ホーム > mixiユーザー(id:21258650) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:21258650)

日記一覧

86年5月1日、両国国技館、メインイベント タッグマッチ時間無制限1本勝負、アントニオ猪木&上田馬之助組vsアンドレ・ザ・ジャイアント&ショーグン・KYワカマツ組。先に猪木、上田組が入場しアンドレ、ワカマツ組を待ち受けています。古舘アナ「地殻変

続きを読む

古舘アナ「さあ、どうだっ!総決起、おーっと!切り返していったぁ!ここらあたりは藤波、大将としての意地であります。新日の屋台骨を支えてまいりました。大量離脱を迎えて、一時はピンチに立った新日プロを必死に猪木と共に支えてまいりました前線部隊の、

続きを読む

前田、フルネルソンに藤波を捕らえると藤波の代名詞とも言うべきドラゴン・スープレックスホールド、藤波はこれでフォールを取られる訳にはいきません。必死のクリアー。古舘アナ「さあ、出た出た出たぁ!ドラゴン・スープレックスっ!お株を奪ったぁ!」桜井

続きを読む

古舘アナ「桜井さんっ、ちょっとこちらから見た限りはですねぇ」桜井さん「はい」古舘アナ「こちらから見た限りではですねぇ、ちょっと、脳天のあたりも切っている感じがありますね」桜井さん「そうですねぇ、額だけじゃないですねぇ、頭もねぇ2箇所位切れて

続きを読む

86年5月1日、両国国技館、新日本プロレスvsUWF5対5勝ち抜き戦第9試合(20分1本勝負)【新日本大将】藤波辰巳vs【UWF大将】前田日明。レフェリー柴田勝久。田中秀和リングアナによる両選手のコール古舘アナ「UWFの黒髪のロベスピエール、UWF若

続きを読む

藤原は藤波の執拗なスリーパー地獄を逃れると藤波を場外に落としての鉄柱攻撃から場外フェンスに叩きつけていきます。古舘アナ「鉄柱っ!」小鉄「今度はですね、両方ですね、共倒れの試合をやろうっていう感じですね。今、どっちかっていうとそんな感じですね

続きを読む

古舘アナ「さあ、背後からスリーパーホールド、朦朧としている藤原喜明、山本さん、入ってますねぇ」小鉄「そうですね。今、完全に決まってますね。少しですね、藤原選手、今首を振りましたけどね、危ないっていう感じでしたからね」古舘アナ「ああ、なるほど

続きを読む

桜井さん「古舘さんっ」古舘アナ「はい」桜井さん「藤原がねぇ、今、受けのレスリングをやってますよね。とにかく藤波にねぇ、どんどん攻めさせるという」古舘アナ「ええ」桜井さん「これねぇ、藤波のスタミナを出来るだけ奪ってねぇ、前田につなごうというね

続きを読む

86年5月1日、両国国技館、新日本プロレスvsUWF5対5勝ち抜き戦第8試合(20分1本勝負)【新日本大将】藤波辰巳vs【UWF副将】藤原喜明。レフェリー柴田勝久。古舘アナ「いよいよ大将と副将の闘いになりました。一歩リードしておりますUWF。大将の藤

続きを読む

藤原、サソリ固めを抜けるとヒールホールド。これは木村がロープエスケープ。木村は立ち上がるとキック、パンチを見せますが藤原、正面から木村の左腕を取りにいくワキ固め。古舘アナ「切り返してからの腕殺しっ!切り返しての腕殺し、サブミッション、逆関節

続きを読む

古舘アナ「桜井さんっ」桜井さん「はい」古舘アナ「ここらあたりまでの局面はどうですか?」桜井さん「そうですねぇ、まあ、あのぉ〜、藤原がねぇ、やはり、あのぉ〜、木村がねぇ、藤原殺しを狙ったんですがねぇ、巻き返しましたよねぇ」古舘アナ「そうですね

続きを読む

古舘アナ「山本さんっ」小鉄「はい」古舘アナ「さあ、ここで木村がようやく返していきましたが、二人の思惑のぶつかり合い、駆け引きというものがあらわになって来ましたねぇ」小鉄「そうですね。最初にですね、あの、仕掛けていったのはですね、木村選手です

続きを読む

86年5月1日、両国国技館、新日本プロレスvsUWF5対5勝ち抜き戦第7試合(20分1本勝負)【新日本副将】木村健吾vs【UWF副将】藤原喜明。レフェリー柴田勝久。古舘アナ「新日に史上最大の道場破りを敢行致しましたUWF、まさしくその副将であります藤

続きを読む

古舘アナ「さあ、ここらあたりで、木村が木戸にイチコロということになってしまいますと、木村は完全に汚名を着せられてしまいます。さらには藤波との亀裂も生じかねないといった、そんな意地悪な憶測も飛んでしまう訳であります」木村、エルボースマッシュの

続きを読む

古舘アナ「さあ、徐々に、徐々にUWFとしては、流れとしては新日サイドを追い詰めて、大手をかけんという、そういった状況になってまいりましたが、その前に木村健吾が立ちはだかっている訳であります。将棋に例えるなら、飛車あるいは角でありましょうかこ

続きを読む

86年5月1日、両国国技館、新日本プロレスvsUWF5対5勝ち抜き戦第6試合(20分1本勝負)【新日本副将】木村健吾vs【UWF中堅】木戸修。レフェリー柴田勝久。古舘アナ「山本さんっ」小鉄「はい」古舘アナ「これでですねぇ、木戸はですねぇ、敢えて勝敗と

続きを読む

小鉄「木戸選手もですね、同じくそれによって響いた訳ですね」越中、木戸の首を押さえてエルボーバット。首投げから逆エビ固めヘ。こらえる木戸。越中、完全にステップオーバー。木戸は腕立てで返して一回転、木戸が上になりカウント2。越中は木戸の足にスト

続きを読む

場外に転落した木戸を越中はリング内で待ち受けます。木戸がリングイン。木戸は張り手、越中が体勢を入れ換えてコーナーマットに押し込んでお返しの張り手。越中はスリーパー狙いにいきますが木戸はスリーパーにきた越中の腕を取って切り返してハンマーロック

続きを読む

ここで、藤井曉アナからサイドリポートが入ります。藤井アナ「放送席古舘さん」古舘アナ「はい藤井さん」藤井アナ「坂口選手なんですけれども、去年のタッグ・リーグ戦で痛めた左足の靭帯をまたちょっと痛めてしまったようなんです」古舘アナ「ああ、そうです

続きを読む

86年5月1日、両国国技館、新日本プロレスvsUWF5対5勝ち抜き戦第5試合(20分1本勝負)【新日本中堅】越中詩郎vs【UWF中堅】木戸修。レフェリー柴田勝久。越中、リングに入場するや奇襲のキックから木戸を場外へ落としていきました。 古舘アナ「さあ

続きを読む

小鉄「確かにいい蹴り入れましたよ。山崎選手もですね。でもね、1発2発じゃやっぱり通じないということなんですね。連発でいかないと無理だということですね」古舘アナ「はい。私がああだこうだと表現変えて言いましたけれども、山本さんがただ一言、端的に

続きを読む

86年5月1日、両国国技館、新日本プロレスvsUWF5対5勝ち抜き戦第4試合(20分1本勝負)【新日本次鋒】坂口征二vs【UWF中堅】木戸修。レフェリー柴田勝久。古舘アナ「紙テープが投げ込まれてまいりました。さあ、中堅の木戸、そして迎え撃つ形となりま

続きを読む

古舘アナ「さあ、坂口がこれを捕まえて、片逆エビ固めの体勢に向けて行くっ!山本さんっ、これは完全にはステップオーバーしていませんが、ちょっと上半身、上体が高いですか?」小鉄「ところがですね、お尻の上に乗っかってますからね」古舘アナ「逆にこれ、

続きを読む

山崎は前かがみの体勢から坂口の左足を取って倒し、レッグロックヘ。ギリギリと絞め上げていきます。坂口は山崎の上半身を捕まえて強引に外しにいきますが山崎はトーホールドヘ。坂口はこれを腕をこじ入れて引っ張って外そうとしますが山崎は素早くアキレス腱

続きを読む

86年5月1日、両国国技館、新日本プロレスvsUWF5対5勝ち抜き戦第3試合(20分1本勝負)【新日本次鋒】坂口征二vs【UWF次鋒】山崎一夫。レフェリー柴田勝久。古舘アナ「厳しい形相です坂口、相手を飲まんとするような表情で握手を敢えて交わしていきま

続きを読む

古舘アナ「柔道流ですねぇ!」高田、懸命にロープににじり寄ってようやくエスケープ。古舘アナ「さあ!UWFの関節技、その十八番(オハコ)を奪うかのような坂口の柔道スタイルの決め技であります。これ以上いきますと『落とす』という、そういった場面もあっ

続きを読む

古舘アナ「まあ、高田を破ることは出来なかった山田、力及ばずと言った感じだったんですが、いいところも見せたし、当然ですね、高田の消耗度を考えると間接的な貢献をしたという好意的な見方もある訳ですからね」桜井さん「ええ、そうですねぇ、あれだけ山田

続きを読む

86年5月1日両国国技館、新日本プロレスvsUWF5対5勝ち抜き戦第2試合(20分1本勝負)【新日本次鋒】坂口征二vs【UWF先鋒】高田伸彦。レフェリー柴田勝久。高田、ゴング前から早くも左ミドルキックの奇襲攻撃。先制攻撃の高田を坂口は力でコーナーに押

続きを読む

古舘アナ「さあ、足を取った、足を取ったぁ〜!この辺は読んでいた足4の字!キック攻撃を受けて、そして何発もお見舞いされながらも、ここぞと言う時に…」桜井さん「この動きはいいですよぉ!」古舘アナ「ここぞと言うところでUWFの反骨の剣(つるぎ)、キ

続きを読む