mixiユーザー(id:21587781)

2021年09月10日07:46

49 view

少数派の同志の思い48

自然免疫は強いです。自己の元来の免疫を信じています。感染しても自身の免疫で治しましょう。日頃、○クチン類は打っていないので大丈夫です。アストラとか、モデルとか、ジョンソとか。あるのだけど日本のテレビではファイザーだけは悪い噂があまりいいません。不思議です。ファイザーには、中共のメンバーが70人もいたと聞きました。

幾つかの主流メディア組織の取締役会のメンバーにもいたと言います。中共、大手製薬会社、主流メディア、巨大マンモスファミリーです。結局、ワク○○に含まれるものは、酸化グラフェン、アルミニウム、ステンレス、ビスマス、酸化グラフェンをちりばめた脂質ナノ粒子キャプシド、寄生虫のクルーズトリパノソーマです。

最近では、寄生虫のクルーズトリパノソーマをファイザーは混入していたという話、これは、同志は知っているけど、初期のスパイク伝播で大騒ぎしていた頃、足のふくらはぎに虫のような妙な動きをするものが明らかにあると言っている方がいました。

それがなかなか排出できないで、イベルメクチン飲んだ直後にウズウズが消えたと言います。イベルメクチンは寄生虫の薬なのかな。クルーズトリパノソーマは、零下80度で亡くなりになるそうですが、ファイザーは零下75度保冷を指定とています。一方のモデルナは零下20度です。

国内90%超となったデルタ株では、非接種者と2回目接種者が等しく感染し、他者に感染させられる以上、国民の集団免疫獲得の為の接種の論理は既に破綻しています。ワクチンパスポートは無意味です。ワクチンが感染拡大抑止にならないのはデルタ株が鼻腔内粘膜上で増殖し空気感染するからです。

マドリッドのファイザー研究所が火事になりました。心臓内科はワクチン接種後特需でエライ事になっています。ワクチン接種後に胸痛を起こす人が連日押し寄せていると言います。人間として最も重要な基本的人権が今正に奪われ様としています。大変な状況下にあるから、何を押し付けても良しとする政府の考え方は、国民の生活を破壊しています。

人間的な尊厳までも奪うものです。ワクチンパスポートは任意の形をした圧力で強制とほぼ等しく、先人達が国民を守る為に積み上げてきた最も重要な憲法、基本的人権の尊重を完全に無視しています。同意なき医療行為はあってはならないとする医療の規範すら反故する大変危険なものです。ワクチン接種は安全性が確認されていないのです。

子供達の未来を奪う可能性のあるものと言えます。またこれらの暴挙を容認する事は、ワクチンの問題に留まらず、言論の自由、思想家の自由のないファシズムに繋がる大変危険なものです。治験中のワクチンの長期的な危険性は計り知れません。充分な治験すら終えていないものを強制するのは違法でしょう。

遺伝子組換えワクチンの副反応リスクは人類にとって未知数です。短期的であっても、感染予防効果無いばかりか、感染拡大を示すデータがあるのです。ワクチンの本来の定義にすら反します。重症化予防効果ないばかりか、死者増加のデータが存在します。発症予防効果は認められるが、重篤化とは無関係です。自由を奪う事は人権侵害です。

岩戸開きの会の発起人。杉田穂高(日本根本療法協会会長、医療法人杉田歯科医院院長)。船瀬俊介(環境問題評論家)。谷本誠一(呉市議会議員)は、全ての国民に一人でも多くの賛同者を募っています。「ビルゲイツの目的は、ワクチンというか、人間の遺伝子改変です」と元理研研究員小早川智さんが語っています。

いろんなところからいろんな話が出てきます。完全に分断ができてしまいました。ここにきて日本製の飲み薬、治療薬しかも複数が完成間近になってきました。これらで重症化を防げればただの風邪になる日も近いです。PHVワクチン推奨の議論が復活してきました。推奨はともかく周知の徹底から始めてほしいと思います。
14 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する