mixiユーザー(id:21258650)

2020年06月04日21:14

115 view

ジャンボ鶴田怪物伝説(628)

85年「決戦!ダイナマイト・ウォーズ」第3戦、8月26日、京都・伏見醍醐グランドーム(観衆3,400人超満員発表)大会。

メインイベントでは8月31日、両国国技館で対戦するドリー・ファンク・ジュニア&テリー・ファンク組のザ・ファンクスとジャパンプロレスの長州力&谷津嘉章組が6人タッグマッチで前哨戦を行い、ファンクスと長州が本番を前に初対戦。

ドリー&テリー&天龍組vs長州&谷津&寺西勇組が組まれ、14分47秒、天龍が寺西を首固めに決めてフォール。前哨戦はファンクス側が制しました。

右肘の手術で欠場していた鶴田がこの日、8月2日、ジャパンプロレスの札幌中島体育センター大会以来24日ぶりに戦列復帰。セミファイナルで石川敬士と組んでPWF世界タッグ王者チームのスタン・ハンセン&テッド・デビアス組と対戦。9分9秒、ハンセンが石川をウエスタン・ラリアットからの体固めに破り、ハンセン&デビアス組の勝利。

復帰戦の相手としてはいささか荷が重すぎた気がします。

セミ前に組まれたのは全日本対国際血盟軍、馬場&大熊元司組の「全日本旗揚げコンビ」とラッシャー木村&鶴見五郎組の一戦。10分9秒、チェーンを持ち出した国際血盟軍の反則負けとなっています。

ちなみに全日本プロレス旗揚げから13年、旗揚げ戦に出たメンバーでこの日も試合に出ているのは馬場、大熊、百田光雄の3人と、国際プロレスからレンタル参戦していた鶴見、リングアナウンサーだった百田義浩だけです。

アニマル浜口&栗栖正伸組とタイガー・ジェット・シン&キラー・ブルックス組は4分39秒、シンがコブラクローで栗栖からフォール勝ち。シンと栗栖はリングを降りれば親友同士とのことで、そういった観点から見ると興味深い組み合わせと言えます。

キラー・カーンとミグエル・ペレス・ジュニアのシングルマッチは5分24秒、ダイビング・ダブルニードロップからの体固めでKカーンが圧勝。「孤高のヒットマン」阿修羅・原はハル薗田と対戦、6分13秒、ヒットマン・ラリアットからの体固めで勝ちましたが、薗田に粘られ秒殺は成らず。

全日本対ジャパン、マイティ井上&ターザン後藤組と小林邦昭&保永昇男組は12分4秒、小林がT後藤をフィッシャーマン・スープレックスホールド(網打ち式原爆固め)でフォールしジャパン軍団に凱歌が上がっています。

グレート小鹿&ロッキー羽田組vsマーティ・ジャネッティ&ティム・ホーナー組は8分41秒、ジャネッティが羽田を逆さ押さえ込みで降しジャネッティ&ホーナー組の勝利。

全日本対ジャパン、百田義浩&百田光雄組の百田兄弟と新倉史裕&仲野信市組は11分32秒、仲野が光雄を首固めに決めてジャパン軍団の勝ち。第1試合のジャパン対国際血盟軍、笹崎伸司と高杉正彦のシングルマッチは7分13秒、逆エビ固めで高杉がギブアップ勝ちを収めました。

なお、渕正伸は開幕戦の試合で右足首脛骨踝(くるぶし)部骨折の重傷を負い、8月25日の千葉・稲毛マリンピア・スポーツアリーナ大会から欠場しています。
4 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月05日 21:14
    シンと栗栖後に、新日本で共闘するから、興味深いカードですねわーい(嬉しい顔)それにしても、保永は、引退早すぎましたよね泣き顔2000年以降、渕との再会観たかったです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2020年06月05日 23:27
    > mixiユーザー メキシコにシンと栗栖が一緒に行っていた時にシンが栗栖の赤ちゃんだった子供を飛行機の中でずっとあやしていた、という話を栗栖の奥さんがしていました。

    昔のワールドプロレスリングの試合を見るとシンが暴れながら入場してくる時、シンをなだめながら観客を守ってたのが栗栖ですね。

    保永は42歳で98年4月30日、後楽園ホールで引退してますが、どう考えても後10年はやれたと思います。新日本の会社側から引退させられたんじゃないですかね。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する