ホーム > mixiユーザー(id:21258650) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:21258650)

日記一覧

後半戦特別参加、白覆面の魔王ザ・デストロイヤー(5月24日横須賀市総合体育館〜6月14日後楽園ホール)は前83年5月のグランド・チャンピオン・カーニバルPART彊瞥茲舛腓Δ稗映ぶりの来日。地元であるニューヨーク州アクロンのハイスクールでフットボー

続きを読む

新NWA世界ヘビー級王者のケリー・フォン・エリック(5月22日田園コロシアム〜25日船橋市運動公園体育館特別参加)は前シリーズ、グランド・チャンピオン・カーニバルPART気紡海2シリーズ連続参戦。  24歳でのNWA世界ヘビー級王座戴冠はルー・テ

続きを読む

84年グランド・チャンピオン・カーニバルPART競轡蝓璽些幕前には馬場が記者会見を行い、鶴田とのタッグで保持していたインターナショナル・タッグ王座返上を発表しています。馬場は前シリーズの4月25日、横浜文化体育館でスタン・ハンセン、ブルーザー

続きを読む

84年グランド・チャンピオン・カーニバルPART兇錬儀18日、流山市総合体育館から開幕。同時期(5月11日、福岡スポーツセンターで開幕)開催の新日本プロレス、IWGPと興行合戦で真っ向勝負となりました。IWGPは前83年、ハルク・ホーガンのアックス

続きを読む

一方、新日本プロレスから派生した第3団体UWFはフジテレビの放送中止で最初から大きな躓きを見せましたが、84年4月11日、大宮スケートセンターから17日、蔵前国技館までの日程でオープニング・シリーズを開催。シリーズ最終戦の蔵前では前田日明に新日本

続きを読む

84年5月6日、テキサス州ダラス・テキサススタジアム(観衆38,000人超満員発表)で2月10日に日本の宿泊先である高輪東武ホテルの自室にて25歳の若さで急死したデビッド・フォン・エリックの追悼興行が行われました。メインイベントはNWA世界ヘビー級王者リ

続きを読む

鶴田のAWA世界ヘビー級王者としての防衛ロード、北米サーキット第2弾もいよいよ最終日。84年5月13日、ミネソタ州セントポール・シビックセンター(テレビ収録、観衆15,000人超満員発表)大会。ツアー最終戦における鶴田への刺客は弱冠27歳のリック・マーテ

続きを読む

AWA世界ヘビー級王者、鶴田の北米サーキット第2弾も残すところ後2つ。84年5月11日はウィスコンシン州ミルウォーキー・オーデトリアム(観衆3,500人発表)大会。鶴田のベルトに挑むは黒い猛牛、ブラックジャック・マリガン。ブラックジャックスの片割れで

続きを読む

連日に亘るAWA世界ヘビー級王者、鶴田の北米サーキットも5月8、9日はオフ。5月10日は3月15日以来のユタ州ソルトレイクシティ・ソルトパレス(観衆4,800人発表)大会。前回の同会場ではジム・ブランゼルの挑戦を退けた鶴田でしたが、今回挑戦者に出迎え

続きを読む

鶴田、過酷なるサーキット、AWA世界ヘビー級王者としての2度目の北米ツアー第8戦は84年5月7日、カナダへ移動してのケベック州モントリオール・ポール・サウべアリーナ(観衆3,500人発表)大会。ポール・サウべ・アリーナと言えばこれより遡ること9年前

続きを読む

鶴田AWA世界ヘビー級王座防衛ロード、北米サーキット、鶴田包囲網、デンバー大会の翌日は84年5月5日、イリノイ州ロックフォード・ボイラン・ハイスクール(観衆4,200人発表)大会。おそらく、高校の体育館かと思われます。鶴田はこの日、人間風車ビル・ロ

続きを読む

日本人初のAWA世界ヘビー級王者、鶴田の北米サーキット、防衛ロード第2弾、AWAの帝王バーン・ガニアは至宝のベルトをホームリングに戻すべく、連日に亘り鶴田の防衛戦を組んでいきました。5月4日はコロラド州デンバー・ミニュシバル・オーデトリアム

続きを読む

鶴田のAWA世界ヘビー級王者としての防衛ロード、北米サーキット第2弾第3戦は84年5月2日、ミネソタ州ロチェスター・メイヨ・シビック・オーデトリアム大会(観衆4,800人発表)。鶴田に挑戦したのはベテランの妖獣バロン・フォン・ラシク。鶴田とラシクは

続きを読む

日本人初のAWA世界ヘビー級王者、鶴田の北米サーキット第2弾、2日目は4月29日、イリノイ州シカゴ・ローズモント・ホライズン(観衆19,000人発表)。鶴田の同所での防衛戦は3月4日のブラックジャック・ランザとの試合以来。この日も鶴田は前王者ニック・

続きを読む

84年グランド・チャンピオン・カーニバルPART気妊縫奪・ボックウィンクル、グレッグ・ガニア、ジム・ブランゼルを相手にAWA世界ヘビー級王座の防衛に成功した鶴田はシリーズ終了後の4月28日から2週間に亘り、世界王者として2度目の北米サーキット

続きを読む

スタン・ハンセンとブルーザー・ブロディのツープラトンのハイジャック式パイルドライバーで頚椎を痛め、無念の欠場となった馬場は、「あの技は危険だ。NWAとPWFに言って使用禁止にしてやる」と怒りをあらわにしていましたが、後に87年11月19日、新日本プ

続きを読む

84年グランド・チャンピオン・カーニバルPART機■丕廝得こΕ織奪芦座決定リーグ戦の最終日は4月25日、横浜文化体育館(テレビ収録観衆5,100人発表)大会。残された公式戦は2つ。先ずセミファイナルで行われたのは2点の鶴田、天龍組vs3点のグレッグ・

続きを読む

84年グランド・チャンピオン・カーニバルPART機■慣24日は大阪府立体育会館(テレビ収録、観衆6,800人発表)。メインイベントはPWF世界タッグ王座決定リーグ戦2回戦、鶴田、天龍組vsスタン・ハンセン&ブルーザー・ブロディ組の優勝の行方を大きく左

続きを読む

84年グランド・チャンピオン・カーニバルPART気眤腟佑瓠4月23日は金沢・石川県産業展示館大会(観衆5,800人超満員発表)メインイベントはPWF世界タッグ王座決定リーグ戦2回戦、馬場、ドリー・ファンク・ジュニア組vs鶴田、天龍組の師弟対決。リーグ

続きを読む

84年グランド・チャンピオン・カーニバルPART気盻盤戦に突入、4月20日は福島市体育館大会(観衆2,800人発表)が行なわれました。メインイベントのPWF世界タッグ王座決定リーグ戦1回戦最終試合、鶴田、天龍組vsスタン・ハンセン、ブルーザー・ブロデ

続きを読む

84年グランド・チャンピオン・カーニバルPART機■慣19日は郡山市総合体育館(テレビ収録、観衆3,500人発表)大会。メインイベントはPWF世界タッグ王座決定リーグ戦1回戦、馬場、ドリー・ファンク・ジュニア組とスタン・ハンセン、ブルーザー・ブロデ

続きを読む

84年グランド・チャンピオン・カーニバルPART機■慣17日は山形県体育館大会(観衆3,000人発表)。PWF世界タッグ王座決定リーグ戦1回戦は馬場、ドリー・ファンク・ジュニア組vsグレッグ・ガニア&ジム・ブランゼルのザ・ハイフライヤーズの一戦。この

続きを読む

84年グランド・チャンピオン・カーニバルPART機■慣16日は今シリーズ初開催となる後楽園ホール大会(テレビ収録、観衆3,000人超満員発表)。私はこの興行は観に行きました。メインイベントはPWF世界タッグ王座決定リーグ戦1回戦、スタン・ハンセン、

続きを読む

84年グランド・チャンピオン・カーニバルPART機■慣14日、愛知県体育館(観衆6,300人発表)では鶴田のインターナショナル・ヘビー級王座にブルーザー・ブロディが挑戦。ブロディは82年4月21日、大阪府立体育会館でドリー・ファンク・ジュニアを破って2

続きを読む

天龍vs阿修羅・原のUNヘビー級選手権試合が行なわれた84年4月11日には大宮スケートセンターにおいて第3団体UWFが旗揚げ興行を行っています。(観衆3,100人超満員発表)メインイベントでは前田日明がダッチ・マンテルを9分58秒、ジャーマン・スープレッ

続きを読む

84年グランド・チャンピオン・カーニバルPART機■慣遑尭は北九州市西日本総合展示場(観衆3,200人発表)大会。メインイベントは鶴田、天龍組とスタン・ハンセン、ロン・バス組が激突した3月23日、木更津市倉形スポーツ会館での開幕戦の再戦。2日前の4

続きを読む

84年グランド・チャンピオン・カーニバルPART機■慣遑監は岡山武道館(観衆3,200人発表)大会。メインイベントは馬場、鶴田の保持するインターナショナル・タッグ選手権にスタン・ハンセン、ロン・バス組のザ・ロングライダーズが挑戦。ハンセン、バス組

続きを読む

全日本プロレス84年グランド・チャンピオン・カーニバルPART機■碍30日、古河市立体育館(テレビ収録、観衆2,800人発表)大会。メインイベントは鶴田、天龍組vsテッド・デビアス、ボブ・ブラウン組。ロートルのブラウンが鶴龍コンビに狙い撃ちされ、8分5

続きを読む

84年3月24日、全日本プロレスグランド・チャンピオン・カーニバル第2戦、蔵前国技館(テレビ生中継、観衆12,500人超満員発表)大会で行なわれた団体旗揚げ以来初の4大タイトルマッチ。前回も書きましたが午後7時30分からの特番「土曜トップスペシャル」での

続きを読む

全日本プロレス84年春の祭典グランド・チャンピオン・カーニバルPART気蓮■碍23日、木更津市倉形スポーツ会館(テレビ収録、観衆3,200人発表)で開幕。 木更津市倉形スポーツ会館と言えば、82年1月15日、新日本プロレスより移籍して来たスタン・ハンセ

続きを読む