mixiユーザー(id:21258650)

2020年06月25日02:46

104 view

ジャンボ鶴田怪物伝説(648)

85年「ワールド・チャンピオン・カーニバル」第9戦、10月14日、熊本市体育館(観衆3,400人発表)大会。

メインイベントは鶴田&ドリー・ファンク・ジュニア&天龍組の日米師弟トリオが長州力&キラー・カーン&谷津嘉章組のジャパン最強トリオと対戦。長州がドリーをサソリ固めに捉えたところを鶴田、天龍が救出に入り、2人がかりで長州を攻撃。これを見たKカーンと谷津も入って来て乱闘となり、試合はそのまま場外戦ヘ。19分33秒、ドリーと長州が両者リングアウトのドローとなりました。

セミファイナルに予定されていたアジア・タッグ選手権試合、アニマル浜口&寺西勇組と石川敬士&渕正信組の一戦は、10月7日の江南市民体育会館で浜口が鶴田のブレーンバスターを食らい失神、脳震盪と共に頚椎損傷を起こし翌日から欠場。この日の出場も間に合わず。

王者チーム側であるジャパンプロレスでは寺西のパートナーとして保永昇男を指名、タイトルを所管するPWF本部では寺西&保永組を王座決定戦を行うことなく新王者チームとして認め、新王者チーム寺西&保永組に石川&渕組が挑戦することになりました。保永は棚ぼたとは言えベルト初戴冠。

このあたりはブルーザー・ブロディの新日本プロレス移籍に伴い、空位となっていたPWF世界タッグ王座を、パートナーだったスタン・ハンセンがテッド・デビアスを指名して新王者チームになったのと同じパターンでした。

アメリカに帰国した佐藤昭雄に代わり、2月3日、北海道立北見体育センター以来の同タイトル戦出撃となった渕は張り切りましたが、気負いが裏目に出たか、寺西に放ったドロップキックをはたき落とされて自爆。すかさず寺西が逆さ押さえ込みに渕を丸め込んで、14分25秒、カウント3。新王者チームの寺西&保永組が初防衛に成功しています。

セミ前に組まれたのは全日本対国際血盟軍、馬場&タイガーマスク&マイティ井上組とラッシャー木村&鶴見五郎&剛竜馬組の対戦。15分18秒にタイガーマスクが剛をバックドロップからの体固めで降し全日本チームの勝利。

ザ・グレート・カブキはジャパンの仲野信市とシングルマッチで対戦、4分51秒、セカンドロープをつたい歩きしての正拳突きから体固めで仲野を問題とせずに一蹴しました。

ミル・マスカラス&チャボ・ゲレロの夢のチームが実現、マスカラス&チャボ組は10月12日、大分県立荷揚町体育館(観衆2,400人発表)で初タッグを結成、タイガーマスク&川田利明組と対戦し11分30秒、チャボが川田をジャーマン・スープレックスホールドで破っています。

マスカラスとチャボは81年8〜9月の「スーパー・アイドル・シリーズ」、82年7月の「サマー・アクション・シリーズ」で一緒に来日していますが、マスカラスがドスカラスとのマスカラス・ブラザーズとして来ており、敵対関係にあったことからタッグを組むことはありませんでした。

81年8月28日、長岡市厚生会館(現アオーレ長岡)での第2回PWF杯争奪タッグ・トーナメント決勝ではマスカラス・ブラザーズがリッキー・スティムボート&チャボ組を破って優勝。9月4日、大阪府立体育会館ではチャボがマスカラスのIWA世界ヘビー級王座に挑戦し2−1でマスカラスが勝ち王座防衛に成功しています。

マスカラス&チャボ組はこの日ジャパンの小林邦昭&栗栖正伸組との対戦、10分1秒、チャボが栗栖をジャーマン・スープレックスホールドでフォールし2連勝。

テリー・ゴディ&ビル・ロビンソン組はグレート小鹿&ロッキー羽田組と対戦、6分40秒、ゴディが羽田をパワーボムからの体固めで破っていますが、ゴディ&ロビンソン組をアンダーカードで使うのは勿体ないです。

国際血盟軍入りした阿修羅・原はこの日はジャパンの永源遙とシングルマッチで対戦し2分20秒にヒットマン・ラリアットからの体固めで秒殺勝利復活。

大熊元司とアート・クルーズのシングルマッチは6分52秒、ジャンピング・ヘッドバットからの体固めで大熊の勝利。若い外国人にベテランの壁の厚さを見せつけています。

全日本対国際血盟軍、百田義浩&百田光雄組とアポロ菅原&高杉正彦組の対戦は12分11秒、高杉が光雄に回転エビ固めでフォール勝ち。第1試合の全日本対ジャパン、川田と笹崎伸司のシングルマッチは8分15秒、川田が笹崎をドリルアホール・パイルドライバーからの体固めで撃破しました。
6 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する