ホーム > mixiユーザー(id:2129235) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:2129235)

日記一覧

 23日各紙webやNHKニュース。沖縄県知事、沖縄防衛局に1週間以内の辺野古での作業中止を指示し、従わない場合は岩礁破砕許可を取り消す考えを表明した。→ 政府の強硬姿勢にキレた感じ。沖縄県警はどう動く?海保などに対抗できるかな? 24日夜のニュ

続きを読む

 26日地方紙。福島第一原発廃炉作業で、被曝の法定上限「5年で100mSv」を超え現場で働けなくなった作業員は、この1月末で174人。登録作業員約14000人中、50〜100mSvの被爆は2081人。→ 東電は「余裕がある」と言っているらしい(記事)けど、ベテランが

続きを読む

 22日読売web。将棋電王戦第2局。ソフトがバグで、棋士の奇手「角不成り」に対応できず、反則負け。これで人間側の2勝0敗。→ ようやく人間側の研究が進んできた感じ。 29日朝日。電王戦FINAL第3戦。ソフト「やねうら王」が稲葉陽七段に勝利。→ 

続きを読む

 21日朝日・地方紙。理研、小保方氏に論文投稿費の60万円のみ返還請求し、STAP問題への対応を終了。→ 非常に形式的な請求。やっぱ彼女(の弁護士)との間で何か密約があるのでは?という疑念がぬぐえない。 24日朝日・地方紙。オウム元信者の高橋被告

続きを読む

 22日地方紙。Uber(配車アプリ。悪く言う人は白タクアプリとも)による配車、NYでタクシーを抜く。→ 素人ドライバーによるタクシー業界侵食。2種免許の代わりに市場原理に委ねよう、という。日本のタクシー業界関係者は戦々恐々?道を知らないのは、

続きを読む

 21日朝日。京都市で、野良猫などへの「不適切な」餌やりを禁止する条例が成立。→ そこまでする?でも、1階に住む人には切実なのかも。 ただ私は、猫より鳩への餌やりの方が被害大きそうに感じる。 24日朝日・地方紙。自公両党の幹事長が北京を訪問

続きを読む

ロシアの暴走とどまらず
2015年03月27日19:31

 17日朝日・地方紙。ロシアのプーチン大統領はテレビ番組で「昨年3月のクリミア併合時に、核兵器使用の準備を検討していた」と述べた。周辺国に核の脅威をちらつかせる発言。→ しかも、ロシア軍は出していない、というのも嘘だったと認めたようなもの。

続きを読む

 21日朝日。be between。「あなたに恐怖症はありますか?」と聞くと。全回答者1996人。         ある 53%、  ない 47%。 あると答えた人に、さらに「その対象は(複数回答)」と尋ねると(内は人、全回答者比%)  1位 高所(506

続きを読む

 13日朝日。韓国銀行、政策金利を2%→1.75%に引き下げた。→ これは遅すぎる処置だと思う。米日のような超緩和する必要は無いけれど、3大貿易相手国のウチ2国が超金融緩和している中、2%では高すぎた。 15日産経web。デンマークの製薬企業の調

続きを読む

 19日朝のニュース。チュニジアでテロ。邦人数人が死亡、数人が負傷。昼のwebによると3人死亡、3人負傷。→ 博物館が襲撃されたんで、日本人が標的になったワケではないらしい。痛ましい。合掌。 19日ネット。チュニジアでのテロ、ISISと地元過激派

続きを読む

 21日夜のニュース。岸田外相、訪韓し、およそ3年ぶりに日中韓外相会談が実現。 まず3外相揃って朴大統領も訪問。 韓国の尹外相との2ヶ国会談では、日韓国交正常化50周年、産経ソウル前支局長問題、首脳会談などについて岸田は話した。 中国の王外相

続きを読む

 18日夜のNHKニュース。福島第一原発で全電源喪失訓練。事故後、毎年行っているが、報道陣に公開されたのは初めて。→ これはとても良い取り組み。事故前からやっていれば。。.。と悔やまれる。日本人、特にエリートは、事前に想定して訓練してればと

続きを読む

 話題の投資マンガ『インベスターZ』モーニング誌15号。「円安は絶対に良くない」。→ 長期的にはその通りだと思う。なので今の日本のように円安効果しかない超金融緩和は、長く続けてはダメ。景気の着火剤としてしかやるべきでない。通貨安以外の効果があ

続きを読む

 17日朝日。2010〜14年の世界武器輸出(SIPRI調べ)。中国が9位から3位に浮上。  1位 米国 31.1%、 2位 ロシア 26.5%、 3位 中国  5.4%、  4位 ドイツ 5.2%、 5位 フランス 5.2%→ 中国は、まだシェア的には小

続きを読む

どうなるAIIB
2015年03月22日16:52

 14日朝日。中国が主導するアジアインフラ銀行(AIIB)にG7として初めて英国が参加を表明。英連邦のカナダや豪州も追随する可能性がある。高まる発言力、とまどう日米。→ 中国が民主化するまで、G7は一致団結して対処しないとイケナイんだけどね

続きを読む

 15日毎日web。NHK籾井会長、私的ゴルフの際のハイヤー代がNHKに請求されていた。内部通報で発覚。その後、籾井氏は自己負担したが、返却の時期については内部通報があった前か後かは不明。→ 大問題とまでは言わないし、事務的誤りもしくはうっかりの

続きを読む

春闘(1回目集計まで)
2015年03月21日17:39

 15日朝日。電機大手6社はベア3000円(昨年は2000円)で決着。今の仕組みになってから最高額だが、労組要求の半額で、物価上昇には及ばず。→ 消費増税分を入れた物価上昇に及ばないのは当然(それが増税と言うものだよね)だけど、消費増税分をのぞいた

続きを読む

 17日朝日。旧日本軍の捕虜虐待を描いたアンジェリーナ・ジョリー監督(本業は女優)の映画「アンブロークン」が「反日」とされネットで連日批判されている。このため日本公開が揺れている。→ 記事にもあったけど、「戦場にかける橋」や「戦場のメリーク

続きを読む

 15日。昨日も今日も、朝のテレビは北陸新幹線の話題ばっかり。それに比べて、九州新幹線の時は、、、(涙)、、、(無理もないけど) でも、新幹線って乗っていてツマラナイんだよね。旅情がないし、景色はあまり見えないし、早く着きすぎるし。ビジネス

続きを読む

 12日朝日。中国が、福島第一原発事故後初めて、新規原発の着工認可を再開した。今後加速か。→ 中国クオリティだと不安。万が一、事故れば、偏西風で日本に放射性物質が流れてくるでしょうし。 15日朝日。中国雲南省、少数民族自治区のミャンマーとの

続きを読む

 12日朝日。政府は公明党に、(陸自による)邦人救出5事例を提示した。   1)集合場所への唯一のルートが通行妨害に遭った   2)集合場所が暴徒に取り囲まれた   3)集合場所に向かう邦人が誘拐された   4)現地日本大使館などが占拠された   

続きを読む

 8日朝日。JR山田線で復旧工事が始まる。完了すれば三鉄に運営移管される。→ そもそも、運営が切り離され民営化されたことの方がヘンだった。JR時代の路線名に引きずられたのかしらん?それとも、何かニーズがあったの? とまれ、繋がったら乗りに行き

続きを読む

 15日産経web。デンマークの製薬企業の調べによると、日本人の10人に1人がうつ病を経験していることが分かった。調査は世界16カ国で行われ、各国千人ずつ企業で働いた経験がある人が対象。中国の6%、韓国の7%に次いで少なかった。特徴は、同僚や

続きを読む

 6日朝日・地方紙。中国で全人代が開幕した。李克強首相は、2015年のGDP成長目標を3年ぶりに引き下げ、7%前後とした。国防予算は、その伸びを上回る前年比10.1%増の約16.1兆円。国防予算は5年連続の2桁の伸び率。もっとも、昨年より約2ポイ

続きを読む

 11日ネット。将棋名人戦挑戦者決定プレーオフ、2回戦は久保九段が渡辺二冠に勝利。次は名人挑戦を賭けて行方八段と対戦する。→ 好調の渡辺二冠が敗れる波乱。やっぱ、タイトル戦の隙間に入った過密日程の影響かしらん。久保vs行方は、調子だけなら行方

続きを読む

 10日朝日・地方紙。戦後70年談話に関する有識者懇の座長代理、北岡・国際大学長は講演で「安倍首相に『日本は侵略した』と是非言わせたい」と述べた。→ ちょっと、各紙の論調に合う部分を切り出したカンジ。謝罪について、これまでの談話の表現に拘ら

続きを読む

 8日webニュース。ボコ・ハラム、ISISに忠誠を誓う映像を公開。→ アル・カーイダ同様、フランチャイズ制みたいな。 8日朝日。イラク政府によると、ISISがメソポタミア文明のニムルド遺跡を破壊した。→ やはりこれもISISの宣伝活動の一環か。他の人間

続きを読む

 7日朝日・地方紙。野依・理研理事長が、高齢や長い任期を理由に辞任の意向。STAP問題での引責は否定。→ でも事実上の引責でしょう。理事長なんて、ほとんど何かあった時に責任を取るために存在するような職だよね。STAP問題で、ロクに指揮を執れていなか

続きを読む

 10日朝日。2014年のGDP、前年比−0.03%だった。マイナスは大震災の2011年以来3年ぶり。 10日地方紙。GDP、10〜12月期の改定値は、実質で0.6→0.4%(年率換算で、2.2→1.5%)と下方修正。プラスは3四半期ぶりだが、設備投資の減少と

続きを読む

 10日朝日・地方紙。ドイツのメルケル首相が訪日し安倍首相と会談。対テロ、ウクライナ対応への連携や、経済関係強化などで一致した。 また、「アドバイスする立場にない」としつつ、ドイツの戦前の行為検証した経緯を紹介し、講演では東アジア各国の緊張

続きを読む