ホーム > mixiユーザー(id:2129235) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2129235)

日記一覧

 20日読売。低迷続くバイク市場。販売台数はピーク時(82年)の10分の1。各社、中・大型に活路を求めるが、さらに若者のバイク離れを招く虞も。→ うーん。あんなに楽しいものを知らないなんて、勿体無い。町のバイク屋さんも激減したし。バイク乗り文

続きを読む

 15日毎日夕刊。アップルウォッチの初期設定。性別は女・男・その他、から選べる。 ハーバード大の学生登録も、he, she, ze から選べる。 英国では、Mr. Mrs. Miss. Mx から選べる。 カナダでは、生後8ヶ月の赤ちゃんに性別記載しない健康保険証を出し

続きを読む

 19日各紙web。ホワイトハウスはスティーブン・バノン大統領上級顧問・首席戦略官の辞任を発表。CNNによると、バノン氏が16日付リベラル系メディアとのインタビューで政権内の確執を暴露したことで、トランプ氏が更迭を決断したという。→ トランプ

続きを読む

 17日朝日。台湾で、全世帯の半数が影響を受ける大規模停電が15日に発生していた。原因は、作業員の操作ミスで、LNG発電所への燃料供給が2分間止まったことがきっかけで、各所の安全装置が落ちたこと。背景には逼迫する電力事情がある。 経済界は原発

続きを読む

 正論9月号。豊田真由子議員に近いほど秘書ハラをする女性議員は「SY、KS、IK」の3人。この3事務所も秘書がよく代わる。他に(男性かも)UT、MT、KRも秘書当たりが悪いので知られる。ただし豊田は突出して酷かった。 逆に評判良いのは平沼赳

続きを読む

 図書館本「この経済政策が民主主義を救う」(サブタイトル:安倍政権に勝てる対案)松尾匡(ただす)著、大月書店、を読了。 福島第一原発事故の影響問題やニセ科学批判では正しい、有意義なツイートを連発するのに、経済についてはナンセンスの極みみたい

続きを読む

 12日朝日。米・加の在キューバ外交官やその家族に、耳が聞こえなくなるなど原因不明の症状が出ている。FBIなどの捜査では、音波などで攻撃された可能性もある。米国は対抗措置として在米キューバ外交官2人を国外追放にした。 ただし、米国はキューバ

続きを読む

 「信長」(原作:工藤かずや、作画:池上遼一版)を読了。 これは、昔は8巻の途中までしか単行本が無く、途中で終わっていた。なんでも、城の内部の図面に盗用の疑いがあったらしい。その後、絵を書き直して完全版が出た、とは聞いたんだけど、未読でした

続きを読む

 26日朝日。be between。「『愛してる』?って言ったことがある?」  Yes. 53%、                 No. 47%。  Yes.と答えた人に聞く、誰に?    1位:配偶者、                2位:恋人、    3位

続きを読む

談笑一門会(2017.8.25)
2017年08月26日10:54

 談笑一門会。久しぶり。少し離れた席にマイミクさんが座っておられた。ご挨拶。ゆっくり観たいので、互いに隣の席には移動せず。 開口一番:談洲(だんす)さん(前座)「時そば」 ヒップホップダンスの指導員資格を持っているのが芸名の由来だそう。 マ

続きを読む

 11日夜の各紙web。小池都知事、豊洲市場移転問題の最終決定に関する記録が残っていないことを問われ、「最後の決めはどうかというと、人工知能です。人工知能というのは、つまり政策決定者である私が決めたということ」と答えた。→ 気が狂っているのか

続きを読む

 よく誤解されているものに、「構造改革」(アベノミクス第3の矢が近い)がある。  「日本は天才を潰す国だ!良くない!天才はそれなりに処遇せよ!」と言う人までもが、しばしば同じ口で  「アベノミクス第3の矢、構造改革は新自由主義だ!格差を拡大

続きを読む

 9日読売。日本の年間漁獲量は、1972年〜1991年は世界最多だった。ピークの1984年は年間1150万トン。 しかし2015年は358万トンで世界8位。約7割減。 現在の世界最多は中国で、年間1785万トンも漁獲する。 なお、世界の魚の消費量は、過去5

続きを読む

 13日。大学改革に関連し。「大学で職業訓練をするなんて!大学は、もっと、様々なことに通じる基礎を学ぶべきところだ!」という批判をよく目にする。確かに、一理ある。 でも、昨今の就職状況を見ると、大学で職業訓練をすることにも一理あると思うんだ

続きを読む

 13日読売。民進党代表選。各グループの支持動向。  前原支持:旧民社、旧細野、大畠、松野、前原。京都新聞によると、旧長島も。  枝野支持:赤松のみ。菅と岡田は個人で枝野支持。  未定  :江田、野田→ 枝野氏は、党員・サポーター票に希望を

続きを読む

 12日毎日夕刊。クウェート政府は北の労働者にビザ発給を停止した。直行便も廃止。今クウェートにいる北の労働者は、約6000人。→ 良い傾向。制裁が効きますように。 11日朝日。南シナ海での航行の自由作戦、トランプ政権として3回目の実施。駆逐艦が

続きを読む

 「キングダム」 1〜10巻くらい。幼い秦王「政」(後の始皇帝?)に仕えることになる同年代の少年の物語だった。何十巻も出ているけれど、テンポが良いのですぐ読めそう。 11〜20巻くらい。一つひとつの戦をジックリ描いているので、なかなか話が進まな

続きを読む

 前半の世論調査結果はこちら↓   http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1961920650&owner_id=2129235 15日web。NHK世論調査。8/4〜6、単位は%。()内は前回7/7〜9の結果。   内閣支持    39  (35)、    不支持  43  (48)  

続きを読む

 11日朝日。韓国映画『軍艦島』。史実と創作が混ざり、観客はその境目が分かり難い。「知らなかった事実を知った」と興奮する人もいるが、そうでない人もおり、韓国国内でも論争を呼んでいる。 日本側による労働者抹殺計画(強制労働の事実を隠すため)や

続きを読む

 超金融緩和(いわゆるアベノミクス第1の矢)について。 私は、超金融緩和を決して否定しません。 ただし、どんな政策でもそうですが、当然この策にもリスクがあります。特に、政府等の債務が莫大な日本においては、そのリスクは大きい。なので、そのリス

続きを読む

 9日読売・産経。女子挺身隊に動員されたとして、韓国人女性と別の女性の遺族、計2人が三菱重工に損賠を求めた訴訟で、光州地裁は1億2325万Wの支払いを命じた。「個人賠償権は消滅していない」と判断。→ 韓国最高裁(大法院)がそういう判断をしている

続きを読む

 7日朝日。19世紀から非同盟を貫いて来たスウェーデンだが、ロシアによる2008年のジョージア侵攻、2014年のクリミア侵攻を見て、軍備強化に方針転換。徴兵制も復活。初めて女性も徴兵対象になった。→ ロシアの振る舞いを見ていれば理解出来る反応。日本の

続きを読む

 3日毎日。米IT企業のスリー・スクエア・マーケット社は、希望する従業員の体内(人差し指と親指の間)にID用ICチップを埋め込む。→ これ、先にフィンランドで大々的にやっていなかったっけ?批判も多いでしょうね、この措置。勝手にスキャンされや

続きを読む

 2日読売夕刊。トランプ氏、「鴻海が米国内に3.3兆円の投資をする」というオフレコ話を暴露した。→ よほど嬉しかったんでしょうけど。でも、そんなことをやっていると、誰からもオフレコ話なんかして貰えなくなるよ。この話だって、喋ったばかりに立ち

続きを読む

 31日読売・朝日。中国人民解放軍創設90周年で、軍事パレードが内モンゴルで行われた。軍創設記念パレードは初めて。軍改革の成果誇示が目的か。→ 秋の党大会に向けて、習が成果を誇示したかったんでしょう。お金がかかるのに。。。 1日読売。中国軍機

続きを読む

 27日朝日夕刊・読売夕刊・毎日夕刊。FOMCは利上げを見送り、政策金利を維持した。FRB保有資産の縮小は「比較的早く」と発表。9月に縮小か。→ FRB/FOMCは緩和からの出口に入っている。政府・日銀に圧力が来る日も近い。日本が超金融緩和

続きを読む

 9日朝日。北朝鮮、孤立鮮明。ASEAN・ARFで二国間会議に応じたのは中露比の3ヶ国のみ。背景にティラーソン国務長官の動きがある。→ 米国による北朝鮮包囲網。どこまで効果があるか?は不明。 9日毎日夕刊。ARF閣僚会議は8日深夜、議長声明を発表し

続きを読む

 28日朝日。中国高速鉄道で、200人超死傷事故以来、6年ぶりに350km/h運転が再開される。→ 最初は多くの部分が新幹線の猿真似だったけれど、もうそろそろ独自開発部分が多くなって来ているはず。中国の技術力、侮り難し。 3日読売夕刊・朝日夕刊。中国

続きを読む

マンガ「うつヌケ」
2017年08月15日09:33

 マンガ「うつヌケ」を読了。 手塚治虫風の絵柄で主に下ネタ漫画を描く、サラリーマン兼業の田中圭一さんの作品。本作品ではいつもと違い、ご自身や、取材した17人の、鬱病(ウチお1人は双極性障害)からの回復話をコミカルに描く。 全体に手塚風の絵柄

続きを読む

 3日産経。BRICS貿易相会合、米国を牽制する「保護主義に反対」などで合意し閉幕。→ 中国インド以外のBRICSはかつての勢いを失ってる。それもあり、「保護主義反対」などと言ってもトランプには通じない。 8日各紙。ASEANと日米中ロなど18カ国が参加す

続きを読む