mixiユーザー(id:21777988)

2020年03月01日19:06

24 view

秩父のシンボル 武甲山登頂記

新型コロナウイルス感染拡大が明らかになり、イベント等の中止や自粛ムードとかで自分まで日に日にテンション下がるこの頃だが、せめてこの時くらいはそんなことを忘れようと今回は秩父のシンボル武甲山(カメラ1枚目)へ登頂。

登頂日、行程等は以下の通りバッド(下向き矢印)
・登頂日 ; 2020年3月1日(日)日帰り
・天気 ; 晴れ時々曇り
・登頂先付近の気温(左;最低 / 右;最高、気象庁HPより)
秩父 : 1.4℃ / 17.5℃
寄居 : 3.2℃ / 17.4℃
熊谷 : 4.6℃ / 18.6℃

・ 行程
秩父鉄道 浦山口駅 6:45
橋立登山道入口 7:30〜7:40
長者屋敷ノ頭 8:20
武甲山頂 8:55〜9:10
シラジクボ 9:30
小持山 9:55
大持山 10:20〜10:30
妻坂峠 11:05
武川岳 11:25〜11:30
山伏峠 12:15
伊豆ケ岳 12:45〜12:50
高畑山 13:25 
天目指峠 13:55 
子ノ権現天龍寺 14:30〜14:40 
降魔橋 15:00〜15:05
西武秩父線 吾野駅 15:50

当初は 妻坂峠から横瀬駅方面へ下る予定だったが時間にまだまだ余裕があったので 武川岳、更には 伊豆ケ岳のまで足を延ばした。

この後西吾野方面へ下る予定だったが分岐を見逃したのか通り過ぎてしまい、そのままアップダウンの激しい尾根道を通って結果的に吾野駅まで延べ約9時間と足がガクガクになるほどの長丁場登山となった


カメラ2枚目;武甲山頂より秩父市街地を望む。1,000辰鯆兇┐觸蠅ら市街地を望める山なんてそうないように思える
カメラ3枚目;浦山口駅からはしばらく橋立林道を通るが終点付近に土砂崩れ有。一応林道始点では「歩行者も通れない」との注意書きがあったが気を付けて通ればとりわけ問題はない。但し通過にはあくまでも自己責任で(上;下側から、下;上側から)
5 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する