【映画】ビフォア・ミッドナイト

プロフィールの好きな映画にも上げているBefore SunriseとBefore Sunsetの続編、Before Midnightを観た。

ビフォアシリーズと紹介されていたりするけれど、この作品はシリーズものとして製作しているわけではない、と思っている。

始まりは、95年公開のビフォア・サンライズ。
当時は「恋人までのディスタンス」という青春もののような邦題がついていたせいで、かなり損していたと思う。
妹が劇場で観てとても夢中になっていたのでずっと気になっていて、私もビデオになってから観て好きな映画になった。

列車で出会った男女の「朝日が昇るまで」の物語。




そして04年に、前作の9年後の物語を本当に9年後に公開。
若く希望に満ちていたあの日のふたりは、社会に出て世の中に揉まれ、再び出会う。

再会したふたりの「夕日が沈むまで」の物語。




そして昨年、さらに9年後の物語が公開されると知ってとても楽しみにしていた。

いつもその後のふたりのことを想像しながら終わる作品。
でも続編を特に期待してはいないから、毎回思いがけないプレゼントをもらったような気持ちにさせられる。


この作品は、とにかく息つく間もないほどのふたりの会話しかない。
お互いの経験やその時感じたことをしゃべりながら、時にはダイレクトに本音をぶつけあい、時にははぐらかし相手の心理を引き出しながら延々と会話が続き時間が経過する。


出演は、イーサン・ホークとジュリー・デルピー。
他の登場人物はおまけと言っていいほど物語はこのふたりのやりとりしかない。

イーサン・ホークは、85年の「いまを生きる」で注目されて以降はあまり大きな作品に出ていないけれど、顔が好きなのと同い年ということで、何となくずっと応援している人。
今はすっかりたそがれてしまったけれど、一番美しかったのは最初の奥さんユマ・サーマンとの「ガタカ」という近未来サスペンスの頃かなと思う。

フォト


ジュリー・デルピーはフランス人なのに長くLAに移住していたり、歌手としてCDを出したり、気さくなイメージがあって好感を持っている女優さん。

どちらもこの作品があまりにもリアルなので、現実のふたりもそのままのような不思議な感覚になる。


18年を経て、現実のふたりは映画よりも変化に富んだ人生を歩んでいるようで、決して華々しくカッコいい生活をしているわけでもなさそう。
外見に固執するハリウッドセレブとは違って、自分たちのやりたいことを気楽にやっているところも何となく私には親近感が持てるのかもしれない。


前作でも軽くショックではあったけれど、美しかったふたりは更に9年経ち、顔には深いシワが刻まれ、体型もぼってり。
でも今回も変わらず明け透けな会話にスカッとして最後はふんわりと幸せになれた。

予告編
http://beforemidnight-jp.com/


「さすがにまた9年後はないよなー」と、観終わった後に男性がつぶやいていたけれど、それを期待するのはどうかなぁ。
このふたりの人生はカメラが回っていなくても続いている。
たまたま9年置きに私たちがそれを覗くことができただけ。

そんな気持ちにさせる作品です。

3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する