ホーム > mixiユーザー(id:21258650) > mixiユーザーの日記一覧 > 猪木とビンス(549)最終章

mixiユーザー(id:21258650)

2019年10月07日22:41

75 view

猪木とビンス(549)最終章

78年国際プロレス「日本リーグ争覇戦」第12戦は11月18日、和歌山県立体育館(観衆2,000人発表)大会。

リーグ戦も終盤戦に突入し、Aブロックではミスター・ヒトがプロフェッサー・タナカを体固めで破る番狂わせがおき、ヒトは13点、タナカは17点。

マイティ井上とロッキー羽田は羽田が全日本プロレスでは見せない驚異の粘り腰を見せて30分時間切れ引き分け。羽田はこれでグレート草津、ヒト、M井上と3試合連続時間切れの奮闘ぶりで7点。M井上は10点と足踏み状態。

Bブロック公式戦では初対決となるアニマル浜口vsキム・ドクが30分時間切れ引き分け。ドクは6点、浜口は7点。  

この日はメインイベントでラッシャー木村&草津&寺西勇組vs鶴田&ミスター・サクラダ&大熊元司組の対抗戦6人タッグマッチが組まれ、寺西と大熊が1本ずつ取り合った後、両チームリングアウトの引き分けとなりました。

第13戦は11月19日、和歌山・湯浅町シーサイドホール(観衆3,800人満員発表)大会。Aブロック公式戦は草津とサクラダが30分時間切れ引き分け。草津は10点、サクラダは11点。羽田は梁承揮に勝ち11点。梁は全敗の0点でリーグ戦全日程終了。

Bブロック公式戦は石川孝志vsディーン・ホーが両者リングアウト。石川にとっては手痛い1点ずつの加算で石川13点、ホーは18点で決勝トーナメント進出が見えて来ました。途中参戦のドクは公式戦が続き、鶴見五郎を体固めで破り10点、鶴見は0点。

第14戦、11月21日、岡山武道館(観衆3,300人満員発表)大会。Aブロック公式戦はM井上がアジア・タッグ王座を巡る因縁の相手、大熊元司を9分47秒、逆さ押さえ込みでフォールし14点。これで決勝トーナメント進出に大きく前進しました。

サクラダvsヒトは30分時間切れ引き分けとなりサクラダ13点、ヒトは15点でリーグ戦終了、決勝トーナメント進出は微妙なラインで他選手の公式戦試合結果待ち。

Bブロック公式戦はR木村が最終公式戦となり、鶴見を破って21点で決勝トーナメント進出が確定。鶴見は0点。ドクは石川と30分時間切れ引き分けに終わり12点、石川は15点でリーグ戦全日程終了して他選手の公式戦試合結果待ちとなりました。

この日のメインイベントでは草津&浜口&寺西組vs鶴田&小鹿&羽田組という国際vs全日本の対抗戦が組まれ、1本目は鶴田が寺西を体固めでフォールし先制。2本目は両チームリングアウトとなり、2−1で全日本軍が勝利を収めました。
5 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する